FC2ブログ

なぜ韓国語学習は時間のムダなのか

NHKの″韓流寄り″番組に批判続出

NHKの情報番組「お元気ですか日本列島」内の「ことばおじさんの気になることば」は、毎回、言葉の疑問に迫っていくコーナーだが、24日に放送された「日本に浸透している韓国語」の内容が、ネットユーザーの間で注目を集めている。

放送によると、いま日本の若者の間では、携帯メールでハングルの絵文字を使うのがブームだと伝えている。「ハングルはかわいくてデザインにしやすい」と感じる人が増えているそうだ。また、若者へのインタビューでも「韓国語のほうが素直に言える。日本語だと恥ずかしい」「日本語では謝りにくいが『ミアネヨ、オンマ』(ごめんね、ママ)だと言いやすい」と答えており、実際にハングルを使ったメールも紹介された。

これに対してネットユーザーは「そんな話聞いたことない」「こんなメール来たら縁を切るわ」など、番組が特集した“ブーム”の存在に疑問を呈する声が続出。また、「フジかと思ったらNHKかよ」「受信料払いたくない」「今度はNHKデモか?ww」など、NHKが韓国寄りの番組を放送していたことに批判的なネットユーザーの声も目立った。
http://news.livedoor.com/article/detail/6062449/

 

 

 

犬HKは、バ韓国語を日本に浸透させようと躍起のようですが、バ韓国語は欠陥言語ですので、習得したところで何の役にも立ちません。

どのくらい役に立たないか、分野別に分り易くご説明いたしましょう。

 

 

<文芸翻訳>

 

欠陥言語で表現できる文学は、幼児の絵本レベルですので文芸翻訳の仕事などあろうはずもありません。

あったとしてもバ寒流文学をゴリ押ししたい民団の専業となっておりますので、日本人に仕事は回ってきません。

 

 

<技術翻訳>

 

韓国には、日本企業や日本の技術者が必要とする技術は一つもありません。

よって、翻訳すべき技術文書は皆無です。

 

 

特許翻訳>

 

   同上

 

 

<金融翻訳>

 

建国以来、ずっと金欠病の韓国の金融部門はタッチしないのが身のためです。

 

 

<医療翻訳>

 

まじないとか呪いレベルの民間療法が主流の寒流医療も、さわらぬ神に祟りなしです。

 

 

<ビジネス翻訳>

 

稀に、ビジネス文書の翻訳がありますが、コンビニの深夜バイトより安いのが韓国語翻訳の相場です。

韓国語翻訳のレートの安さを考えると、日経新聞が絶賛する韓国企業の業績絶好調が捏造であることは明白です。

 

 

<企業取引>

 

ビジネスの場において、韓国企業は日本企業より立場が弱く、業者の立場では「買ってください、お願いします」、客の立場でも「売ってください、お願いします」状態ですので、まかり間違っても韓国語で取引することはありません。

稀に、韓国語で取引する日本(に本拠地を置く)企業がありますが、それらは在日企業と心得ましょう。

 

 

<唯一需要のありそうな有望分野>

 

日本における外国人犯罪において、中国人とトップの座を争う韓国人に関しては、警察での取り調べや法廷における通訳の需要が見込まれます。

 

 

 

 

スポンサーサイト



英語耳とは何か

テーマ「英語教育必修化」

 

新学習指導要領の完全実施に伴い、4月から、これまで段階的に導入が進んできた小学5、6年の英語の授業がすべての学校で必修となります。

そこで

(1)小学校からの英語教育に効果はあると思いますか

(2)日本の英語教育に実用性はありますか

(3)英語必修化は国際的な人材の育成に役立つと思いますか

について、あなたの意見を聞かせてください。意見は1月18日午前11時までにお願いします。


http://sankei.jp.msn.com/life/trend/110113/trd1101132027010-n1.htm

 

 

こういうアンケートを見ると、設問のアホくささにヘタれてしまうのは私だけか?

 

まあ、産経じゃしょうがねぇから答えてやる。

 

(1)小学生ってのはだな、1年から6年まであってだな、学年によって肉体的にスゲー差異があるってことを考えて質問してください。

 

(2)実用性がないと考えてるのは、学生時代に努力しなかった人です。

 

(3)国際的な人材の定義が分りません。

 

 

 

というわけで、質問(1)をベースに英語耳について:

 

 

まず、英語と日本語の違いについて考える必要がありますが、英語との違いというと何かと文法が引き合いに出されますが、実は最大の違いは音にあります。音とは、空気を伝わる振動で、それを数値化したものが周波数と言うヤツであります。

 

英語と日本語は、この周波数において数ある言語の中でも最も遠い位置にあり、英語は高周波音を多用し、日本語は低周波音を多用します。

この高周波な英語の音は、主に母音のない"t"や"s"などの音で、コイツらが日本人に英語を聞き取りにくくしている犯人です。

 

よく日本語にない"r", "l", "th"みたいな発音がうんちゃらかんちゃらと言われますが、日本語にない発音であっても母音とセットであれば聞き取ることは難しくありません。子音単体になると聞き取れない場合もあります、というか語尾にくる単体の"l"なんか何の音も発していません。

 

つまり、子音が単語の中でどのように現れるかによって高周波になったり、ならなかったりするわけです。

 

では、この高周波の英語の音をどうやったら聞き取れるようになるのかと言いいますと、まず、以下の質問に答えてください。

 

 

質問: あなたは10歳以下ですか?

 

 

Yesと答えた方 → 可能です。

 

Noと答えた方 → 無理です。

 

 

 

人間の耳の能力は、10歳ぐらいまでに完成すると言われています。それを過ぎると絶対音感は身に付きませんし、英語の高周波音も超音波になってしまい聞き取れなくなります。知らない単語が聞き取れないという現象は、これによって起こります。

 

巷で、よくある英語耳を鍛えるという学習材料は、英語の語順に慣らせて英語を聞き取らせるようにするもので、大人がいくらやっても絶対的な英語耳が養成されるわけではありません。とはいえ、体で文法を覚える方法ですので、文法が苦手という方には良いかも知れません。世の中、理論から入るより体で覚えた方がという方も多くいらっしゃいます。かく言う私も、英語のスペルを頭で覚えられず指で覚えるヘンなヤツです。

 

これらの理論をベースに「小学校からの英語教育に効果はあると思いますか」という質問に答えると、小学校5、6年で始めるなら中学から始めるのと大して変わりありません。

 

小学生から始めるなら、逆に1年から4年までの間にネイティブの発音を鬼のように聞かせれば、「英語耳」という財産ができあがるので、やる意味は多少あるかもしれません。しかし、日本語のボキャブラリ自体が少ない年代ですので、いずれ英語のボキャビルの努力は必要ですが耳を使える分楽でしょう。

 

 

で、10歳を超えてしまった大人のあなたに朗報です。英語にこだわる必要はありません。日本語に周波数の近いドイツ語やインドネシア語、あるいは文法がそっくりな朝鮮語など国際的な人材(爆)になる道は数多ございます。

 

それでも、英語でなくちゃと言うあなた。耳ができあがっちゃってから英語を学ぶ場合、文法とボキャビルを極めるのが一番効率的です。よく、日本の英語教育では文法中心がフンダララーとやり玉に挙がっていますが、それに騙されると一生英語は出来るようになりません。私自身、文法中心がフンダララーと言っているヤツで英語が出来るヤツに、未だかつてお目にかかったことがありません。

 

 

 

語学のプロを養成する通訳学校の先生の名言

 

「語学を学ぶのにコレをやらなくちゃという事は沢山あるが、コレさえやればという特効薬はない」

 

 

 

 

続きを読む

アルファベットは23文字だった

歴史ミステリーのお時間です。   ウソwww

 

 

では、いきなり本題の「アルファベットは23文字だった!」とは何か?

 

 

A~Zの26文字で知られているアルファベットですが、現在でも23文字でカウントすることもあります。

 

「するってえと、3文字はどこへ行ったんだ!!」と心配になるでしょう。いや、ならないですね。

 

 

さて、昔、どいつとどいつとどいつがいなかったのかというと、まず「J」です。

 

「J」は「I」の異体字として存在していましたが、17世紀半ばに「J」を子音用、「I」を母音用に使い分ける事になり、正式にアルファベットの仲間入りを果たしました。

 

おめでとう!!

 

「J」と「I」は、英語では全く違う発音ですが、ドイツ語では「Joch」と書いてヨッホ、「Jung」と書いてユングみたいに「イェー!」な感じの発音になります。

オランダ語では現在でも「J」と「I」は同じ母音の用途で使われます。

 

英語の「J」の発音は、「G」で表現可能でしたが、「E」と組み合わせた時と、「I」を「アイ」と発音させて組み合わせる場合のみ、現在の英語の「J」の音を表現できます。これを「A」「U」「O」と組み合わせてもジャ・ジュ・ジョのような音を表現できるように変化したのが「J」です。

 

 

では、もう一人の行方不明者はというと、「U」です。

 

「U」はもともと「V」の異体字で、どちらも区別なく使用されていましたが、17世紀半ばに現在の形で分業するようになりました。

 

そんなわけで「BVLGARI」なんて、昔の表記を使うブランドなんかもあるわけですね。

 

 

「U」が行方不明者なら、残りの一人はもうお分かりでしょう。

 

その昔は、「UU」と「U」を並べて表記していましたが、12世紀に一つの文字になりました。

 

はい、二つのUでダブル・ユー。「W」ですね。

 

アルファベットの他の文字が、「エーッ?」とか「ビー!」とかすべて一音節なのに、「W」だけが二音節「ダブリュー」なのはそのせいです。しかも、他の文字のようにその文字の発音を表わす音が含まれていないという、鬼っ子みたいなwww

 

 

 

以上、役に立たない無駄知識でした。

 

 

 

【誤訳の世界】日本人にはプライバシーがない?!?

日本語や日本文化についての知識不足と認識不足から、日本の言語や文化・風習を誤って外国人に伝えてしまう困った日本人がいる。

 

最も顕著な例は「日本語にはプライバシーという言葉はない」という説を唱える人々である。

日本人にはプライバシーという概念すらない、とこの説の支持者は主張する。概念がないから言葉がないのだという。

 

日本にはプライバシーという言葉も概念も無いなどと、最初に言い出したのはどこの誰だか知らないが、全く以って迷惑千万、無知蒙昧も甚だしい。

 

'privacy' を辞書で引くと「他人の同伴・監視が無い状態、私生活、秘め事」などという意味が記されている。つまり、個人の自由が侵されずに秘密が保たれている状態である。そのような状態を指し示す日本語が無いなどという意見は、日本語に対する無知からくる産物としか思えない。日本文学や古典などに触れ、豊かな日本語的感性を持った日本人ならいくらでも表現が出てくるのではないだろうか。

 

私のようなあまり日本文学に触れない人間でも、そのような場面を想定して思い浮かぶ日本語がある。それは、「立ち入った事」という奥ゆかしい表現である。「立ち入った事」という言葉は、「立ち入った事をお伺いしてすみません」などというように相手の私事を気遣う表現として使われる。

 

「立ち入る」という言葉そのものには、英語で言うプライバシーに該当する意味合いは含まれない。だが立ち入るという行動の先に、私事、つまりプライバシーが存在するのだ。プライバシーそのものを直接表現しないからといって、そのような概念がないというのは、あまりに飛躍しすぎた考えだ。

 

「立ち入る」と言う言葉は、他人の私事に立ち入る側が取る行動を表す動詞である。「立ち入る」が動詞であることが「プライバシー」という名詞と対を成す訳語となり得ることに気がつかない原因かもしれない。だが、英語に限らずどのような言語の間にも、名詞の訳語が必ずしも名詞ではなく、動詞の訳語が必ずしも動詞ではない例は多く見受けられる。言葉の構造が違えば、それも自然なことである。

 

言葉と言うものは、必ずそれが使われる状況から発達していくものである。日本において「立ち入る」という言葉は、他人の私事に立ち入ってはならないという配慮から生まれ、様々な場面において他人を気遣う表現として発達したと考えられる。つまり、日本社会では元来、他人の私事は立ち入るべきでない領域というのが基本的な共通概念であり、自分の私事に立ち入るなと主張するのではなく、他人の私事に立ち入らないように気遣うのが基本的行動様式なのである。

 

始めからお互いに立ち入らないように気を遣った生活をしていれば、私事を権利だ何だと主張する必要も無い。プライバシーを権利として主張する社会より余程成熟し洗練された社会と言える。

 

一方、プライバシーという言葉は「プライバシーの侵害」「プライバシーを守る」「プライバシーの尊重」などというように個人の権利の主張として表現されることが多い。確かにプライバシーという言葉の根底には、権利と言う意味合いが横たわっている。

 

 のことから、プライバシーとは欧米人にとっては主張すべき自分の権利であり、日本人にとっては尊重すべき相手の権利である、ということが判る。

 

わざわざ主張しなければならないということは、過去の欧米社会でいかにプライバシーが守られていなかったかということを暗示している。プライバシーに拘わらず、英語には個人の権利を主張する表現が多い。

 

欧米社会は人権を尊重する社会だとよく言われるが、男女同権や人種差別撤廃などの運動が盛んであったという背景には、運動を起こさなければ耐えられないほどの過酷な差別があったということに他ならない。人権が尊重されていれば、そんな運動など起こりようもない。

 

欧米人が、人権が踏みにじられるほど野蛮だった時代に、革命を起こして市民が権利を獲得した歴史を誇るのは結構なことだ。だが、それと単純に比較して、日本で市民革命が起きなかったことを、日本人の人権意識の低さによるものと勘違いする人間は歴史を知らない阿呆だろう。日本の戦国時代のような略奪と人権蹂躙の時代が、西欧では十八世紀末まで、ロシアでは二〇世紀初頭まで続いていたに過ぎない。そして米国の黒人差別は一九六〇年代まで続いていたのだ。

 

日本では、欧米の人権主義が先進的な社会を反映するものと勘違いする傾向があり、何かと言うと欧米的人権主義を真似ようとする。だが、よく内容を吟味して取り入れないと、日本に古来ある高度に洗練された美徳や慣習を、逆に低俗なものに変え兼ねない。

 

実際、「立ち入った事」という言葉の代わりに「プライバシー」が多用されるにつれ、欧米的個人主義が蔓延し始めた。やがて、他人を気遣うという日本人の美徳が忘れ去られ、やれ個人の権利だ子供の人権だのと主張し始めると共に、日本人の質が著しく低下したことは、誰の目にも明らかである。

 

このように第二次大戦後、日本社会は欧米化が進むと同時に見事なまでに低俗化した。しかし、日本古来のものの考え方で現在でも機能しているものも多々ある。そういうものは無くさない方がいいだろうし、これまでに失ってしまったものを取り戻すことも考えるべきである。

 

 

 

続きを読む

英語のTHはなぜ存在するのか

日本人の英語を語る連中は、100人中100人が「日本人はRとLの発音がフンダララ~」とか得意げに話しますが、日本語と違うと言えばM, P, T, S, CH, SHなんかも全然違いますんで、どうせ語るならすべてを語ってもらいたいもんであります。特に、日本人の発音するTはPに聞こえる事が多く、御婦人におかれましてはTENNISについて語る場合などは、特にお気を付けいただきたく思う次第でありますww

 

インド人や中国人なんぞは、こまけぇこたぁいいんだよと勢いに任せてインド英語、中国英語をバリバリ話すわけで、なんで日本人がこんなに発音ばかり気にするのか理解に苦しむわけであります。日本人もこまけぇことに気を取られずに、バリバリしゃべれば「日本英語」ってのもインド英語並みの国際的地位を獲得できるはずなんだが、バリバリしゃべろうにも外国人と会話が続くほど話題がないみたいな連中が多く、発音以前の問題なんじゃないかとも思うわけであります。

 

そりゃそうと、RとLばっかり注目されていて、THが注目されなくて寂しそうなのが私としては非常に気になるところであります。

 

 

さて、本題。THはなぜ存在するのか。

 

それは、母音のないSの直後にRを発音することができないからであります。

 

 

外来語や視覚方言以外で、Sの直後にRの付く単語は辞書を引いても見つからないんであります。

逆に言うと、SRI LANKAやSRINAGARといった地名のあるインド近辺の南アジア言語のSとRの発音は英語とは違うということなんであります。

 

 

んなわけで、through, three, throw, thread, thrill などと発音するわけであります。

 

では、Sの直後に来るのは何かといいますとLなんであります。

 

例をあげれば、sleep, slow, slang, slug, slump, slim てな感じであります。

 

逆にTHの直後にLを発音することはできません。

Tの直後にLを発音する事もできません。

 

ということでTと相性がいいのもRなんもんで、tree, trouble, track, trick, trueなどなどとなるわけであります。

 

果たして、Sの直後にRを発音できないからTHがあるのか、

THの直後にLを発音出来ないからRがあるのかわかりませんが、

SとTHとRとLの相関関係を踏まえたうえで、RとLの発音を訓練すると分りやすいんであります。

 

 

日本の英語教師は、なんでこんな簡単な事を生徒に教えてやらないのか、ケチくせぇというか、もしかして教師本人も分ってないのかもしれないが、日教組は下らん政治活動をやってる暇があったら、効果的な教え方をもっと研究しろと言いたいんであります。

 

 

 

続きを読む

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR