FC2ブログ

コンクリートから人へ(笑)

就職難でも人気薄 福祉介護面接中止

 

景気低迷を受けて厳しい就職難が続く中、県が今月、和歌山市などで開催を予定していた福祉・介護分野の合同就職面接会が、参加者不足で相次いで中止に追い込まれた。
一方で、老人ホームなどを運営する事業所側は、慢性的な人材不足に頭を悩ませており、県は来月からPRのため「はじめよう!福祉の仕事」と題した大型キャンペーンに乗り出す。

中止したのは、7日に和歌山市内、19日に紀の川市内で行う予定だった「福祉・介護の仕事 合同面接会」。
和歌山会場は社会福祉法人など48団体が相談ブースを設け、100人以上の求人を予定していたが、申し込みがあったのは7人のみ。8団体が予定していた紀の川会場も1人だった。

 

県によると、面接会は2010年度から毎年開いているが中止は初めて。
昨年も田辺、新宮両市で開いたが、計18団体・61人分の求人に対して来場者は合計30人にとどまり、求人数を大幅に下回る状態が続いていた。

老人ホームで働く介護士を3人程度、募集予定だった社会福祉法人「寿敬会」(和歌山市)の採用担当者は 「業界内での引き抜きが激しい。志高く、仕事を続けてくれる人材を常に求めているが、慢性的に人手不足で、良い人材を求められる場がもっとほしい」と行政の働きかけに期待する。

 

そうした現状を受け、県の担当者も「仕事がきついというイメージから若者は敬遠している」と分析。
今後、面接会の募集方法などの見直しを検討する一方、キャンペーンを行うことで、業界のイメージアップにも力を入れることにした。

現在、福祉の現場で働く人の笑顔の写真とメッセージを募集しており、テレビCMやイベントで紹介する予定。
10月から和歌山市内を走る路線バス3台の車体に広告を載せるほか、11月からは、福祉施設の送迎用車両など約3000台にもPRシールを貼ってもらうなどする予定だ。

資格が必要ない仕事もあり、県の担当者は「本格的なキャンペーンは初めてで効果は未知数だが、まずは業界に前向きな興味を持ってほしい。
就職難と人手不足のミスマッチを解消したい」と意気込んでいる。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20120924-OYT8T01335.htm
 

 

 

仕事がキツイだけならともかく、給料が安いのが大問題ですね、この業界は。

 

 

皆さんもご存知のとおり、「男女共同参画・高齢福祉予算」って名目で年間10兆円、このうち9兆円が高齢福祉に回されてるわけだが。

 

公共事業でゼネコンに税金をつぎ込んでいた頃は、ゼネコン業界の最底辺の日雇い労務者ですらひと月働けば30~40万は簡単に稼げていたわけだが。

 

一方、福祉の底辺で働く若者の給料が20万にも満たないわけで。

 

どこへ行っちゃってるんでしょうねぇ、あの多額の税金は。

 

 

日本では、「福祉=善」「ゼネコン=悪」という、世界でも希な上に意味不明な社会通念があるわけなんですが。

 

そもそも、福祉に関わる人間が絶対に悪いことをしないなんてこたぁないわけで、福祉業界でも相当のピンハネがあると思われます。

 

 

しかも、昔から福祉の現場には「ボランティア」という、経済活動とは無縁の方々が無償で労働力を提供するのが当たり前みたいな風潮がありまして、現場の人間をタダ同然でこき使うことには、何の抵抗もないという。

 

 

同じ公共事業でも、ゼネコンの場合、橋やビルなどの現物を「納入」しなければならないわけで、労働コスト以外にも資材の発注やらで必要なカネは使わなきゃならないわけで、中抜きするにも限度というものがあったわけなんですが、福祉という形の見えないサービスの提供の場合、実態のない取引で金を動かすことも容易いわけで。

 

 

サービスを提供する労働者も、サービスを受ける高齢者も、誰も幸せになってない「コンクリートから人へ」で、ホクホクなのは中抜きをエンジョイしている天下り団体だけってか。

 

 

【民主党】小沢一郎、放射能が怖くて秘書とトンズラ→妻から三行半

小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃

 

民主党小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 

便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

そして、このように綴っている。
 

「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 

和子夫人はこうも綴っている。
「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。

 

「週刊文春」編集部
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

 

 

 

 

>実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。

 

秘書と一緒に、韓国に逃げていたんですね。わかります。

 

 

韓国女性、日本小沢代表秘書で猛活躍
 (聯合ニュース 韓国語 2007/08/09)  

小沢代表の国際担当秘書として活躍しているキム・スクヒョン(金淑賢.35)氏だ。去る2000年、

当時、自由党党首であった小沢衆議院議員の秘書に抜擢された後、7年の間、傍を守っている。

 

 

 

 

 

反日米国市長の信用を失墜させてやろうぜ

1:蚯蚓φ ★:2012/05/10(木) 00:00:57.22 ID:???
 
人口2万人の米国ニュージャージー州北部小都市ペリセイズパーク(ペルパーク)市が日本軍慰安婦 の歴史的真実をめぐる韓国と日本の外交激戦地に浮上した。

日本のニューヨーク総領事と自民党議員4人は一週間の間に二回も市を訪問して市立図書館の入 口にたった「日本軍慰安婦おばあさんキリム碑」の撤去を要請した。ジェームズ・ロタンド、ペルパーク 市長は7日、本誌とのインタビューで「米国人は誤った過去なら、これを示す記念碑をたてて、こうした ことがあってはならないということを重視する方」としながら「だが、日本は過去をそのまま埋めておき たいようだ」と語った。

 

次は一問一答。

 

―日本の政治家と外交官たちの訪問は予告されたものか。
「突然で慌てた。彼らは私たちの市に無制限の投資をできると話しながらその代わりキリム碑を撤去 してくれと要請した。日本の投資提案が市に相当役に立つのは事実だ。投資はもちろんメディア媒体 まで立てるといった。たとえ韓人らの要請を受けたとはいえ、市がキリム碑をたてた目的は米国の育 つ世代に他国のすさまじかった過去の歴史の痛みを知らせ、再びこのようなことがおきないようにし なければならないという趣旨であった。名分と実利の前で名分がさらに重要だったし今後も変わらな いだろう。」

 

―日本は今後もずっとこの問題を提起するという。
「私たちは2年間この問題について各種資料はもちろんで、日本軍人と慰安婦おばあさんに直接会っ て事実関係を確認した。ところが日本議員らは私たちが

一度も見たことがない慰安婦広告3枚をぽつ んと持ってきて‘日本政府が介入したのではなく民間企業が主導したもの’と主張した。私たちは政府 がした仕事でないという証拠資料を持ってこいといった。」

 

―3時間の間、日本議員らと面談した。
「彼らは日本の教科書に書かれたことと同じ主張をずっと繰り返した。それで私たちは教科書に載っ ていても、私たちが確信する真実とはずいぶん違うと話した。そして彼らの主張が日本政府の公式立 場なのか私見なのかを訊ねた。初めは公式立場だと言っていたが、私たちが現場で日本外務省のホ ームページにある遺憾を表明する声明を見せて反論するとすぐに私見だと言葉を変えた。」

 

―日本の政治家たちはキリム碑が米日関係にまで脅威になると主張している。
米国には数多くの記念碑がある。ユダヤ人虐殺や黒人弾圧などを扱った記念碑が多い。ところが一 度も該当国家と外交的な関係が歪んだことはない。彼らの主張はとんでもない。」

ロタンド市長は「日本の議員らがずっと訪ねてくるというが私たちの立場は変わらない。私たちはすで に十分に調査検討してキリム碑をたてたので自信がある」と話した。

一方、米国コリアソサエティーの講演招請でニューヨークを訪問中のチョン・ウイファ国会議長職務代 行など国会議員4人は9日午前10時(現地時間)キリム碑を参拝してロタンド市長とも会う。

 

ソース:東亜日報(韓国語)  日、投資するとし慰安婦追悼碑撤去要請
http://news.donga.com/Inter/Feed_New02/3/0216/20120508/46099886/1


 

 

 

このいかにも悪人ヅラの市長の信用を失墜させてやろう。

 

 

この市長、この記事のインタビューで明らかに嘘をついている。

 

 

>彼らは私たちの市に無制限の投資をできると話しながらその代わりキリム碑を撤去 してくれと要請した。

>投資はもちろんメディア媒体 まで立てるといった。

 

 

野党議員が、原資もないのに投資ができるだの、メディアを設立だの提案するはずがないと思い連絡したところ、やっぱりそのような事実はないと確認がとれました。

 

悪人ヅラ市長自身が実際このような発言をしたのであれば、親韓派米国人は嘘つきで信用ならないということになるし、韓国メディアの捏造であれば利用された悪人ヅラ市長は、それこそいい面の皮。内ゲバの火種にもなりうる。

 

かつて、こういう小さな嘘を見過ごしてきたせいで、韓国人を付け上がらせる結果となったのわけで。

米国の親韓派市長はウソツキであると各方面に宣伝し、韓国人と親韓派米国人の信用を丸潰しにしてやろう。

 

 

というわけで、訪問した4人の議員にチクって、名誉棄損で訴えるなり抗議するのを後押ししましょう。

国民の支持があればこそ、抗議も大きな影響力を持ちます。

 

電凸は控えてメール、FAX、文書推奨です。

 

 

「例文」

 

韓国の「東亜日報」によりますと、議員が訪問した米国ニュージャージー州ペイセイズパーク市のロタンド長は、

「市への投資」や「メディアの設立」を持ちかけてキリム碑の撤去を要請したなどと発言しているようです。

これは、日本の国会議員に対する侮辱であり、名誉を著しく毀損するものと考えます。

このような嘘を放置すると、こちらが認めた事になるのが国際社会の常識です。

小さな嘘を見過ごすと、やがて「従軍慰安婦問題」のような大問題に発展します。

議員には、この発言を取り消すよう、即刻市長に抗議して頂きたいとご連絡した次第です。

対応の程、よろしくお願いいたします。

 

 

<ペリセイズパーク市を訪問した議員・連絡先> 

 

古屋圭司
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館423号室
FAX : 03-3592-9040
info@furuya-keiji.jp

 

塚田一郎
東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館1117号室
fax.03-6551-1117


山谷えり子
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1107号室
FAX:03-6551-1107


竹本直一
東京都千代田区永田町2-1-2
 衆議院第二議員会館1221号室
TEL:03-3508-7449

 


自民党
https://ssl.jimin.jp/m/contact
 

 

 

 

経団連は、日・本・か・ら・出・て・い・け

日本、先進国から脱落?…経団連の研究機関予測

読売新聞 4月16日(月)11時38分配信

 

  経団連の研究機関、21世紀政策研究所(森田富治郎所長)は16日、2050年までの日本と世界50か国・地域の長期経済予測を発表した。
 
 四つのシナリオに基づいて日本経済の成長率や規模を試算したが、少子高齢化の本格化で日本は30年代以降にマイナス成長に転じ、効果的な成長戦略を実施しなければ先進国から脱落しかねないとの見通しを示した。
 
 同研究所がまとめた「グローバルJAPAN 2050年シミュレーションと総合戦略」で、日本の人口や貯蓄・投資の動向、生産性の変化を予測して試算した。
 
 日本の生産性が他の先進国並みを維持する「基準シナリオ」では30年代からマイナス成長となり、41年~50年の国内総生産GDP)成長率は平均マイナス0・47%となる。現在世界3位のGDPは4位と、中国と米国の約6分の1の規模となる。1人あたりGDPは世界18位で韓国(14位)に抜かれる。
 
 女性の就業率が北欧並みに高まる「労働力改善シナリオ」でも41年~50年のGDP成長率はマイナス0・46%となり、31年~40年は0・17%のマイナス成長になる。
 
 一方、政府債務の膨張が成長を妨げる「悲観シナリオ」では2010年代にマイナス成長に転じ、41年~50年はマイナス1・32%に落ち込む。GDPの規模は世界9位で、中国、米国の約8分の1に縮む。また、生産性が90年~2010年代と同水準にとどまる「失われた20年が続くシナリオ」では、41年~50年は0・86%のマイナス成長となる。.

 

最終更新:4月16日(月)11時38分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000504-yom-bus_all

 

 

 

 

あー、そおですか。そんなに日本はダメダメですか。だったら、日本から出ていけばいいじゃないですか。

 

だいたい、何なんですか?

 

日本人労働者は、労働生産性がOECDで最低だからダメだとかケチつけてるけど、そりゃ、アンタらがバカ後進国と一緒になって安売り合戦するからでしょうが。

 

豪州みたいに、トイレットペーパー12ロール1000円とか、ポテチ一袋400円とかで売れば、日本人労働者の生産性もGDPもハネあがりますよ。

 

 

だいたいねぇ、日本のマーケットは少子高齢化の縮小傾向でダメだダメだとかホザいて、アジアの成長を取りこむとか寝言垂れてるが、日本のマーケットがだめなんじゃなくて、お前らが日本の需要に応えられる製品やサービスを提供できてないだけだろーがよ。

 

バ韓国のサムスンなんかと張り合って、液晶パネルがどーしたこーしたとか。画面に映像映すとか何十年前のコンセプトだよ。テレビ業界なんか、60年前からやってること全然変わっとらんだろーが!市場に受けたかったら、少しは斬新なことやれよ、バカ。

 

 

そもそも、事業や商売ってのは、世の中の役に立つから成り立つわけで、企業としてやってけねーってんなら、オメーらが日本の世の中から必要とされてねーってことなんだよ。

 

だいたい失われた20年ってなんだよ。いつまでバブルの夢追いかけてんだよ。

 

あんなのたったの3年かそこらの話だろ。オツムがイカれてなけりゃ、その後の20年が正常で、アレが異常だったって理解できるだろ。因みにバブルの直前の数年間は、円高不況と造船不況のダブルパンチだ。忘れたのか、ぼけ老人が。

 

 

 

日本の市場のニーズには応えられないわ、日本人に雇用は提供できないわ、海外生産で何の影響も受けてないくせに円高で輸出が死ぬとかホザくわ、法人税が高いから海外に移転するとかハッタリかますわ。

 

 

日本の役に立ってねーのは、お前らの方だろうが!

 

 

役立たずのくせして、日本の市場や労働者にケチつけるんなら、日本企業の看板外せや。

 

 

日本人が長年築いてきた信用だけ利用してんじゃねーよ!

 

 

 

 

日本の地方紙が、豪ABC&緑豆&海犬以下の件

復興予算に調査捕鯨費 水産庁23億円 基地・石巻被災理由に

東日本大震災からの復興に向け十一月に成立した第三次補正予算に、南極海での調査捕鯨にかかる事業の経費約二十三億円が組み込まれていたことが十四日、分かった。調査捕鯨の予算はこれまで、年間約五億~九億円。二〇一一年度は当初の約七億円に今回の約二十三億円を加えて約三十億円と従来の最大六倍になっている。

 予算要求した水産庁は、全国有数の捕鯨基地の宮城県石巻市が大きな被害を受けたことを理由に「調査を安定的に実施し、石巻周辺の復旧・復興につなげる」とするが、被災地への支援といえるのか疑問視する声が出ている。

 

東京新聞 2011年12月14日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011121402000191.html

 

 

 

しつこく、豪ABCの反捕鯨プロパガンダの件をお送りしておりますmaaz2ブログです。

 

 

ABCの悪質さもさることながら、日本の地方新聞が豪ABCやグリンピース、シーシェパード以下の情報収集能力というかバカというか、呆れ果ててものも言えない状態です orz.....

 

 

 

南極海での調査捕鯨にかかる事業の経費約二十三億円が組み込まれていたことが十四日、分かった。

 

14日分ったって、アンタらねぇ、この予算案の件は10月の段階で、グリンピースですら既に把握していて、図々しくもNGO共同声明なんぞを出していたんだよ!ヴォケ!

 

 

その10月に発表された共同声明を、わざわざ12月8日に報道すると言うあくどいプロパガンダをしやがったのが豪ABCなわけだ。

 

それに呼応するかのごとく、今頃わかったかのように「十四日、分かった。」たぁ何事だよ!おい!

 

読売新聞ですら、12月6日の記事で水産庁の23億円計上の件に触れているんだ、ヴォケ!

 

 

調査捕鯨船団が出港、民間の護衛船も初同行

南極海で今季の調査捕鯨を行う捕鯨船団が6日、山口県下関漁港を出港した。
  調査捕鯨を巡っては近年、反捕鯨団体「シー・シェパード」による妨害活動が激化。昨季は初の活動中止に追い込ま

れた。今回は水産庁が初めて護衛用の船を同行させるが、決め手を欠くのが実情だ。
 
 下関から出港したのは、捕鯨船「勇新丸」(720トン)と「第2勇新丸」(747トン)など。水産庁は「安全対

策上のため」として日程や船団の規模を公表していないが、例年通りなら母船などと合流し、約4か月間でミンククジ

ラとナガスクジラ計約900頭を捕獲する予定だ。
  南極海での調査捕鯨への妨害が始まったのは2005年。昨季は発煙筒を投げられたり信号弾を発射されたりし、活

動は予定より1か月早く打ち切られた。
 
 このため、同庁は今年度の第3次補正予算に安全対策費などとして約23億円を計上。船団側が用意する監視船とは

別に、新たに護衛用の民間船をチャーターした。船には、放水砲や探照灯、小型艇などを装備し、外洋航行能力のある

同庁所属の漁業取締船と同等の能力を持たせているという。
  同庁は当初、海上保安庁に巡視船の同行を打診したが、見送られたため、民間船での対応となったという。
 
(2011年12月6日14時34分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111206-OYT1T00779.htm

 

 

 

水産庁23億円、14日分った」のニュースを流しているのは、

 

東京新聞

北海道新聞

大阪日日新聞

河北新聞

中国新聞

愛媛新聞社

売国奴・共同通信

変態・毎日新聞

 

などなど、バカでマヌケな地方新聞と売国通信、そして、ご多分にもれず「毎日変態新聞」

 

 

このバカどもの情報収集能力は、緑豆や海犬以下かっ!!

 

 

バカどもは、「復興予算に組み込まれた」などと寝言を垂れている。

 

第三次補正予算の項目は、すべてが「復興予算」ではない。復興以外の予算も当然組まれている。当たり前だ!復興だけが政府の仕事じゃない。

 

そして、復興以外の予算は、復興債などの所謂「復興財源」からではなく、別予算や積み立ての取り崩しや政府資産の売却益から捻出する事になっている。

 

そういう詳細な説明も無しに、グリンピースやシーチキンのデタラメ・コメントの「寄付金」の部分を「復興予算」に書き換えただけの記事を書いてどうする!このバカ新聞どもめが!!!

 

だから、貴様らはいつまでたっても地方の田舎者だの、変態新聞なんだよ!!

 

 

貴様らは、豪ABCの手羽先かっっ!!!!

 

 

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR