FC2ブログ

世界恥比べ

 「江南スタイル」をクリスマスパーティーで踊った英国人男性が心臓麻痺 死亡

世界中で大フィーバーを巻き起こしている韓国人歌手PSYの「江南スタイル」を踊った英国人男性が、心臓麻痺を起こして死亡するという事故が発生した。

韓国メディア「ヘラルド経済」によると、死亡した男性はEamonn Kilbrideさん46歳。
2012年12月8日の土曜日の夜、英国ブルックリンのある事務所で開催されたクリスマスパーティーに妻と一緒に出席し、「江南スタイル」を踊った。この日は妻の誕生日でもあった。クリスマスパーティーと妻の誕生日という、Kilbrideさんにとっては特別な日。パーティーが盛り上がるとKilbrideさんはステージに上り、激しく「江南スタイル」を踊り始めた。IT企業に勤めている彼が、世界的に有名な「江南スタイル」を知らないはずがなかった。

 

しかし、ステージを降りると突然胸を押さえて苦しみだし、その場で意識を失い倒れてしまった。
友人が応急手当を行い、直ちに病院に搬送されたが、Kilbrideさんはそのまま帰らぬ人となってしまった。病院側は、死因は突然激しい運動をしたことによって起こる急性心不全だと説明した。心臓麻痺について詳しいニューカッスル大学のバーナード・ギブンリー教授は、「年末のパーティー期間中は『江南スタイル』を踊らないように、とは言えない。
普段あまり運動をしていないのなら、準備運動をしないまま激しい運動をしてはならない」と忠告したという。英紙デイリー・テレグラフなど、各紙が報じた。

http://news.livedoor.com/article/detail/7230862/

 

 

英国紳士が、朝鮮音楽で死ぬとは恥ずかしい

 

まあ、紳士であったかどうかはわからんが。

 

 

 

 

韓国BBS】北朝鮮がロケット打ち上げ成功「韓国は恥ずかしい」

韓国のコミュニティサイト「ガセンイドットコム」の掲示板に「北朝鮮のミサイル、軌道進入に成功の発表、日本の反応」とのスレッドが立てられたところ、さまざまな意見が寄せられた。スレ主は、北朝鮮の朝鮮中央通信が、「運搬ロケット銀河2号を通じた光明星3号2号機衛星の打ち上げが成功した。衛星は予定された軌道に進入した」と報道としたとの記事を紹介した。

また、日本のネット上での反応として「ミサイル作るお金があれば、北朝鮮の人民に還元してやれ」「成功しても失敗しても、これで東京が射程距離ということを知った!」「へー、北朝鮮すごい」「北朝鮮韓国」「ロケット技術は南より上ねw」といったコメントがあったと紹介した。

 

スレッドには、北朝鮮が打ち上げを成功させたことに対して驚きの声が集まった。

<略> 

また、先日打ち上げが延期となった韓国のロケット技術についての意見も多く見られた。

・「韓国はいつ羅老号を成功させるのか」
・「北朝鮮よりも技術力がない韓国」
・「ロケット技術は、韓国は駆け出しレベル」
・「はー、恥ずかしい。国家情報院の人々はどこに行って遊んでいたのか」
・「これって、大統領選挙にどのような影響を与える?」

 

一方、日本の反応に言及した意見もあった。

・「韓国より技術力が低く、テレビ、スマートフォン、ディスプレイ、

 半導体などの電子製品の技術力が低下している日本に言われたくないですね(笑)」
・「日本は、無条件に韓国だけを叩くよね(笑)」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1213&f=national_1213_006.shtml


 

北朝鮮“ミサイル”残骸を発見
韓国北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイルの残骸を朝鮮半島西側の黄海で見つけ、13日、その写真を公開しました。

韓国国防省によりますと、12日、北朝鮮による発射からおよそ1時間半がたった午前11時半ごろ、海軍が朝鮮半島西側の黄海で、ミサイルの1段目の残骸を発見しました。
残骸は、長さが10メートルほどで、朝鮮語で「銀河」を意味する「ウンハ」というミサイルの名称のうち、 「ン」と「ハ」の文字の一部が確認できます。

海軍は、ボートで残骸に近づいて、ロープを結び付けようとしたものの、残骸は海底に沈んだということで、今後、波の状態を見ながら引き揚げることにしています。
韓国国防省のキム・ミンソク報道官は13日午後、「残骸を分析すれば、北のミサイルの性能が一部分かるのではないか」と述べました。

国防省では、ミサイルの材質やどのような燃料が使われたかなどが明らかになる可能性があるとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121213/k10014170541000.html
 

 

日本の部品なくしてスマホが作れんことも理解できないバカでも、

「北のミサイルの残骸」を拾って技術をパクろうとして、

引き上げに失敗した自国の国防省を恥じる・・・ほどのアタマはないわな。

 

 

 

 

しかし、一番恥ずかしいのはコイツだな・・・・

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



【アジア予選・豪州戦】ピッチは牧草wwwwww

先制アシストの本田、ドローに「サプライズなプレーが足りなかった」

ゲキサカ 6月12日(火)23時2分配信

[6.12 W杯アジア最終予選 オーストラリア1-1日本 ブリスベン]

 

 後半ロスタイムのラストチャンスになるはずだった。後半49分、PA手前、右45度の絶好の位置で獲得したFKのチャンス。
MF本田圭佑(CSKAモスクワ)が直接狙おうと助走に入ったところでタイムアップの笛が鳴った。本田は両手を広げ、不満そうなジェスチャーで抗議。後味の悪い幕切れだった。

 1-1の引き分け。「当然、10人になってからの方がよかったけど、もうちょっとというか、最後のところまで崩せてはいるけど、点を取るにはアイデアがなかった。サプライズみたいなプレーが足りなかったかなと思う」と振り返った。

 後半10分にDFミリガンが退場してからは日本が10人のオーストラリアを押し込む時間帯が増えた。
守備を固める相手のブロックの周りでパスはつながるが、なかなかラストパスがかみ合わない。
そんなこう着状態を打ち破ったのが背番号4だった。


 後半20分、右CKのチャンス。本田がショートコーナーでMF長谷部誠につなぐと、すかさずリターンパスを受ける。
ゴールライン際を個人技で突破。DFをかわし、マイナスに折り返したボールをDF栗原勇蔵が右足で押し込み、先制点を奪った。

「ショートコーナーを相手が嫌がるのはビデオ分析でも知っていたし、監督にも言われていた。それが功を奏した」。
そう明かすと、「高さでは向こうに分がある。どう人数をかけて相手を翻弄するかが狙いだった。得点シーンはそれができた」と胸を張った。

 3日のオマーン戦(3-0)、8日のヨルダン戦(6-0)に続く3戦連発、3連勝はならなかったが、貴重な先制アシスト。新4番を背負って臨んだ最終予選3連戦で4得点2アシストを記録し、チームの10得点中6点を演出した。

 

「ハッキリ言えるのは、オーストラリアより僕らの方がいいサッカーをしていたということ。結果は引き分けになったけど、オーストラリアの選手も(ピッチコンディションなど)いい環境でやったらどうなるか分かったと思う。それを感じ取っていなかったら、アホか、秘策があるか、どっちか

 強気に言い切る本田だが、満足はしていない。「もっと得点に絡む部分を増やしたい。向こうがサプライズと思うようなプレーを、質も回数も増やしていく必要がある」。明日13日に26歳の誕生日を迎える本田。さらなる進化を見せる背番号4は、まだまだ発展途上の過程にいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-01101887-gekisaka-socc
 

 

 

>オーストラリアの選手も(ピッチコンディションなど)いい環境でやったらどうなるか分かったと思う。それを感じ取っていなかったら、アホか、秘策があるか、どっちか

 

 

え、まさか、本田さん、オージーがアホでないとでも・・? 

 

ピッチコンディションなんて、オージービーフに分かるワケないじゃないですか。

 

あの人たち、毎日、芝生じゃなくて、牧草とか雑草の上で練習してるんですよ。牛と一緒にwwwwwww←牧草

 

 

昨日のグランドなんて、美しいものです。あの人たちにとってはwww

 

あのプレイを見ればわかると思いますが、オージービーフはサッカーのことを足でやるラグビーぐらいの認識しかありませんから、あのピッチコンディションは嫌がらせでもアウェイの洗礼でもなんでもなく、バカなだけです。ハイ。

 

それにしても、なぜか昨日の試合は地上波のテレビではやってませんでしたねぇ。こっちでは。オマーン戦は、地上波のテレビで中継してたのに。

やっぱり、あのクソバカ審判と牧草グランドのセットは、意図的だったのか。それとも、恥ずかしすぎると思ったのか。まあ、いずれにしてもロクなもんじゃないです。

 

 

次は、ホームでコテンパンに打ちのめしてやってください。次世代が育っていないので、30年ぐらいは再起不能になること請け合いです^^

 

 

 

というわけで・・・・

 

イザ!が嫌がらせをするので、

嫌がらせに別アカウントを立ち上げてみましたwwww

 

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR