FC2ブログ

【日本文化と外国人★よくある勘違い】すみません(2)

 

さて、前回に引き続きまして、「すみません」ネタです。すみませんww

 

 

 

では早速、日本語の「すみません」が、謝罪の言葉としても感謝の言葉としても使える理由をご説明しましょう。

 

感の良い方は、もうお気づきかと思いますが、「謝罪」と「感謝」に共通して使われている「謝」という漢字。この漢字の成り立ちに理由があるのです。

 

 

 

「謝」という漢字は「言」と「射」で成り立っています。

 

「言偏・ごんべん」は、ご存知のとおり言語に関する漢字に付く偏ですね。

 

「射」は、弓を射るの「射る」です。

 

 

 

なぜ、「言偏」に「射」で「あやまる」となるのでしょう。

 

 

 

まず、弓を射る場面をご想像ください。

 

弓に矢をつがえて構えたとき、弓の「弦」は最大限に緊張します。

 

そして、弓を放ったとき、すなわち「射った」とき、弦の緊張はほぐれます。

 

つまり、「射」の字は「緊張をほぐす」ことを表します。

 

 

そして「射」という字に「言偏」を付け、言葉で緊張をほぐすことを表したのが「謝」という文字です。

 

 

 

では、言葉でどのような「緊張」をほぐすのかと言いいますと・・・

 

 

   相手の怒り、

 

   自分の感激、

 

   凍りついた場の空気、

 

   などなど。

 

 

 

そのような訳で、漢字圏では「謝罪」も「感謝」も「言葉で緊張を解きほぐす」ことにかわりないので、同じ言葉を使っても、特に違和感も抵抗も感じないのですね。

 

 

日本人は「すみません」という言葉で、相手の怒りを鎮めたり、自分の感謝感激をほぐしたり、場の空気を和らげたりしているわけです。

 

 

 

 

次回も、たぶん「すみません」ネタです。すみませんwww

 

 

【日本文化と外国人★よくある勘違い】すみません(1)

なぜ日本人はとりあえず謝るのか -世間という共同体の特殊性-

 

町中ではサラリーマンの方々が携帯電話片手にペコペコしています。話している相手は目の前にいないのに関わらず、なぜかお辞儀。それに加え、息をするかの如く口から出てくる「すみません」のという言葉。なぜ日本人はこうも謝るのでしょうか。今回は日本特有の「世間」という考え方から、なぜ日本人はとりあえず謝るのかを解説していきます。

 

誠意がないと「世間」が許してくれないから
本書によると日本人の場合「何かあればすぐに謝らないと、相手や世間が誠意がないと許してくれない」とのこと。それに対して欧米では、謝ったら責任を認めたことになるので謝らないとのことです。確かに、欧米には沢山いる弁護士の主な仕事は言い訳をすること。依頼された人の主張を如何に自然に正当化することで飯を食っているので、納得できる部分もあります。

 

世間とは?
そもそも「世間」とは本書によると、日本に存在しない「個人」や「社会」というものの代わりに存在しているものとのこと。世間はちょっと顔見知りだったり、話したことがある人も含み、非常に曖昧なもので、日本人はその世間から離れて生きていくことはできないと固く信じています。そして、世間の「内」と「外」は明確に区別されています。
 その世間の「内」にいるために、取り敢えず謝るのです。例えば企業が不祥事を起こし「世間に迷惑をかけて申し訳ない」と言ったとしましょう。その際、それを見た世間内の人間は2つの選択肢、「ゆるし」と「はずし」を持ちます。謝らないことは自動的に世間(=国民やユーザー)から「はずし」を受けるため、取り敢えず謝るのです。

また、不祥事を起こし内心では「悪くない」「間違っていない」と思っていても、表面上で「真摯な対応」をしているならば許されるとのこと。それでは、悪は減りませんよね。この「問題を取り敢えず治める」感について今一度考える必要がありそうです。

http://b-chive.com/why-do-japanese-apologize-at-once-seken-is-a-specific-community/

 

 

 

以前から、扱いたいと思っていた事柄に「外国人による日本文化に対する勘違い」ってのがありまして。

 

今回、適当なネタを拾いましたので、茶道モノと同じようにシリーズ化してみようかと。

 

 

で、今回は、みなさんもよくご存知の「『日本人はなぜすぐに謝るのか』と外国人が勘違いしている」という、日本人による勘違いという、勘違いの二重構造についてお話してみようと思います。

 

 

まず、上の記事のいくつかの間違いを整理しておきましょう。

 

>欧米では、謝ったら責任を認めたことになるので謝らないとのことです。

 

こりゃあ、ウソです。

 

欧米では、大きな責任問題につながりそうな事態では謝りませんが、日常生活においては日本人の「すみません」と同じノリで、もしかすると日本人以上に頻繁に「sorry」を連発しています。

 

人前を横切っては、sorry!

道端で人とすれ違っては、sorry!

人にぶつかれば、もちろんsorry!

 

責任や賠償のいらないsorryなら、挨拶がわりにいくらでも連発!最近の日本人の方が余程「すみません」と言わないかもしれません。

 

 

 

>携帯電話片手にペコペコしています。話している相手は目の前にいないのに関わらず、なぜかお辞儀。

 

そもそも、お辞儀は謝る姿というわけではありません。

日本人の生活は、礼に始まり礼に終わるのが本当の姿です。

 

おはようの挨拶をしては、お辞儀。

ありがとうと礼を述べては、お辞儀。

いただきますと食事の前にも、お辞儀。

さようならと別れを告げては、お辞儀。

 

別に、目の前に人がいないからお辞儀してはいけないという決まりはありません。

 

茶道では、にじり口から茶室に入って誰もいない空間に自動的にお辞儀をし、床の間に進んで掛物や茶花を前にしてお辞儀、茶釜を前にしてお辞儀、そして亭主が現れたら当然お辞儀、相客にもお辞儀、道具を拝見してはお辞儀。

 

携帯電話相手にお辞儀しても、なんの不思議もありません。

 

不思議と思う人は、日本人古来の礼儀作法を知らん無作法者か、外国人なのでしょう。

 

 

 

では、「『日本人はなぜすぐに謝るのか』と外国人が勘違いしている」という、日本人による勘違いについて明らかにしましょう。

 

まず、外国人は日本人がすぐに謝ることを疑問に思っているわけではありません。

 

彼らにとって「Thank you」というべき場面で、日本人が「すみません」という言葉を使うのが理解できないと言っているのであります。

 

この点を明確にできていないのが、まず「日本人による勘違い」の第一構造です。

 

 

では、第二構造の「外国人による勘違い」である「日本人は、なぜありがとうという場面で謝るのか」について説明しましょう。

 

これは、一番最初に「すみません」という日本語を、Apology(謝罪)の表現だとしか伝えなかった言語学者だか、辞書の編纂者だか、翻訳家だかわかりませんが、ソイツの責任です(笑)

 

 

ソイツが最初に、「すみません」は I'm sorryThank you Excuse me のいずれの場面でも使える便利な言葉とでも紹介しておけば、こんな勘違いも起きなかったわけです。

 

さらに、事態をややこしくしているのが、外国人に「日本人は、なぜすぐ『すみません』と言うのか」と言われて、まともに返答もできず、ビビってしまう日本人です。

 

 

なぜ、一番最初に外国人からそのような質問を受けた日本人は、「中国人なんか『謝謝』とか言って、ダブルで謝ってますよ」と切り返してやらなかったのかと・・・

 

 

 

 

 

次回は、日本語の「すみません」が、謝罪の言葉としても感謝の言葉としても使える理由についてご説明します。

 

 

 

 

日本の伝統と先端技術

 

 ↓ これを考えついた技術者は、間違いなく香道をやっている・・・・

 

 

 

日立・石英ガラスの内部にCD並み容量のデジタルデータを
 記録・再生する技術を開発
 数億年のデータ保存に耐えるデジタルアーカイブを実現

 

  株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)は、京都大学工学部 三浦清貴研究室と共同で、デジタルデータの半永久的保存を目指して、耐熱性・耐水性に優れている石英ガラス内部に、コンパクトディスク(以下、CD)並みの容量のデータを記録・再生する技術を開発しました。データの記録にはレーザーを使用し、再生には光学顕微鏡を用います。この技術は、レーザーの焦点位置を変えることによって石英ガラス内部に多層の記録層を作製することから、高い記録密度が得られます。今回は4層の記録層を作製することでCD並みのデータ記録密度を実現しました。また、1000℃で2時間加熱する高温劣化加速試験を行った結果、劣化無くデータを再生できることを確認しました。これは、数億年以上にわたるデータの長期保存が可能であることを示しています。本技術は、歴史上重要な文化遺産や公文書、個人が後世に残したいデータなどの新たな長期保存技術として期待されます。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/09/0924.html

 

 

 

 

小さな炭を埋め込んだ灰の上に、石英の板を置き、その上に香を載せて香を聞く。

 

写真:下記ブログ様より

http://dogden.blog28.fc2.com/blog-entry-441.html

 

 

 

 

日本の伝統には、先端技術へのヒントが多く隠されていたりする。

 

こんな発見があると、あ~本当に日本人でよかった~と思える。

 

 

 

 

日本式の風呂は、世界一の贅沢です

:蚯蚓φ ★:2012/04/09(月) 23:33:35.32 ID:???
 日本の人々は我が国の人々と違い、家で入浴をする時、浴槽に水をためて次に家族が順番に浴槽に入る。一度ためた水を家族全員が代わる代わる使うということだ。不潔に見えるがそうではない。垢がちょっと浮いた水の方が風呂の湯としてはるかに良い。

水道水をすぐ使えば塩素をはじめとする化学物質がそのまま水に溶けていて皮膚に刺激を与え細胞に良くない影響を及ぼす。特に塩素は細胞を破壊する力が強い。水一カップに指を漬ければ細胞15万~16万個が破壊される。同時に毎秒160万個の細胞が生じるから問題はないが、細胞生産力が落ちる老人や患者は正常な人より損傷が大きいこともある。

塩素がある程度蒸発した後の水が風呂の湯としてより良い。また、人が何度も使った水に混ざっている微細な垢や油などは水道水の毒性を減らす作用がある。新しい風呂の湯の場合には塩素、重金属などを吸着する緑茶カス、レモン、よもぎ、菖蒲、ハッカ、カリンなどを入れると良い。

 

パク・ノフン記者
参考書籍=今より10年さらに若くなること

ソース:ヘルス朝鮮(韓国語) '汚い'日本?‥長寿健康維持、星の特別な理由
http://health.chosun.com/site/data/html_dir/2012/04/05/2012040502284.html

 

 

 

 

日本の風呂に関するこの手の勘違いは、20年前なら欧米人にもよくありましたが、いまどき日本式の風呂の入り方を理解していない田舎者も滅多にいないでしょう。何しろ、日本への旅行の目的の大半が温泉旅館って時代ですから。

 

 

 

豪州じゃ、日本式の風呂を設計・施工する商売まで成り立つぐらいです。

 

 

 

アメリカあたりでも、セレブの豪邸にはTOTOのウォッシュレットと日本式風呂ってのが人気のだそうで。まあ、豪邸にはバスルームが複数あるのが普通ですから、一個ぐらい洋バスと違うスタイルがあってもいいと考えるのも分ります。

 

 

しかし、朝鮮半島でも、日帝時代は日本式の風呂を家に持つってのがステータスだったはずなんですが。

こいつらは、日帝残滓とか言って日本式の風呂を全部破壊しちゃったんでしょうね。朝鮮戦争で、焼け野原になっちゃいましたから無理もないですが。たしか、銭湯は今でもあるはずです。

 

呉善花さんは、御母堂が日本に住んでいた時の事を「お風呂が気持ちよくて、みかんが甘い」と懐かしんでいたと自著に書いていましたね。

 

台湾では、日本式の風呂を今でも使っている家庭もあるようだし、誰でもそのコンセプトを理解しています。まあ、温泉旅館もあるくらいですから。

 

 

そういえば、大陸のチャンコロも、最近ネットでこの記事と同じようなバカ論議をしていました。

 

 

なぜ、このような論議が「遅れた国」の連中の間で起こるのかというと、最近、小金持ちが増えてようやく自宅で風呂を持つようになったからなんですね。

 

こういう「遅れた国」では、独自の様式の風呂ってのがないんですね。つまり、伝統的に風呂に入る習慣がなかったわけで。

 

そう言う国で、自宅に風呂を持つとなると一般的に通している洋式バスが導入されるわけなんですが、なにしろ、自国に独自の様式の風呂ってものがないわけですから、世界中どこへ行っても風呂は洋式だと思い込んでるんですね。簡単に言っちゃえば、風呂に入るのは西洋の文化だと勘違いしている。

 

伝統的に風呂に入る習慣のなかった連中が、日本式の風呂を不潔とか寝ぼけんじゃねーよ、江戸っ子は一日4,5回も風呂にへえってたんでぇと思うでしょうが、やつらにとっては異次元世界ですから理解しろと言っても難しいでしょう。ヘレン・ケラーに、水とは何かを理解させるようなものです。

 

 

湯で暖まってリラックスするための浴槽と、洗い場が分れている日本式風呂が発達したのは、どこを掘っても温泉が湧き出す土地柄ということが一番大きいでしょう。

 

万葉の昔から、日本人は温泉を楽しんできました。

大地から湧き出る温泉は、井戸と同じく公共の資産として大切にされてきました。

 

当然、そのお湯を汚すようなマネをするバカは村から追い出された事でしょう。

 

その公共の温泉を人工的に再現したのが、江戸時代の「湯屋」です。

 

江戸時代の湯屋は、二階に談話室があり、囲碁や将棋を楽しんだり、絵草子を読んでゴロゴロしたり、常連客とおしゃべりしたりと、完全なる娯楽場になっていました。

江戸っ子は、やたらと身だしなみに気を使う男が多くて、一日に何度も湯に入っていたため、皮膚が極端に薄くなって異様にテカっていたそうです。糊のきいた木綿の浴衣などは痛くて着られなかったという話もあります。

湯屋では、そういう客のために一月の間何度でも入れる定期券のような札を販売していたそうです。

 

江戸時代に湯屋が行った理由は、江戸の町は火事が多くて、誰もが火元になるのを嫌って自宅に風呂をもたなかったという事もあるようです。

 

 

日本人は、ホテルなどの洋式バスでも、大量に湯をためて肩までどっぷり浸かる人が多いようですが、これは正しい洋式バスの入り方ではありませんww

 

洋式バスは、風呂と言うよりも「洗い桶」という発想です。

欧米では、洗剤を入れた水をためた洗い桶で皿を洗って、すすぎもせずにタオルで泡をふき取って皿洗い完了です。

 

風呂もこれと同じ考え方で、浴槽にまずバスフォームを入れ、その上から三分の一程度の湯をためて浴槽を泡だらけにし、その中で体をゴシゴシ洗い、すすぎもせずに「バスタオル」で体の泡をふき取るのが、本来の正しいTAKING BATHの作法です。

最近では、日本式の風呂で泡をすすぎ落とす気持ちよさを覚えたためか、バスのあとにシャワーを浴びる欧米人も出てきていますが、給湯事情の悪い欧米ではバスとシャワーの併用はマナー違反とする家庭が一般的です。

 

日本人のホームステイ客は、行儀がいいので大歓迎されていますが、実は風呂の入り方だけは許せんと思われているようです。

余程、金持ちの家にステイした場合以外は、日本式の風呂の入り方は遠慮しましょう。

 

 

 

このように、大量に水を使う日本式の風呂は、清潔な水が大量に供給される日本でしか味わえない贅沢なのです。

 

 

 

 

宮内庁に焦りじゃなくてマスゴミに焦りだろ、ボケ

皇室の存続というと、必ず出てくるのが「女性天皇」「女系天皇」論だったが、とうとう「女性宮家」かよ。

 

なんで、元男子皇族の皇籍復帰をすっとばして、そこにいくわけよ。

 

宮内庁で、女性宮家なんて話が持ち上がってるとは思えん。

 

どーせ、実際に持ち上がったのは男子皇族の皇籍復帰論で、カスゴミが意図的にミスリードしてんだろーが!

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR