FC2ブログ

【寿司】韓国起源を粉砕する!!

『寿司は韓国起源だったのか、、、』韓国風寿司に賛否両論

http://kizitora.info/archives/22029150.html

 

https://www.youtube.com/watch?v=KHC6epzzSco

 

 

 

ここ数日、各所で話題になっているYouTubeの動画です。

 

韓国のねぇちゃんが、韓国式海苔巻きを作っています。

 

まあ、そりゃいいんですが、コメント欄を見ると例のごとく「寿司は韓国起源」と主張するバ韓国人がワラワラと、湧いて出て・・・

しかも、ワケわからん方向に起源の主張が進化(?)していますね。

 

韓国人は、日本人よりも700年早く海苔を食べていたとか。

 

生魚を食べるのは、日本文化じゃないとか。

 

 

バカも休み休み言え。

 

 

というわけで、海苔について。

 

 

海苔巻きの海苔は、ご存知、板海苔と申しまして、そのサイズは全形21cm×19cmと決まっています。

 

この規格は、昭和41年にそれまで様々あったサイズを業界が統一して決められました。

 

 

このサイズは、浅草紙の大きさ。お若い方はご存知ないかもしれませんが、日本伝統のティッシュペーパー、ちり紙というヤツですね。

 

紙漉きの技術を応用して作られる板海苔は、東京の大森が発祥と言われています。

 

当初は、いろいろな紙漉きの型を利用して作っていたため、様々な大きさのものがあったそうですが、現在の規格に採用されたのが浅草紙の大きさの紙漉き型。まあ、いろいろ試して、一番使いやすい大きさだったんでしょう。

 

 

で、バ韓国で売られている板海苔の大きさも、なぜかこの規格。

 

日本より700年も早くから海苔食ってたんじゃないのか?

 

バカなので、日本が韓国の規格をマネしたとか言い出しかねないですが、そもそも朝鮮半島には便所もなければ「ちり紙」なんてありませんでしたから。

 

したらしっぱなし。洟が垂れたら、手洟をかんでそのまんま。

 

 

いや、汚いですねぇ。それで、魚の生食文化とか寿司文化とか主張されても、吐き気を催すだけなんですが。

 

 

韓国海苔巻きの動画を見て、なんで沢庵なんだよ、しかもカニカマだし、いやそれ以前に日本式炊飯器と杓文字ってなんだよ?ってか、朝鮮に巻き簀なんかねーだろ、とまあツッコミどころを色々とご紹介申し上げようと思っていたんですが、便所の話でバ韓国人の主張を効果的に叩き潰し、かつ、それに惑わされ勝ちなアホ外人を納得させる論法を思いついてしまったので、手っ取り早くそっちを紹介しますわ。

 

 

 

 

皆さんにお聞きします。

 

韓国人は、寿司や刺身は韓国起源だと主張しますが、

 

I would like to ask you. 

Koreans insist that Sushi and Sashimi are Korean original, however...

 

 

 

 

あなたは、こんな人々が作った寿司や刺身を食べられますか?

Would you like to eat Sushi and Sashimi prepared by people like this?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな環境で作られた寿司や刺身を食べられますか?

Can you eat Sushi and Sashimi prepared in an environment like this?

(Korea early 20th century)

 

 

この写真を見て、生魚に食欲が湧きますか?

Would you wish to eat raw fish after looking this picture?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな所で採れた魚を、生で食べられますか?

Can you imagine yourself eating raw fish caught in the place like this?

(Korea early 20th century)

 

 

 

 

 

絶対に無理!!

IMPOSSIBLE!!!

 

 

 

 

こういう人が作ってくれた寿司や刺身なら食べたい。

I wish to eat Sushi and Sashimi prepared by woman like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

こういうところで。

in a beautiful place like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

 

 

<バ韓国人の起源主張にお困りの方へ>

この記事は、コピペ・拡散大推奨です。

そのまんま使っていただいても、応用して動画などを作成いただくのもご自由にどうぞ。

 

 

 

スポンサーサイト

【日本文化】外国人にありがちな勘違い

台湾ブログ】台湾人が語る「日本人は矛盾している!」

 台湾人ブロガーのfreespiritさんがこのほど、自身のブログに「日本人の矛盾」に関する文章を綴り、台湾人の視点で日本人について分析した。

 freespiritさんが指摘した1つ目の矛盾は、日本人は自動車から風邪薬に至るまで西洋崇拝の傾向がありながらも、ナショナリズムの傾向も持ち合わせていること。2つ目は、仕事中は几帳面で神経質なのに、仕事が終わって夜になると居酒屋やカラオケで開放的になること。まるで裏表がある人間に見えるらしいが、仕事をすべき時は仕事に集中し、仕事が終わってからはリラックスすることが台湾人にとっては不思議なことなのだろうか。

 3つ目は、日本社会は男尊女卑なのに、結婚したとたんに妻のほうが強くなること。確かに日本の社会は女性の進出が遅れており、女性の立場も弱いと言われるが、家庭では女性が主導権を握ることが多いのは確かだ。社会と家庭を分けて考えるのは日本特有のものなのかも知れない。

 さらに4つ目は、同じく日本人の家庭における矛盾だ。妻が財布を管理し、夫の無駄遣いを厳しく制限しながらも、妻は自分が友人と食事することは「必要経費」と考えること。もちろん、すべての日本人の家庭が筆者の言うとおりではないが、こういった日本人像は何を通じて覚えたのだろうか。

 5つ目の矛盾は、日本人が制度や規則を重んじる一方で、ウォークマンや小型家電など独創性にあふれた製品を作り出せること。筆者は「豊富で驚くべき創意だ」と称賛している。

 次は女性の地位向上を訴えながらも、コンビニなどで簡単に成人雑誌が手に入ることも筆者には日本人の矛盾と見えるらしい。確かにコンビニで成人雑誌が撤去される場合も、その理由は青少年に対して有害だからであり、女性蔑視(べっし)だからではない。 

 日本人からすれば当たり前すぎて特に不思議に思わないことも、外国人から見ると不思議に思えることも多々あるようだ。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1226&f=national_1226_017.shtml

 

 

 

ああ、台湾人と謂えども、日本を正確に理解することは難しいかもしれませんねぇ。

ちょっとレクチャーして差し上げましょう。

 

 

>日本人は自動車から風邪薬に至るまで西洋崇拝の傾向がありながらも、

 

これは、途上国の方々によくある勘違いなんですね。

 

確かに現代に溢れるモノの多くは、西洋文明から発していることは確かなんですが、明治維新以降かれこれ150年以上も現代文明の発展に力を注いできた日本人には、すでに西洋文明でもなんでもないんですよ。

 

途上国の場合、ほんの数十年前に西洋人からもたらされたモノですから、西洋崇拝に見えるんです。

まあ、台湾が途上国というのは異論があるかも知れませんが、19世紀以前に現代科学の発展に寄与できなかった国という点では先進国以外みんな同じなんですね。

 

 

>ナショナリズムの傾向も持ち合わせていること

 

ナショナリズムのない国があったら見てみたいんですが、ナショナリズムがなくなった国は、どこかの国に吸収されるか滅びるかしかないんですわ。

因みに、戦前の日本は、八紘一宇とか大東亜共栄圏とかナショナリズムとかけ離れたスローガンなんか掲げちゃったから、敗戦で痛い目に遭ったわけなんですが、アジアの植民地なんかどーでもいいわと自国の利益だけを考えて立ち回っていたら、そう悪い結果にはならなかったと思うんですよ。ただ、アジア諸国の独立は500年ぐらい遅れたと思いますけどね。

 

 

>日本社会は男尊女卑なのに、結婚したとたんに妻のほうが強くなること。

 

これは、全然矛盾でもなんでもないですね。

 

日本語には「猫をかぶる」という言葉がありましてね、結婚前の日本人女性は、できるだけいい男をゲットするために、できれば玉の輿に乗るために、控えめなフリをしているだけなんですね。結婚してしまえば、こっちのものですから猫をかぶる必要もないんです。

 

 

>確かに日本の社会は女性の進出が遅れており、女性の立場も弱いと言われるが、

 

これもよく言われることですけどね、日本の女性の社会進出が遅れているのは、社会構造のせいじゃないんです。

日本人女性が、責任ある立場に立ちたがらないだけなんですね。

 

日本人女性は、キレイな職場でキレイなお仕事をするのが大好きなんですよ。

だから、政治家になりたがる女性も少ないんです。日本では、政治の世界はキタナイとか言われていますから。

 

政治家どころか、エンジニア志望の女性もほかの国に比べて極端に少なくて、私も以前、外資系企業で働いていたとき、本社からくる役員どもによく聴かれましたよ。「日本法人では、女性差別をしているのか?!?!」と。

しょうがないから、エンジニア転職フェアを見せてあげましたけどね。女性求職者の異常な少なさに驚いていましたが、まあ、我々の疑いが晴れて、めでたしめでたしでしたね。

 

 

>同じく日本人の家庭における矛盾だ。妻が財布を管理し、夫の無駄遣いを厳しく制限しながらも、妻は自分が友人と食事することは「必要経費」と考えること。

 

この点に気づいて、キチンと文章にするあたりは、他の外国人と違って台湾人の偉いところですね。

ほかの連中、特に欧米人が華麗にスルーするポイントですからね。

 

日本では、江戸の昔から庶民の間では女が強かったんですよ。

 

江戸なんかでは、男女の人口比率の差で結婚できない男性がいっぱい、というか結婚できる男性が四人にひとりぐらいだったものですから、結婚できたというだけで果報者と呼ばれ、女房を「山の神」と呼び崇め奉らなければならなかったんです。どこの世界に、女房を神と同列にする民族がいます?

あと、農村やその他の地域でも、一家に君臨する姑の嫁いびりに男が何も言えなかったことを考えても男尊女卑ではないですね。アレは、姑と嫁の戦いであって、地位の低い男は怖くて立ち入ることができなかったんです。

 

外国人にありがちな事なんですけどね、人口のたった5%しかいなかった武士階級の風習を、日本全体に当てはめて男尊女卑を語ったり、事業所数の99%を占める中小零細企業を無視して、お茶くみコピー取りの人員を確保する余裕のある大企業の状況を日本全体に当てはめて女性の社会進出が・・とか言ってるんですけど、もうちょっとお勉強してくださいね。

 

 

>女性の地位向上を訴えながらも、コンビニなどで簡単に成人雑誌が手に入ることも筆者には日本人の矛盾と見えるらしい

 

女性の地位向上なんて、イマドキ田嶋陽子さんですら訴えていないと思うんですね。

これ以上向上すると、本当に責任ある地位に向上せざるを得ないので誰も望んでいないんですね。

 

あと、成人雑誌を女性蔑視と見るのは、本人の意思に関わらず女性を売り物にせざるを得ない貧しい国でのことですね。

日本では、結婚できない男性のために江戸時代から「二次元嫁」が存在していて、現代に伝わる有名な絵師たちも金を稼ぐために、そういう絵を書いていたのは有名な話ですし、現代に残っているものは一応「芸術」扱いになっているんです。

 

 

今日のお勉強は、このくらいにしておきましょう。

 

 

【JASRAC】恫喝詐欺未遂事件

岩佐堅志
@sokohjo1
さっき日本音楽著作権協会から電話が掛かってきた。JASRACね。9月の西宮公演の著作権使用料を申告しろ、という内容でした。
千年前の音楽には著作権はありませんよ、と教えてあげました。めちゃめちゃ上から目線の担当者は雅楽をがらくと読んでました
勉強しろよ。

http://twitter.com/sokohjo1/status/278806015833694210
 

 

 

NHKが電波利権ヤクザなら、JASRACは音楽利権チンピラ。

 

本来、取れもしない著作権使用料を払えと恫喝。

 

 

日本ナントカ協会ってのは、本当にロクでもないのが多いんだが、頭に「日本」って付けるのやめろよ。

 

 

「雅楽」が読めないとか、日本人じゃないだろ。

 

 

 

朝鮮半島はストローですらなかった

坂本龍一 「日本の文化は中国や朝鮮半島から来ている」
 

1: 猫又(京都府):2012/12/11(火) 01:06:04.13 ID:9f4Oj9kQ0

 

 — 今、坂本さんは『schola』という30巻の「音楽全集」を進めていて、クラシック音楽の中にも、ポップスの中にも、いろんな要素がミックスされてることを再確認しているとこだと思うんですね。

 

坂本 — — 僕は口癖でよく言うんだけど、「世界には純粋培養された文化なんてあり得ない。昔からあり得ない」って。だけどローカルの垣根もある。だから両方を提示したい。日本は島国で、純粋培養だと思われてるところもあるけれど、大きな部分は、中国や朝鮮半島から来ている。北方のアイヌや南の琉球。日本で発明されたものっていうのは少ない。だからいろんなものを編集し、組み合わせることで文化をつくってきたんですよ。僕は純粋化に向かう文化より、混交したミクストされた文化や、ごちゃまぜなものに、魅力を感じるね。

http://isetan-intothefuture.jp/ryuichisakamoto_2/

 

 

 

坂本さん世代に、よくあるご病気ですね。

 

文化人と言われる人ほど、なぜか日本文化を理解しいていないというwww

 

 

例えば、茶道ね。

 

茶や茶道具こそ中国から伝わってきましたけどね、お点前を発明したのは日本人なんですよ。

 

茶が伝わった当初、日本ではあまり普及しなかったんですね。

 

それでも、せっかく良いものだから普及させようと、セレモニー化して有り難さを演出したのです。

普及促進のために、エライ人に献上することが多かったこともあります。

 

必要は発明の母というやつですね。だから茶道は、100%日本文化なんですよ。 

 

 

 

ただ、お茶の世界に限らずですが、 名称に「朝鮮」とつくものが結構ありまして、これが誤解を生むんです。

 

例えば、「朝鮮風炉」なんかは、民団新聞が茶道韓国起源説を記事にした際、起源の根拠としたものです。

 

 

こういうものなんですけどね。上に乗っかってる茶釜は無視してください。

(朝鮮風炉)

 

 

ところが、ものすごいソックリな「琉球風炉」というものもあるんです。

(琉球風炉)

 

 

何が違うかわからないくらいそっくりですよね。

 

並べてみるとわかり易いですが、左側の肩が怒ってるというかエラが張ってるのが朝鮮風炉で、

右側の丸みを帯びているのが琉球風炉です。

 

   

 

要は、朝鮮っぽいとか、琉球っぽいという単なるイメージなんですね。

 

昔の人は、朝鮮人にはイカついイメージ、琉球人には丸みがあって柔らかいイメージを持っていたんですね。

 

 

つまり、朝鮮から伝わてきたワケでも何でもないんです。

 

どちらも中国から伝わった道具を、日本人がデザインし直したのです。

 

 

 

ほかにも、朝鮮飴なんてものもありますね。

 

これは、朝鮮から伝わってきた飴ではなくて、加藤清正軍が朝鮮出兵する際に持って行った非常食です。

 

 

 

よく朝鮮半島は文化が伝わったストローでしかない、なんて言われますけどね、実際にはストローですらなかったりするんです。

 

 

 

 

 

 

会意兼形声文字

 

昨日のエントリで、以下のようなコメントをいただいたのですが、

 

 

Commented bynakawankuma さん

 

謝はシャと読みますが。射のシャという音を借りているだけで、意味なんか持っていません。

 

 

結論から言ってしまうと、この方のご意見は間違いなのですが、ふと、思い出したことがあります。

 

 

 

昔は、「この漢字の旁は、音を借りているだけ」という教え方をする、国語の先生が多くいたように思います。

 

漢字には、会意文字と形声文字がありまして、偏と旁を組み合わせるとき、既存文字の意味を合わせて作られた文字が会意文字、音だけ借りてきて作られた文字が形声文字です。

 

以前は、漢字には会意文字と形声文字しかないような教え方をしていたようですが、最近では、研究が進み「会意兼形声文字」あるいは「会意形声文字」という分類がされるようになりました。

 

もしかしたら、辞書なども古いものには、会意文字と形声文字の分類しかないものがあるのかもしれません。

 

 

 

最近では、「音だけ借りてきた」という形声文字よりも、「できるだけ近い音で、意味の通る文字」を借りてきたと解釈される「会意兼形声文字」が多数を占めるようになりました。

 

 

以前は、日本語しかできない国語研究者というのが多かったので、日本語の世界を中心に研究を進めてきた感があります。

 

しかし、中国語など他言語との比較研究も進むようになると、これまでの説がいろいろ間違いであったことに気づいたというわけです。

 

 

たとえば、「謝」と「射」ですが、日本語では同じ「シャ」という音ですが、中国語では違う発音なのです。

 

  謝 = xie    射 = she

 

広東語でも、 謝 = je 射 = se と違う音です。

 

 

音だけ借りてきたと言うなら、微妙に音の違う「射」ではなく、同じ xie と発音する文字は「写」「些」「血」「解」などいくらでもありますので、そちらを採用したでしょう。要は、できるだけ近い音で、意味の通る漢字を選んだということですね。

 

 

とはいえ、そんな研究は中国でもされていただろうから、日本の研究者が知らなかったのは変だろうと思うかもしれませんが、中国での研究は、例えば魚の絵がどのように「魚」という文字に変化したかという象形文字の領域で、抽象的概念を表す複雑な漢字の成り立ちの研究は、むしろ日本の方が進んでいました。辛亥革命やら文化大革命にお忙しかった、あの国らしいと言えましょう。

 

 

そんなわけで、日本の研究に先を越されていたため、日本の古い学説が割と長いことまかり通ってきてしまったわけです。

 

研究の世界も、日々新しい発見があり、それに伴い過去の学説が変わることもよくあります。とはいえ、昔の研究も現代の研究の基礎となっているわけですから、大いに貢献しているのですね。

 

 

 

研究には終わりがないといいますが、日々の努力を積み重ねる研究者には頭が下がります。

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR