FC2ブログ

日経新聞「JIBsは紛争の火種!」イアン・ブレマー「そんなことは・・」

親米3カ国、周辺国とあつれき 米覇権揺らぎ秩序失う世界

 

【ダボス(スイス東部)=上杉素直】日本とイスラエル、英国の3カ国を指す「JIBs(ジブス)」が国際社会の懸念材料として意識され始めた。アジア、中東、欧州でそれぞれ地政学リスクにさらされ、周辺国とのあつれきを抱えているからだ。米国の覇権が揺らぐなか、これら親米3カ国が針路を見失い、地域安定の火種となっている姿が浮かび上がる。

 

日本、イスラエル英国を英語の頭文字から「JIBs」と名付けたのは米ユーラシア・グループのイアン・ブレマー氏だ。リーダー不在の「Gゼロ」時代に、それぞれの地域で建設的な役割を果たせない国として取り上げた。

 

今月22日、フランスのオランド大統領はドイツに足を運び、メルケル独首相とともに式典に臨んだ。長く敵対関係にあった独仏が和平を誓ったエリゼ条約調印から50年の節目を迎え、独仏首脳は欧州統合やテロ対策での連携を再確認した。そんな空気に水を差したのが英国だ。
 「欧州連合EU)への幻滅はかつてないほどに強い」。英キャメロン首相は23日の演説で、英国のEU離脱を問うために国民投票を実施すると表明。統合深化をねらう独仏に真っ向から異議を唱えた。しかも当初、キャメロン首相が演説日に選ぼうとしたのがエリゼ条約の記念日の22日。英国の配慮に欠ける行動が独仏など大陸欧州をいら立たせている。
 債務危機の克服に向けて、EU各国が進める財政統合や金融監督の共通化にも反対し、孤立感を深める英国。「強いEUの一員としての強い英国」を評価する――。今月中旬、オバマ米大統領はキャメロン首相に電話を入れ、性急な行動を戒めたとされる。
 

 そのオバマ大統領が気をもんでいるもう一つの国がイスラエル

<中略>

 


■日中の緊迫報道
 そして日本。アジアでは中国の軍事的、経済的な台頭が著しい。欧米からみれば、日本は韓国中国との関係悪化によって、アジア地域に緊張をもたらす存在とも映る。
 「戦争の足音」。英誌エコノミストは今月、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本と中国の緊迫をこう伝えた。こうした見方は、歴史問題で保守的な姿勢を示す安倍晋三氏が首相に就任したことで広がっている。
 「JIBs」の3カ国について、ユーラシア・グループのブレマー氏は「いずれも米国の同盟国。10年、20年先をにらんだ関係を米国とどう築くかが注目される」と話す。超大国である米国の衰退で秩序を失った世界。親米国への懸念は、そんな時代の副産物といえるだろう。

 

日本経済新聞 2013/1/28 0:30

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO51052220X20C13A1FF1000/

 

 

 

>これら親米3カ国が針路を見失い、地域安定の火種となっている

 

 

は?いやいや。日本と英国とイスラエルが、地域安定の火種とかwww

 

まあ、イスラエルが火種なのは昔からなんで、一緒にするのもどうかと思うんですが、

 

日経新聞さんは、もう完全にこの三国が地域の安定を乱す火種だと図解で説明までしちゃってるんですよ。

 

 

 

 

 

 

日本に関しては、欧米の口を借りてこんなこと言っちゃってるんですが、

 

欧米からみれば、日本は韓国中国との関係悪化によって、アジア地域に緊張をもたらす存在とも映る。

 

 

こんなこと考えてるのは中韓だけだろ、と思って情報発信元のユーラシアグループのHPを見てみたら、むしろ日本、イスラエルイギリスが地域のゴタゴタで「貧乏くじ」って内容なんですがwww

 

日本に関する件では、むしろ中国のアジア戦略(遠慮深いらしく侵略とは言っていない)に、簡単に飲み込まれる他のアジア諸国と違う日本の立場を説明しているだけです。

 

内容を訳しましたんで、まあ、ヒマがあったら読んでみてくださいよ。

 

 

++++++++++

ユーラシアグループHPより http://www.eurasiagroup.net/pages/top-risks-2013

 

10 TOP RISKS 2013

2013年のトップリスク10


5 - JIBs - Japan, Israel and Britain
リスクその5 JIB - 日本、イスラエルイギリス

 

There are three current global trends that matter most: China is rising, the Middle East is exploding, and Europe is muddling through. Set against a g-zero backdrop, the structural losers of these trends are the JIBs, countries impacted most directly and problematically by changes now underway in the geopolitical order.

 

国際社会で現在、最も大きな懸念とされる3つの要素は;中国の台頭、一触即発の中東、混沌とするヨーロッパだ。無極化する世界を背景とするこのトレンドの中で、構造的に負け組となるのがJIB(日本、イスラエルイギリス)である。この三国は地政学的秩序の中で進行する変化により、最も困難かつ問題のある影響を受けている。


These countries find themselves in very similar positions-for three reasons. 1) Their special relationships with the United States no longer carry quite the

importance, or centrality, that they used to. 2) They sit just outside the major geopolitical changes underway-and have few available means of playing a constructive role in them. 3) Key domestic constraints in all three countries (political, social, historic, and otherwise) make it particularly difficult for these countries to respond effectively to the challenges posed by these changes.

 

この三国は、以下のいつの要因から非常に似通ったポジションに置かれていると言える。
1)それぞれの持つ米国との特別深い関係の、重要性、核心性が薄れつつある。
2)進行する大きな地政学的変化の蚊帳の外で、建設的な役割を果たす手段をほとんど持たない。
3)主要な国内的制約(政治的、社会的、歴史的、その他)により、これら三国は効果的な変化への対応が、殊更、困難であること。
 

 

Japan faces a much tougher relationship with China, one that’s far more difficult to navigate than other countries in Asia. Unlike other Asian countries, where China’s leaders believe that the power balance (and the presence of Chinese minorities) benefits them sufficiently to allow for an incremental strategy, Japan is too big for that. Further, Japan doesn't have as much importance for China to be concerned about the potential downside--China no longer needs Japan’s investment dollars because it can get much the same technology from South Korea and Taiwan. Accordingly, China is increasingly prepared to provoke. With the new Japanese election, the potential for Japan to give the Chinese further excuse to lash out is high. Dangerous geopolitical conflict is on the horizon in 2013 (also see risk #7.) It's probably the single most important, and dangerous, geopolitical conflict on the horizon in 2013, and Japan has little capacity to avoid it.

 

日本にとって中国との関係は厳しいものがあり、他のアジア諸国と比べてずっと困難かつネガティブなものである。
中国の指導者らは、パワーバランス(および中華系マイノリティの存在)が膨張する中国の戦略の効率的実現に資すると考えているが、他のアジア諸国と違い、国家規模が大きい日本には通用しない。さらに、中国にとっての日本の重要性が潜在的に定価していると見られる。中国は、同じ技術であれば韓国台湾から得られるため、日本からの投資を必要としなくなっている。また日本の新政権の誕生が、中国に攻撃をしかける口実を与える潜在性を秘めている。2013年には、危険な地政学的衝突の兆しが見えている。これはおそらく、2013年で最も重要かつ危険な、差し迫った地政学的衝突で、日本はこれを回避する能力が限られている。

 


Great Britain is damned if they do and damned if they don’t with the European Union. If they stay in, they will become more marginalized as the Eurogroup plays a larger role, they are increasingly “takers” on a bunch of regulatory issues. If they don’t, they face a Europe that will be increasingly heading in a very different direction in terms of economic and regulatory models. Great Britain's "best of both worlds" with Europe will become unsustainable--Britain won't necessarily exit (certainly not this year), but its decision to remain at the margins of the continent and its changes will prove economically problematic.

 

イギリスは、EUに残るも地獄、離脱するも地獄。EUに留まれば、ユーロ圏の役割が大きくなるにつれイギリスの存在意義は低下し、山積する法規制の課題に関しては次第に受身になっていくだろう。EUから離脱すれば、経済や法規制モデルに関して、ヨーロッパとは次第に大きく方向性を異にするだろう。今後、イギリスとヨーロッパの「双方のいいとこどり」は継続困難になる。イギリスEU離脱すると決まったわけではないが(今年中に離脱することはまずない)、大陸の端として残るという選択と変容は、経済的な問題を呈すことになるだろう。

 


Israel faces the erosion of moderation and increasing tension between Shia and Sunni extremists, who will compete for influence. The countries they could historically work the most closely with in the region--Egypt and Jordan--are now under tremendous domestic strain and are likely to become at best problematic occasional colleagues, at worst directly antagonistic. Turkey hasn't the same domestic turmoil, but Prime Minister Recep Tayyip Erdogan sees advantage in being ahead of the crowd and has turned against the Israelis, and the traditional alliance with the United States buys them less than it used to. The good news: they have the security advantages. But that's increasingly the only good news they're seeing. Given all the trouble, it's a critical time for the Israelis to get truly serious on resolving the Palestinian conflict, but with domestic political trends in Israel moving the country in the other direction, that's implausible. 

 

イスラム教シーア派およびスンニ派間で起こる、穏健派の弱体化と過激派間の緊張増大に直面するイスラエルは、支配力競争を強いられることになるだろう。
域内で、イスラエルが従来緊密に協力してきた国--エジプトおよびヨルダン--は、国内が極度の緊張状態にあるり。これらの国々は、一時的には問題の多い同盟国になりうるが、最悪の場合は敵対することになる。
トルコにはそのような国内問題はないが、エルドガン首相は反イスラエルに転向し域内を先導することに利を見出しており、また、従来の米国との同盟関係で引き止めることが難しくなっている。好材料としては、安全保障的なアドバンテージだ。しかし、安全保障以外の好材料が次第になくなってきている。あらゆる問題が発生する中で、イスラエルは真剣にパレスチナとの紛争を解決する重大な時期に来ているが、信じがたい事にイスラエル国内の政治的情勢は別方向に動いている。


++++++++++

 

 

まあ、建国以来の紛争国であるイスラエルはともかくとして、日本は台頭する中国に飲み込まれるアジア地域で割を食っている、イギリスは、債務問題でゴタゴタするEUのとばっちり、いずれも存在感の低下が原因と言っているようなんですが、少なくともこの二カ国が地域の安定を脅かす火種とは書いていませんね。

 

しかも、ユーラシアグループの発表した10のリスクには、アメリカ中国EU新興市場もリスクとして列挙されています。

 

その中から、JIBsっていう新概念(というより、ユーラシアグループのブレマーさんが、10のリスクをまとめる都合上、似たようなリスクにさらされている三国を一括りにしただけ)を抽出して、ユーラシアグループの発表以外の各所からの発言をツギハギしてミスリードする、日経新聞の作文能力には脱帽しますわ。

 

よっぽど気に入ったんですかね、JIBsっての。流行らせようとか考えちゃってる?

 

 

それでも、

 

「これはミスリードではない!!」

 

「ちゃんと読めば、日経の言っていることは間違いじゃないって分かる!!」

 

とかって、反論する連中が湧いてきそうな気もしますが、しっかりミスリードされている例もありますんで、ご紹介しておきますわ。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

東亜日報: 親米3国「JIBs」は世界のトラブルメーカー
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013012915918

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



NY上院が寝言を垂れてる

慰安婦は「人道への罪」 NY上院が決議採択

旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、ニューヨーク州上院は29日、慰安婦は「人道に対する罪」だと指摘する決議を採択した。上院関係者が共同通信に明らかにした。

決議案は、日本がアジアや太平洋の島々を植民地にしたり占領したりした期間に、約20万人の若い女性が「慰安婦システム」に強制的に組み込まれたと指摘している。米国では2007年7月に連邦議会下院で日本政府に公式謝罪を求める決議が採択された。

韓国メディアによると、米国では昨年9月にもニュージャージー州議会に同種の決議案が提出されている。当初提出されていた決議案は日本政府に「歴史的責任を認め、未来の世代にこれらの犯罪について教育する」ことや、被害女性らへの謝罪を求めていたが、採択された決議にはこうした内容は盛り込まれていない。(共同)

 

 

 

そういう寝言は・・・

 

 

 朝鮮人の慰安婦ババアどもが、嘘つきでないことを証明してから言え。

 

 三度の飯より売春が大好きな、朝鮮人慰安婦を通常の手段で

 募集しても集まらないことを証明してから言え。

 

 200万人の兵隊に対して売春婦20万人が、供給過剰でないことを

 証明してから言え。

 

 

 

 

おい!九条信者!出番だぞ!

天声人語 2013年1月26日(土)付

 

海外の任地から降り立ち、入国審査に進む時の「帰郷感」は忘れがたい。
冬であれば、あちらでは拝めない高い空が楽しみだった。
こぎれいな到着ロビーも、日本語の広告もうれしかった。そうした感慨とは無縁の帰還もある

 

▼アルジェリアでテロに遭った方々が、政府専用機で羽田に降りた。
過半は棺(ひつぎ)に横たえられて……。給油地のフランクフルトを経て17時間。
この遠さが、熱砂のガス田開発にかけた男たちの、覚悟と情熱を語る

 

▼日揮の社員ら、現地の日本人17人のうち10人が落命した。
最後にご遺体が確認され、専用機に間に合わなかった新谷(あらたに)正法(ただのり)さん(66)は同社の最高顧問、出張中の悲劇である。

身元確認の決め手が指輪の刻印だったと聞いて、愛妻家に合掌した

 

▼10人を助ける手立てはなかったか。むごい結末を受け、反省と対策が語られている。
友好国と通じてテロ情報に強くなる、アフリカ支援を広げる、そして自衛隊に邦人救出を担わせる、などだ

 

▼自衛隊は今、現地の安全を確かめないと出せない。
そこで安倍政権は、危なげな地にも送り、邦人を守れるようにする法改正に動くらしい。
自衛隊が操る政府専用機の活用は、「普通の軍隊」への露払いにも見える

 

むろん、テロ攻撃への対応は企業の手に余る。では米英仏のように、重武装の特殊部隊を待機させておくか。これも論外だ。

丸腰と重武装の間に正解があるとも限らない。
誰より意見を聴くに値し、述べる権利もあった10人は、祖国から永遠(とわ)の旅に出る。

http://www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_gnavi
 

 

 

 

>むろん、テロ攻撃への対応は企業の手に余る。では米英仏のように、重武装の特殊部隊を待機させておくか。これも論外だ。

 

 

ああ、そうだねぇ。

 

アカピー、おまえら九条信者が、危険地帯に出向いて言って人の盾になりゃいいんじゃねーの?

 

九条があれば大丈夫なんだろ。

 

 

 

 

実名がわかったところで、この程度

 

こんな情報必要ですか?

 

 

○○さんは、貴重な人材だったとか、努力家だったとか。

 

××さんのお母さんは、仮設住宅住まいだとか。

 

 

 

もちろん、大変な事件に巻き込まれた被害者ですので、遺族の了解があるならある程度のプロフィールを紹介する意味はあるかもしれませんが、実名の報道は勘弁してくれと言っている遺族の意向を無視して、被害者全員の実名を公表させてまで書くような記事なの?

 

 

産経は別の記事で「実名公表しないことでネットで不確かな情報が流れて混乱をきたしている」とか言ってますが、具体的にどんな混乱があったわけ?で、その混乱が本当にあったとして、アンタらが書いたこう言う記事でその混乱とやらは収束したわけ?

 

 

いや、ホント意味ないと思うんだよね。

 

 

そんなことより、今後日本企業が海外で安全に事業展開するにはどうしたらいいか、現地に乗り込んでいって、現地情勢を詳細に取材してきたらどーよ?

 

外国の通信社ばっか、当てにしてないでさ。

 

 

 

 

そんなことより、犯罪者の通名報道をやめてください

<アルジェリア事件> 日本人「匿名」に友人ら募る焦燥感

 

「無事なのか、それとも……」。アルジェリア人質事件の発生から23日で1週間。プラント大手「日揮」(横浜市西区)や協力会社では、事件に巻き込まれた日本人社員のうち7人の生存と7人の死亡が確認され、3人の安否が不明だ。しかし、氏名などは一切公表されず、親族以外は消息を知ることができない。無事を願って送ったメールに返事が来ない友人や恩師らは、不安やいらだちを募らせている。

 

 「もし(人質が)お前でなければ、メールしなさい」。長岡技術科学大名誉教授の石崎幸三さん(66)は事件発生翌日の17日、胸騒ぎを覚えながらパソコンからメールを送った。宛先はかつての教え子、木山聡さんだった。

 その日、中東の放送局アルジャジーラが、日本人の人質「サトシ・キヤマ」さんに電話インタビューしたと日本で報じられた。それを受けて日揮は、木山さんが社員として現地で働いていることを明らかにした。

 日揮は木山さんのその後の消息を明らかにしていない。石崎さんのもとには、彼の安否を尋ねる知人たちからの電話やメールが山ほど来るが、肝心の木山さん本人からのメールは23日現在も来ていない。「海外の報道によると負傷しているようだ。向こうにいることは分かっているが、何の発表もなく状況が分からない。とにかく無事を祈るしかない」。今も落ち着かない日々を送っている。

 無事が確認された社員さえ名前が公表されていないことに、戸惑う人たちもいる。

 東京都内に住む40代の男性は昨年、日揮に就職した同級生に久しぶりに再会し、「アルジェリアで働いている」と聞かされた。同級生が砂漠にいる写真も見たことがあるという。

 友人が現場となったイナメナス近郊のガス関連施設にいると聞いたわけではないが、事件後、心配になってメールを送り続けている。しかし返信はない。「どうなっているのか心配だし、まったく関係ないかもしれない。せめて無事な人の名前が分かれば……」。男性はもどかしさを口にした。

 

◇政府非公表「遺族感情に配慮」

 

 アルジェリア人質事件の日本人犠牲者7人について、政府は「ご家族は大変悲しみ、動揺している。日揮と相談し、氏名公表は避けてほしいということだった」(菅義偉官房長官)との理由で氏名を明らかにしていない。

 日本では、事件や事故の犠牲者の氏名について、遺族感情を理由に開示しないケースが徐々に広がっている。

 転機の一つは、05年に小泉純一郎政権が閣議決定した「犯罪被害者等基本計画」だ。被害者を実名・匿名のどちらで発表するかを警察の裁量にゆだねた。

 これに対し報道機関側は一貫して実名発表を求めてきた。当局側に「情報操作」を許す恐れがあるためだ。日本新聞協会と日本民間放送連盟は05年12月、共同声明を出し「匿名発表では、被害者やその周辺取材が困難になり、警察に都合の悪いことが隠される恐れもある」とした上で「実名発表は直ちに実名報道を意味しない」と、自主的な匿名報道もあることを説明。今回は新聞、通信、テレビ局でつくる内閣記者会が22日、被害者などの情報開示を首相官邸に申し入れた。

 被害者や家族の間には、取材や報道に厳しい批判がある。しかし「名前は被害者の尊厳の象徴」「事件の風化を防げる」などとして実名の公表や報道を望む声も少なくない。毎日新聞が05年に全国の犯罪被害者と遺族25人を対象にした調査では、19人が原則として実名発表を支持した。

 アルジェリアの事件では、生存者の氏名も伏せられ、現場で何があったのか、現段階で日本人の証言はほとんど得られていない。

 対照的に、フィリピンでは生存者がメディアに実名・写真入りで詳細に証言。また、英国では、最初に確認された英国人死者の遺族が同国外務省を通じて実名でコメントを発表している。【日下部聡、藤沢美由紀】
 

 

毎日新聞 2013年01月23日12時50分

http://news.livedoor.com/article/detail/7341247/

 

 

 

 

まーだ言ってんのかよ、毎日変態新聞は。

 

ってか、今度は、友人知人の口を借りて言わせてんの?

 

ハッキリ、言えよ。公表してくれないと、オメーラが遺族を襲撃する楽しみがなくなるって。

 

 

 

>しかし、氏名などは一切公表されず、親族以外は消息を知ることができない。

 

親族に分かれば十分です。

他に知らせたい人がいれば、親族から連絡があるはず。

 

 

>無事を願って送ったメールに返事が来ない友人や恩師らは、不安やいらだちを募らせている。

 

メールに返事が来ないなら、その程度の間柄ってこと。

たとえ生き残ったとしても、現地にいてメールなんか見るヒマあるとでも思ってんの?

亡くなった同僚のご遺体の搬送とか、同僚の遺族への連絡とか、本社への連絡とか、現地人スタッフの統制とか、現地警察への協力とか、いろいろやることあるんだよ。

 

むしろ、親族でもない癖に、とんでもなく大変な時にメールなんかよこすなよと、いらだちを募らせてるのは本人の方だろ。

 

 

>「もし(人質が)お前でなければ、メールしなさい」。長岡技術科学大名誉教授の石崎幸三さん

 

学者は世間知らずだな。メールしなさいとか命令したって、現場はそれどころじゃねーわ。

 

 

>石崎さんのもとには、彼の安否を尋ねる知人たちからの電話やメールが山ほど来るが

 

教授が教授なら、教え子も教え子だな。

恩師を安否情報センターと勘違いしてんのか?

まあ「山ほど」って表現が、毎日変態記者の盛りでなければの話だが。

 

 

>日揮に就職した同級生に久しぶりに再会し、「アルジェリアで働いている」と聞かされた。

>事件後、心配になってメールを送り続けている。しかし返信はない

 

40代になって久しぶりに再会した程度の関係で、こんな大変な時にメールを送り続けるのもどうかと思うよ。

もしかしたら、毎日変態記者の脳内同級生かもしれんが。

 

 

>「匿名発表では、被害者やその周辺取材が困難になり、警察に都合の悪いことが隠される恐れもある」

 

警察が何か隠蔽することで被害者やその家族が不利益を被るなら、被害者自ら弁護士かなんかを通して世間に発表するだろーよ。

警察の隠蔽より、オマエらの捏造の方が迷惑なんだよ、被害者は。

 

 

>「実名発表は直ちに実名報道を意味しない」

 

知ってた。

いつも、実名で発表しても、通名で報道してるからな。

 

 

>「名前は被害者の尊厳の象徴」「事件の風化を防げる」

 

だから、名前を公表してまで事件の風化を防ぎたい意思のある遺族なら、自分で発表するっつーの。

オマエらマスゴミが報道してくれなくても、今はYouTubeとか、ニコニコ動画とか、いろいろあるんだからさ。

 

 

 

 

海江田!ルーピー!オマエラはもう与党じゃないんだ

アルジェ軍が人質の脱出車両を誤爆か、多数死亡との情報
[ベルファスト 17日 ロイター] アルジェリアの天然ガス関連施設で日本人を含む外国人約40人が人質に取られた事件で、施設から無事脱出したアイルランド人の男性が17日、人質らが乗っていたジープ4台をアルジェリア軍が誤爆し、多数が死亡したようだと語っていることが分かった。男性の家族がロイターに明らかにした。

このアイルランド人男性は、他の外国人や現地の施設作業員らとともに拘束されていたステファン・マクファール氏で、家族に対して、脱出した5台の車のうち爆撃を逃れたのは自分が乗っていた1台だけだったと話したという。

マクファール氏の兄弟であるブライアン氏によると、人質らは車5台に分乗し施設を脱出したが、うち4台がアルジェリア軍の砲撃を受けたという。マクファール氏は何とか逃げ出したが、他のトラックに乗っていた人質は死亡したとみられるという。

マクファール氏の妻から話を聞いたというブライアン氏は、人質が口にテープを張られ、首から爆発物をぶら下げられていたようだとも語った。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE90H01720130118


 

 

日本政府の対応について、いろいろ言われていたようですが、

 

アルジェリアに対する安倍氏の要請が一番正しかった模様。

 

 

 

安倍首相、アルジェリア首相に軍事行動中止要請
【バンコク=池田慶太】安倍首相は17日深夜(日本時間18日未明)、アルジェリアのセラル首相と緊急電話会談を行い、「人命最優先での対応を申し入れていたが、人質の生命を危険にさらす行動を強く懸念している。厳に控えていただきたい」と抗議、軍事行動の即時中止を求めた。
  セラル首相は「危険なテロ集団で、これ(軍事行動)が最善だ」と述べた。一方、アルジェリアに到着した外務省の城内実政務官も17日午後(日本時間17日夜)、同国のメデルチ外相と会談し、同様の要請をした。
(2013年1月18日01時51分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130118-OYT1T00147.htm?from=ylist

 

 

 

それにしても、無能な味方ほど恐ろしいものはないとはよく言ったものです。

 

亡くなられた人質全員のご冥福をお祈りせずにはおれません。

 

 

資源関係の日本企業は、他の国の山師と違って、かなり真剣に国益を考えて事業をしています。

 

エネルギー確保は従来から日本にとって死活問題でしたが、最近の原発停止を受けて資源関係企業はアフリカから南米まで広範囲に事業を広げています。

 

今回の事件で、危険な国に進出した企業の自己責任のように言う声もあるようですが、資源など危険を承知で未開拓の地に乗り込んで行かないと手に入りません。

 

リスクを承知で乗り込んで行っているので、あくまでも責任は企業にあるのですが、目先の利益に目がくらんで、中国に進出して失敗する企業と同列に語るのだけは、お止めいただけないかと。でなければ、原発反対運動をお止めいただくか、エネルギーを利用するのをお止めいただくか。

 

少なくとも目先の利益で動いているのではありません。将来の日本の産業と生活を支えるために、目先どころか何年も先に利益が出るかどうか分からないような状況で、危険地に赴いて働いておるんです。あの人たちは。

 

 

 

ところで、海江田は何をやってるの?

 

ルーピーの中国訪問みたいに、余計なマネして撹乱するつもりか?オマエらは、もう与党じゃないんだぞ。

 

 

 

豪外相の発言訳文

 

前のエントリに関連して、某掲示板から面白いレスを拾ってきましたわwww

 

 

118: イリオモテヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2013/01/14(月) 21:58:34.31 ID:iR0DLkC10
 >>1のソースみてきたけど酷いわ

原文が

 

>causing concern in the United States is a falling out between Japan and South Korea
だから「懸念の原因としてるのはアメリカであってオーストラリアではない」と
色文字で強調してるけどその数行前に

 

>AUSTRALIA wants Japan and South Korea to resolve recent disputes between them
ってでてるじゃん
つまり日韓の歴史問題領土問題はアメリカの懸念であるしその状況はオーストラリアにとっても懸念だってことだろ

 

しかもこの議員
>an episode that was one of the darkest in modern history
とまでいってるわけで日本の首相が選挙前とはいえ見直しの検討を公言していたことを

one of the darkestとまでいっちゃってる時点で十分踏み込んでる

 

one of the darkestとまでいっあとに
>the acknowledgement be revisited
といってるってことは「日本軍を悪とする」河野談話の真実性を認めたうえでbe revisitedすることは誰も望んでないといってるわけで
見直すことは誰も望んでないっていってると受け取って間違いないと思う

オーストラリア外相がもし日本側に配慮して「どっちにでもとれる」ようにrevistをつかったならば
one of the darkestなんて発言をするとは思えない


 

 

この方、英文読解力がイマイチのようですね。本当に原文読んだんですか?

 

>>an episode that was one of the darkest in modern history
>とまでいってるわけで日本の首相が選挙前とはいえ見直しの検討を公言していたことを
>one of the darkestとまでいっちゃってる時点で十分踏み込んでる

 

one of the darkest in modern historyというのは、「河野談話の見直しを検討していること」ではなくて、「河野談話に書かれている内容」のことね。

 

 

まあ、発言の全容がつかめないと判断も難しいでしょうから、豪外相公式HPから河野談話に関する記者の質問と外相の回答を持ってきて訳文をつけましたので、こちらを参考に、豪州が懸念しているのは何か、one of the darkest in modern historyが何を指すのか、豪州政府は河野談話の「真実性」を認めているのか、その上で修正に反対しているのか、はたまた、朝日のミスリードなのか、私のミスリードなのか、各々判断ねがいますわwww

 

 

 

>>>>> カー外相公式HPより

 

QUESTION: Senator Carr, last week Kurt Campbell the US senior diplomat said he was very concerned that the relationship between South Korea and Japan had been undermined in the last year, and he urged Japan to start rebuilding that relationship which he said he was going to … [indistinct] Japanese officials when goes to Tokyo this coming week.
 

質問: カー議員、アメリカのカート・キャンベル外交官は先週、日本と韓国の関係がこじれていることに昨年来懸念を持っており、日本に対して関係改善に取り組むよう求めたと発言しました。彼は、次週東京を訪問する際、日本政府・・・[不明瞭]・・予定です。

 

 

Do you agree with his views, did you raise any of those sort of ideas with Kishida-san today? And could you outline what Australia’s position would be if Japan was to change some of the previous statements it’s made about historical issues on World War Two including the 1993 Kono Statement?
 

あなたは、キャンベル氏の考えに同意しますか?今日は、岸田氏とそのような考えについて話し合いましたか?
また、1993年の河野談話を含む第二次大戦における歴史問題に関する談話を修正する日本の方針に対する、豪州政府の立場を説明していただけますか?


 

And Kishida-san, could you explain to me — to us whether the new Japanese Government is going to make some changes to its previous positions, for example the 1993 Kono Statement?
 

そして、岸田さん、日本の新政府は、例えば1993年の河野談話など、これまでの立場を変更するつもりなのかどうか説明いただけますか?


 

BOB CARR: Across the the agenda of our talks, ourselves and Japan were in emphatic agreement. Japan is our most important partner and friend in Asia and is our second most important trading partner. We are in remarkable agreement in the way we view the strategic challenges in the region. Both of us are allies of the United States, for example.
 

カー外相: 会談のあらゆる議題において、我々と日本は確固たる合意に至っています。日本は、我々にとって最も重要なパートナーでありアジアの友人であると同時に、第二の貿易パートナーです。アジア太平洋地域における戦略的課題への展望については、特に意見が一致しています。例を挙げれば、両国と米国との同盟関係の維持などです。


 

We spent some time discussing the Korean Peninsula. I said Australia will work closely with Japan when it comes to crafting a resolution in the Security Council that … [indistinct]… sanctions against North Korean given the destabilising impact of their recent missile launch.
 

朝鮮半島情勢についても、少し話し合いました。私は、最近のミサイル発射により情勢が不安定になり、安保理が・・・[不明瞭]・・北朝鮮への制裁を決定し実施する場合、豪州は日本と緊密に連携すると話しました。

 

 

At the time of that launch I expressed Australian solidarity with both Japan and the Republic of Korea faced with this illegal behaviour — condemned by the Security Council and contrary to resolutions of the Security Council — by North Korea.
 

また、ミサイル発射の際、北朝鮮による不法行為-安保理によって糾弾されている安保理決議違反ですが-に直面した日韓両国と豪州の関係は強固であると表明しました。

 

 

Therefore the overriding consideration here is to enhance security and peace in north east Asia. And that is helped if there is agreement and cooperation that has [indistinct] between the Republic of Korea and Japan.
 

つまり、最優先に考慮すべきは、北東アジアの安全と平和の強化です。そして、日韓両国の間に・・[不明瞭]・・合意と協力があれば、その助けとなります。

 

 

[Audio skips] Australia as we look forward to our [audio skips] of any differences between them, and the issue of the Kono Statement of 1993. We’ve acknowledged that that statement was an acknowledgement of an episode that is one of the darkest in modern history and we [indistinct] that the acknowledgement be revisited.  
 

[録音スキップ]豪州は、両国の間のあらゆるギャップ、および、1993年の河野談話に関する問題の[録音スキップ]を期待しています。
我々は、河野談話が近代史の最も暗い出来事について(日本政府が)認識したものであると承知しています。我々はこの認識に立ち返ることを・・[不明瞭]。

 

 

 

アサヒる新聞「豪、河野談話見直し望まず」 豪「ちょ・・何言ってんかわかんない」

朝鮮日報:豪外相「河野談話の修正に反対」

慰安婦問題について、安倍総理は筆舌に尽くし難いつらい方々のことを思い、心を痛めている。この点は、歴代の総理と何も変わらない」

 岸田文雄外務大臣は13日、オーストラリアのシドニーで同国のボブ・カー外相と会談した後、共同記者会見を行った。この記者会見で岸田外相は、安倍晋三首相が河野談話を認めると解釈できる発言を行った。しかし安倍首相は総選挙で、従軍慰安婦問題で謝罪した「河野談話」は誤った事実に基づいた談話だと繰り返し主張しており、首相就任後は同談話を修正するための専門家委員会設置も表明した。

 岸田外相の発言は、オーストラリアのカー外相が「河野談話」の修正に反対する意向を明確にした後、同談話への立場を尋ねる記者の質問に答える形で行われた。カー外相は13日の記者会見で「『河野談話』は近現代史で最も暗い出来事の一つと認識している。オーストラリアとしては、(同談話を)修正することは望ましくないと考えている」と発言した。14日付の朝日新聞は、カー外相の発言について「菅義偉官房長官は(中略)『村山談話』は継承した上で、新たに『安倍談話』を出す考えも示しており、カー外相はこうした動きに懸念を表明したものとみられる」と報じた。また日本メディアの報道によると、カー外相の発言に先立ち米国政府の高官たちも、日本政府に対し「河野談話」を修正する場合には声明などを発表することもあり得る、と警告したという。さらにカー外相は、アジア・太平洋地域の安全保障について、日米との連携を強化すると述べながらも「中国を封じ込める考えはない」と語った。

 東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/01/15/2013011500378.html

 

 

 

さーて、14日のエントリの続報です。

 

 

さすが、朝鮮日報です。アサヒる新聞のミスリードの斜め上を行く、願望報道。

 

ついに、豪外相は河野談話の修正に「反対」していることになってしまいましたwww

 

 

 

で~わ、前回取り上げた報道をおさらいしてみましょう。

 

 

朝日新聞:豪外相「河野談話見直し、望ましくない」 日豪共同会見

豪州のカー外相は13日、岸田文雄外相との共同記者会見で、慰安婦問題で旧日本軍の強制性を認めた1993年の河野談話について「近代史で最も暗い出来事の一つであり、見直しは望ましくない」と述べた。<中略>

村山談話は継承したうえで、新たに安倍談話を出す考えも示しており、カー外相はこうした動きに懸念を表明したものとみられる。

http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201301130138.html

 

 

The Australian: Carr wants better Japan-SKorea relations

Senator Carr said the 1993 statement related to "an episode that was one of the darkest in modern history" and it was in "no one's interest that the acknowledgement be revisited".

http://www.theaustralian.com.au/news/breaking-news/carr-wants-better-japan-skorea-relations/story-fn3dxiwe-1226553076727
 
カー上院議員は、1993年の(河野)談話は、「近代史における最も暗いエピソード」に関するものであり、「その認識に立ち返る(revisit)ことは、誰の得にもならない(no one's interest)」と述べた。

 

 

 

アサヒる新聞さんは「見直しは望ましくない」

 

ジ・オーストラリアン紙さんは「その認識に立ち返って誰トク?」

 

だそうです。

 

 

では、当の豪外相はどのように言っているのでしょう。

前回の個人ブログとは別に外相の公式HPをお持ちのようですので、そちらを確認してみましょう。

 

Australian Minister of Foreign Affairs 公式HP

Australia as we look forward to our [audio skips] of any differences between them, and the issue of the Kono Statement of 1993. We’ve acknowledged that that statement was an acknowledgement of an episode that is one of the darkest in modern history and we [indistinct] that the acknowledgement be revisited.

http://foreignminister.gov.au/transcripts/2013/bc_tr_130113_press_conference.html

 

豪州政府は、両国のあらゆるギャップおよび1993年の河野談話の問題が[オーディオ・スキップ]を望んでいます。

我々は、河野談話が近代史の最も暗いエピソードに関するものであることを認識しており、かつ、その認識に立ち返ることを・・・[何言ってんかわかんねーよ]

 

 

[indistinct]とありますのは、外相のスタッフがスクリプト起こしの際、録音が聞き取れなかったと言うことですね。 

 

これは、The Australianの記事の "no one's interest that the acknowledgement be revisited" という引用部の"no one's interest" (誰の特にもならない)の部分にあたります。

 

The Australianは、no one's interestも含めてダブルクォーテーションで括っているので、同紙による作文ではないようです。

同紙の録音ではそのように再生されたということでしょうから、録音機材の性能の違いということですかね。

聞き取れないのを、そのまんまというのは一見テキトーなように思えるかもしれませんが、後からスタッフが本人に確認するなどしてスクリプトを起こすのは「改ざん」に当たるので公式文書としては、不明瞭と書くのが正しいやり方です。

 

た・だ・し、会見の河野談話に関する部分は、他と比べても録音をスキップしたり、不明瞭だったりが多いあたり、豪州政府の明確な見解を残したくない気持ちがよぉっく表れているように思います。

 

 

まー、しかし、こうなると、アサヒる新聞さんの「見直しは望ましくない」の、「見直し」という表現がミスリードだっただけでなく、「望ましくない」という表現まで完全否定されてしまうわけですが、この会見のどこをどう読み取れば「こうした動きに懸念を表明したものとみられる」のか。アサヒる新聞は、エスパーか?!

 

さらに朝鮮日報の「修正に反対」に至っては、願望作文も大概にしろよと・・・

 

 

 

いやはや、こんなオチがありましたとはねぇ。

 

 

アサヒる新聞 「豪政府、見直しは望ましくない」

 

朝鮮日報 「豪政府、修正に反対」

 

豪政府 「ちょ・・何言ってんか、わかんねーよ」

 

アサヒる 「え?」 

 

朝鮮 「え?」

 

豪政府 「え?」

 

 

 

 

お金は正直です

【速報】クルム伊達、世界12位から大金星あげる◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会2日目の15日、女子シングルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)が第12シードのN・ペトロワ(ロシア)に6-2, 6-0のストレートで勝利、初戦突破を果たした。
昨年ペトロワは、日本で行われた東レPPOで優勝を果たしていた。
勝利したクルム伊達は2回戦で、S・ペア(イスラエル)とA・パノワ(ロシア)の勝者と対戦する。
女子日本勢では、土居美咲(日本)が初戦を突破し、2回戦でM・シャラポワロシア)との対戦を決めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000302-tennisnet-spo
 

 

 

御年42歳の伊達選手、初戦突破おめでとうございます!

二回戦も頑張っていただきたいと思います。

 

しかし、テニスってのは爽やかでいいですね~。特に、怪しい採点競技と違って、ルールと勝敗が明確で。

 

そういえば、国際的に活躍する某国人はみませんねぇ。こういう競技には。

テニス、F1、陸上、水泳、多くの日本人が世界的にのびのびと活躍していて、バカ民族がいないので見ていて非常に気持ちがいいです。

 

 

一方、バカは相変わらずバカなことをやっているようですが、三連続ジャンプが1-1-1とか、ジュニア選手権ですかwww

しかも華麗な尻餅。

 

 

 

バカ民族は、浅田舞の発言に食らいついているようですが、バカなので芸術なんて理解できないんで自分たちこそ騙されているのに気づいていませんww

 

アイツら、本場ウィーンのオペラを見ても地味でつまらないとか、レンブラントの絵を見ても暗くて汚いとか言っちゃうぐらい、芸術を見る目が育っていないんですよ。っていうか、そういう教育しませんしね、あの国は。水泳ができないだけじゃないんですww

 

 

しかし、韓国フジテレビに洗脳された日本人のなかにも、キムヨナ信者がいるようですが、信者でなくともキムヨナの演技が良いのか悪いのか判断できない残念な日本人も結構いるんですよねぇ。

 

そういう方々にアドバイス。

 

 

モノの価値がわからないときは、マーケットの反応を見ましょう。お金は正直です。

 

なにも、審判の買収とか裏のお金の動きを追う必要はないんです。

 

表のマーケットを見れば一目瞭然。

 

 

未だかつて、フィギュアスケートのような人気競技で金メダルを獲得して、海外のスポンサーがつかなかった選手はキムヨナだけです。

 

さらに、金メダルを獲得しても、海外のアイスショーに一度も招聘されたことがありません。

 

世界的スポーツ用品メーカーも、ショービジネスのプロモーターも、あの金メダルには何の価値も見出していませんwww

 

 

お金は正直です。

 

安倍晋三が、経済政策の方向性を示しただけで、株高円安に動くのです。

 

 

お金は正直です。

 

集客できないゴールドメダリストを招聘するプロモーターはいません。

 

 

お金は正直です。

 

価値のないゴールドメダリストとスポンサー契約して、イメージダウンを図る企業はありません。

 

 

お金は正直です。

 

あなはた、お金を出してまで審査員好みの一回転ジャンプや華麗な尻餅を観たいですか?

 

 

 

 

捏造朝日新聞「豪、河野談話見直し望まず」 豪「そんなことは言ってない」

豪外相「河野談話見直し、望ましくない」 日豪共同会見

 【関根慎一】豪州のカー外相は13日、岸田文雄外相との共同記者会見で、慰安婦問題で旧日本軍の強制性を認めた1993年の河野談話について「近代史で最も暗い出来事の一つであり、見直しは望ましくない」と述べた。

 岸田外相は「慰安婦問題安倍晋三首相は非常に心を痛めている。歴代首相と思いは変わらない」と説明。「戦後50年の村山談話、60年の小泉談話を引き継ぐ」とも語り、植民地支配と侵略へのおわびと反省を表明した両談話を、安倍首相が継承するとの見通しを示した。豪メディアの質問に答えた。

 菅義偉官房長官は4日のインタビューで河野談話の見直しに慎重な考えを示しつつ、第1次安倍内閣が「政府が発見した資料に強制連行を直接示すような記述は見あたらなかった」とする政府答弁書を閣議決定したことにも言及。村山談話は継承したうえで、新たに安倍談話を出す考えも示しており、カー外相はこうした動きに懸念を表明したものとみられる。

 共同会見に先立つ外相会談では、アジア太平洋地域の安全保障面で米国との連携強化で一致。ただ、カー外相は会見で中国を封じ込める考えはない。日豪にとって重要なパートナーだ」と指摘した。

http://www.asahi.com/international/update/0113/TKY201301130138.html

 

 

 

いやはや、なんつーかものすごいミスリード。捏造朝日の真骨頂ですわwww

 

 

あたかも、豪州外相が戦時売春婦問題に高い関心と懸念を持っているかの如く書いていますが、他国の外交問題でどちらか一方に肩入れするような発言をするほど、豪州外相もバカじゃないんですわ。まあ、オーストコリアと言われてしまうような、アホ国家ではありますがね。第三国が、他国の争いに口出ししてもなんの利益もないことぐらいは理解しているんですよ。

 

 

それでは、現地の報道を見てみましょう。

 

Carr wants better Japan-SKorea relations

AUSTRALIA wants Japan and South Korea to resolve recent disputes between them in the interests of enhanced regional security, Foreign Minister Bob Carr says.

He met with Japan's new Foreign Minister Fumio Kishida in Sydney on Sunday, with security in the Asia-Pacific region high on the agenda, particularly following a recent missile launch by North Korea.

Complicating matters and causing concern in the United States is a falling out between Japan and South Korea over a territorial dispute and Japan's attitude toward its colonial past.

カー外相「豪州は地域の安全保障強化の観点から日韓関係の改善を望む」

カー外相は日曜日シドニーにて日本の岸田新外相と会談、主に北朝鮮による最近のミサイル発射にからみ、アジアパシフィック地域の安全保障を主要議題として話し合いが行われた。領土問題および過去の植民地支配に対する日本の対応による日韓関係の不和が、問題の複雑化とアメリカの懸念を引き起こしている。

http://www.theaustralian.com.au/news/breaking-news/carr-wants-better-japan-skorea-relations/story-fn3dxiwe-1226553076727

 

 

The Australian紙の報道では、領土問題と歴史問題(とやら)はアメリカの懸念の原因になっているとのことでして、別に豪州が何かを懸念をしているわけではないようです。ハイ。

 

 

そもそも岸田外相との会談では、「北朝鮮によるミサイル発射問題」が安全保障議題の中心であって、日韓関係の改善はその流れから出てきた要望なわけで、どうして朝日新聞では根本の「北朝鮮のミサイル」の「ミ」の字も出てこないんでしょう。

 

 

で、アカピーがあたかも日豪外相会談の中心議題であったかの如く書いている、追軍売春婦問題についてのカー外相のコメントですが、

 

Senator Carr said the 1993 statement related to "an episode that was one of the darkest in modern history" and it was in "no one's interest that the acknowledgement be revisited".

 

カー上院議員は、1993年の(河野)談話は、「近代史における最も暗いエピソード」に関するものであり、「誰もその認識をrevisitしたいと思っていない」と述べた。

 

あ、コレ記者会見でのコメントね、会談で発した豪州の公式見解でもなんでもなく、記者の質問に答えたものねwww

 

英作文的ポイントは、最後の"revisited"って単語ですね。

 

これは、本来「再訪」という意味で、その派生として「再検討」などの意味合いに使われることもありますが、必ずしも日本語の見直しのように「修正」の含みを持つ言葉ではありません。どちらかというと「立ち返る、ほじくり返す」というニュアンスです。

 

 

南半球の片田舎とはいえ、さすが、英語のネイティブスピーカー。英語の使い方が巧みです。

 

これが"revise"を使えば「修正する」ことは誰も望まんになりますし、"review"を使えば「再検討」すら誰も望まんてことになります。

 

 

そこで、より曖昧なというか、受け取り方によっては日韓どちらの味方にもなれる"revisit"「立ち返る」ですよ。

 

「そんな問題、何度も触れたくねーわ誰も」と受け取っていただいても、「見直すなと言っているニダ」と受け取っていただいても結構です。

 

しかも、ご丁寧に主語を「豪州」とせず、"no one"とした他人事っぷりも素晴らしい。満点です!

 

そもそも、「村山談話を継承した上で安倍談話を出すなんて動き」なんざ誰も知らんわ、南半球では。というか、大陸の盲腸半島の南部以外では。

 

豪州の公式見解でもなんでもないコメントを、豪州の要望のように書く。アカピー本領発揮ですね。

 

 

それから、これですね。

 

>「中国を封じ込める考えはない。日豪にとって重要なパートナーだ」

 

まあ中国が豪州にとって重要なパートナーなのは本人が言っているので間違いないんでしょうが、豪州外相とて馬鹿ではないので、日本にとって重要なパートナーかどうかなんて決められませんし、そんなこと言いませんて。

 

Ties with China, Japan can co-exist: Carr

"None of this is about containment of China," Senator Carr told reporters after the meeting. "We're about strengthening our relationship with Japan and recognising that that can co-exist with a strong and indeed strengthened relationship between us and China. International relations is not a zero-sum game."

http://www.theaustralian.com.au/national-affairs/foreign-affairs/ties-with-china-japan-can-co-exist-carr/story-fn59nm2j-1226553115969

 

会談で、尖閣問題が安全保障問題として俎上に上ったことに関しては、「中国封じ込めについて話し合ったわけではない。外交はゼロサムゲームではないので、どちらとの関係も両立できる」と言っているだけです。中国を封じ込める考えはないなどとは言っていません。そりゃ、そうです。豪州だって、中国がウザくなれば封じ込めなければならなくなるので、そんな発言するわけがないんです。ましてや、中国が日豪にとって重要なパートナーなどと・・・

 

さすがアカピーの捏造脳。KYって誰だ?には及びませんが、いや、むしろ捏造の度合いがソフトなだけに巧みなミスリードですね。

 

 

まあ、二国間問題で第三国の外相が、どちらか一方に肩入れするような発言はしないのが普通です。

 

そんなわけで、この日の会談の内容についての本人のブログには、慰安婦どころか支那や南朝鮮の名前すら出てきません。

http://bobcarrblog.wordpress.com/2013/01/14/australia-japan-talks-development-regional-security-whaling/

 

安全保障問題については、北のミサイル、ついでアフガニスタンなどの問題も話し合ったと本人は言っています。アカピーは、隠蔽していますが。

 

会談で話し合われた内容を隠蔽し、会談後の記者会見で記者に促されて回答させられた内容を、あたかも日豪会談の主要議題であるかの如く報道する。日本の腐れマスゴミには、よくあることです。

 

 

 

ただ、The Australianの記事に書かれている、カー外相のこの発言は本音ですね。

 

"Because both nations are such good friends of Australia's, we look forward to a resolution of any differences between them."

「日韓両国は、豪州にとって重要な友好国ですから、両国間のギャップが解決されることを望んでいます」

 

 

なにしろ、韓国豪州にとって日本に次ぐ大きな輸出先なんですが、日本がバ韓国の債務保証をしてくれないと、輸出代金が回収できなくなるので日韓関係が悪くなると夜も眠れなくなるんですよ。

 

ただ、こういう発言を、中韓北に都合の良いようにモディファイして報道するのが、日本のバカマスゴミの得意技だということを認識して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

【寿司】韓国起源を粉砕する!!

『寿司は韓国起源だったのか、、、』韓国風寿司に賛否両論

http://kizitora.info/archives/22029150.html

 

https://www.youtube.com/watch?v=KHC6epzzSco

 

 

 

ここ数日、各所で話題になっているYouTubeの動画です。

 

韓国のねぇちゃんが、韓国式海苔巻きを作っています。

 

まあ、そりゃいいんですが、コメント欄を見ると例のごとく「寿司は韓国起源」と主張するバ韓国人がワラワラと、湧いて出て・・・

しかも、ワケわからん方向に起源の主張が進化(?)していますね。

 

韓国人は、日本人よりも700年早く海苔を食べていたとか。

 

生魚を食べるのは、日本文化じゃないとか。

 

 

バカも休み休み言え。

 

 

というわけで、海苔について。

 

 

海苔巻きの海苔は、ご存知、板海苔と申しまして、そのサイズは全形21cm×19cmと決まっています。

 

この規格は、昭和41年にそれまで様々あったサイズを業界が統一して決められました。

 

 

このサイズは、浅草紙の大きさ。お若い方はご存知ないかもしれませんが、日本伝統のティッシュペーパー、ちり紙というヤツですね。

 

紙漉きの技術を応用して作られる板海苔は、東京の大森が発祥と言われています。

 

当初は、いろいろな紙漉きの型を利用して作っていたため、様々な大きさのものがあったそうですが、現在の規格に採用されたのが浅草紙の大きさの紙漉き型。まあ、いろいろ試して、一番使いやすい大きさだったんでしょう。

 

 

で、バ韓国で売られている板海苔の大きさも、なぜかこの規格。

 

日本より700年も早くから海苔食ってたんじゃないのか?

 

バカなので、日本が韓国の規格をマネしたとか言い出しかねないですが、そもそも朝鮮半島には便所もなければ「ちり紙」なんてありませんでしたから。

 

したらしっぱなし。洟が垂れたら、手洟をかんでそのまんま。

 

 

いや、汚いですねぇ。それで、魚の生食文化とか寿司文化とか主張されても、吐き気を催すだけなんですが。

 

 

韓国海苔巻きの動画を見て、なんで沢庵なんだよ、しかもカニカマだし、いやそれ以前に日本式炊飯器と杓文字ってなんだよ?ってか、朝鮮に巻き簀なんかねーだろ、とまあツッコミどころを色々とご紹介申し上げようと思っていたんですが、便所の話でバ韓国人の主張を効果的に叩き潰し、かつ、それに惑わされ勝ちなアホ外人を納得させる論法を思いついてしまったので、手っ取り早くそっちを紹介しますわ。

 

 

 

 

皆さんにお聞きします。

 

韓国人は、寿司や刺身は韓国起源だと主張しますが、

 

I would like to ask you. 

Koreans insist that Sushi and Sashimi are Korean original, however...

 

 

 

 

あなたは、こんな人々が作った寿司や刺身を食べられますか?

Would you like to eat Sushi and Sashimi prepared by people like this?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな環境で作られた寿司や刺身を食べられますか?

Can you eat Sushi and Sashimi prepared in an environment like this?

(Korea early 20th century)

 

 

この写真を見て、生魚に食欲が湧きますか?

Would you wish to eat raw fish after looking this picture?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな所で採れた魚を、生で食べられますか?

Can you imagine yourself eating raw fish caught in the place like this?

(Korea early 20th century)

 

 

 

 

 

絶対に無理!!

IMPOSSIBLE!!!

 

 

 

 

こういう人が作ってくれた寿司や刺身なら食べたい。

I wish to eat Sushi and Sashimi prepared by woman like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

こういうところで。

in a beautiful place like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

 

 

<バ韓国人の起源主張にお困りの方へ>

この記事は、コピペ・拡散大推奨です。

そのまんま使っていただいても、応用して動画などを作成いただくのもご自由にどうぞ。

 

 

 

【女性元首】タカるだけなら主婦でもできる

ネット調査:女性首相「適任なし」66% トップは小池氏
 女性首相が誕生しないのは人材不足が原因−−。東北大大学院の吉田浩教授(公共経済学)は7日、そんな世論調査結果を発表した。調査は韓国大統領選で朴槿恵氏が当選したのを受け昨年12月26、27両日、首都圏の20歳以上の男女310人を対象にインターネット上で実施した。

 国会議員と首長の約20人の名前を挙げて首相にふさわしい女性を聞いたが「現在の日本には適当な女性がいない」との回答が66.5%を占めた。

 トップは小池百合子自民党広報本部長で8.7%だった。民主党蓮舫元行政刷新担当相が3.9%、自民党の小渕優子副財務相が3.5%で続いた。(共同)
http://mainichi.jp/select/news/20130108k0000m010043000c.html

 

 

 

二位じゃダメなんですか?のレンホーが二位というお笑いネタを除けば、妥当な話だと思います。

 

日本に女性首相が誕生しないのは、人材不足ってのはホントです。

 

 

以前にも書きましたが、何しろ当事者にやる気がないのでどうにもなりません。日本女性の大半が、キレイで快適な、できればイケメンがワンサといるオフィスに美しい装いで出勤し、皆からステキ!デキる女!と言われるオシゴトに就きたがっている状況なんで。

 

上司と部下の板挟みの管理職とか、イイオトコがいてもチラ見するヒマすらない専門職とか、ダサいしやってられないし。

 

 

とはいえ、日本女性の能力が他国と比べて劣っているのかといえば、必ずしもそういうわけではありません。

 

まあ、やる気のなさはダントツだと思いますが、それを許す豊かな生活環境があるワケですが、一方で、日本には女性社長が6万7千人ほど存在することも事実です。その大半が、中小企業経営者なので、大企業や政治家の女性率ばかり見ているメディアやサヨクや外国勢から日本の女性差別がフンダララ~と。

 

 

とはいえ、日本の大企業や日本国を見たとき、その巨大さと影響力の大きさは計り知れないものがあります。

 

 

特に日本という国は、陳腐化しすぎて腐臭を漂わしている洗脳フレーズ「小さな島国」でアタマがいっぱいの大方の国民が考えるより、ずーっとデカいんです。

 

 

売国経済新聞が、日本の名目GDPが世界三位に転落しただの、日本企業がバ韓国企業の後塵を拝しているだの大喜びで書いたりしていますが、二位に成り上がった中国には、なぜかいまだに三位に転落した日本からの援助が。

 

援助を受けての二位じゃダメなんですか?

 

ダメです。

基本的人権ゼロの中国じゃ、福祉や環境保全なんて考えなくていいし、他国への援助も中国の勢力範囲を広げる侵略だし、言論も通貨も統制し放題。外交にしたって、勝ってもいないのに戦勝国クラブの常任理事国で拒否権発動し放題。しかも、地方の首長の水増しに基づくGDPを恥ずかしげもなく発表してますし。中国の政治家に、大した能力は要求されません。ただし、共産党内での勢力争いに勝ち抜く必要がありますので、今のところ女性主席は誕生していません。ハニトラ要員なら、山ほどいますが。

 

 

一方、売国経済新聞が大絶賛するバ韓国経済など、GDPの規模は東京都と同レベル、対外債務(32兆円)が国家予算(22兆円)の1.5倍という、日本国経済に比べれば鼻毛のようなもの。

 

それでも、対外債務の大きさを考えれば、女性初の韓国大統領に就任したパク・クネにとっては、厳しい舵取りが要求される状況と勘違いするかもしれませんが、国家の借金ってのは、ギリシャなどを見ればわかるとおり、むしろ借りた者勝ちなんです。ギリシャの財政破綻で苦労しているのは、ギリシャ人でなくドイツ人。そう言えば、ドイツの首相も女性でしたねぇ。ご苦労なこって。

 

韓国の場合、サムスンは国家なりとはよく言ったもので、韓国経済を実質的に動かしているのはサムスンですから、首相が女性だろうとノムタンだろうと大きな違いはありません。

 

それに、サムスンが倒産というか韓国が消滅したところで、困る国があるかと言えば、どこにもないわけですね。むしろ喜ばれることもあるかと。こりゃー気楽でいいですよ。

 

 

つまり、女性国家元首を自慢しているのは、ほとんどが器の小さい発展途上国なわけで、その女性元首を日本に置き換えたところで、都道府県や市町村のトップレベルです。

 

 

一応、イギリスのサッチャー、ドイツのメルケルなど先進国の例もありますが、日本の経済規模からしたら大したもんじゃありません。

 

さらに、イギリスには英連邦、ドイツEUという、運命共同体のようなお友達クラブがありまして、内輪で仲良し外交を繰り広げたり、中国ロシアなどの大国にはスクラム組んで対応したり。日米安保条約があるとはいえ、日米運命共同体ではありませんから、日本の外交の難しさはコイツらの比じゃありませんから。

 

日本の国家予算は90兆円、税収は45兆円、軍事費は4.6兆円と控えめですが、途上国援助は世界第二位の2兆円。アメリカへの援助ともいえる外貨準備高103兆円、対外純資産250兆円、民間資産1400兆円、そして日本国民様から政府がお預かりしている債務残高が730兆円。

 

 

それだけデカい金を動かすわけですから、周辺諸国への影響は計り知れません。

 

韓国だけでなく、世界第二位のはずの中国までもが、安倍リスクだのアベノミクスだのと日本の新政権による経済・金融政策にヒステリックに反応するのも無理もありません。

 

まあ、それが怖くて民主党政権では白川を日銀総裁に据えて、金融対策をな~んにもやらずに円高放置してたわけですが。

 

 

カネがなくなりゃ、クレクレとタカるだけの弱小国家なら「専業主婦」でも元首になれます。

 

 

 

 

トイレットペーパー茶道家元「折り紙の起源は韓国ニダ」

折り紙の起源唱える韓国に折り紙作家「史実あるなら提示を」 
  韓流と言えば、映画や音楽などを思い浮かべる人が多いだろう。それらは韓国政府がバックアップし、国家プロジェクトとして海外への普及を行なっていることもよく知られている。
 だが、韓流普及活動は現代の芸能にとどまらない。なんとその一つに「折り紙」がある。
 2012年10月10日の中央日報に「モンゴルに広まる“折り紙韓流”…『宗主国は日本でなく韓国』」と題する記事が掲載された。記事では韓国の折り紙関連団体の一つ「紙文化財団」が、モンゴル・ウランバートル大学で「折り紙講師」資格取得のための講座を開いた様子がリポートされている。
 同財団のイ・ジュンソ事務所長は本誌取材に対し「折り紙の世界化運動」について「折り紙と紙文化を軸に国家間の文化交流と友好を拡大するもの」と説明する。
 
 問題は、同記事に書かれた次の一節にある。
韓国でも864年に道銑国師が折り鶴を投げて落ちた地点に玉竜寺を創建したという話が伝えられるなど、伝統では決して劣っていない。むしろ610年に高句麗の僧侶・曇懲が紙を日本に伝える時、折り紙も渡ったと推定される」
 
 しかし、「そのような史実を示す資料があるなら提示してほしいですね」と戸惑いがちに語るのは、世界7か国語で折り紙の普及サイトを運営し、第一人者として知られる折り紙作家の新宮文明氏だ。
 
 新宮氏によれば、日本の折り紙の伝統を辿ると『秘傳千羽鶴折形』に行きあたる。江戸時代後期の1797年に刊行された書物で、折り鶴、特に連鶴を折る方法が図解されている。現存する遊戯折り紙の書物としては世界最古とされるものだ。件の中央日報記事が正しいとすれば、折り鶴の歴史を覆す発見となるが、それを証明する史料は今のところ出てきていない。
 もちろん日本の折り紙の起源は江戸時代よりもさらに遡る。新宮氏が解説する。
 「折り紙のルーツには日本の歴史が密接に関わっています。遊戯折り紙よりもさらに古い『儀礼折り紙』の伝統を見逃してはなりません」
 大陸から高句麗を経て「紙」が伝わって以来、紙漉きの技術は日本独自の進歩を遂げた。今日に伝わる薄いが破れにくく、張りのある和紙の発明だ。たたむと折り筋が生きて様々な形に折ることができる。
 「和紙の用途が多様化するにつれ、平安時代頃から公家の間で贈答品などを紙で包む風習が始まったとされています。鎌倉期には京の朝廷と幕府の間で頻繁なやり取りがあったことから礼法が形づくられ、包みの風習が儀式化されます。室町時代になり、武家の間で包みの礼法(儀礼折り紙)がさらに広がったと考えられます」(新宮氏)
 例えば太刀を贈るとき、目録に銘や作者名を記入したことから生まれた言葉に「折り紙付き」がある。現在でも、由緒が確かなことを形容する言葉だ。
 鎌倉期に遡る「儀礼折り紙」のしきたりと、江戸期以降に見られる折り鶴に代表される「遊戯折り紙」の2つが、日本文化である折り紙の起源と言える。そして、折り紙文化が育まれた背景には優れた和紙が欠かせなかった。
http://www.news-postseven.com/archives/20130105_162220.html

 

 

 

最近、しきりに「韓国起源ネタ」が取り上げられておりますが、先般の歌舞伎の起源といい、日本の専門家が反論をするようになったのは本当に喜ばしいことでございます。

 

わたくしも、長きにわたって「韓国茶道はなぜ」シリーズを執筆してきた甲斐がございました。

 

 

さて、韓国における紙事情につきましては、シリーズ読者の方々にはすでにお馴染みでございますが、韓国伝統のトイレットペーパー茶道のエントリを再度ご紹介したいと思います。休日の午後のお茶請けに、お楽しみいただければと存じます。

 

 

 

茶の話(3) 韓国茶道はなぜトイレットペーパーを使うのか?

http://maaz2.iza.ne.jp/blog/entry/2518470/

 

韓国人が「茶道の起源は韓国」を主張して以来、既にに数年経ちますが、当初、韓国茶道を紹介する写真で最も衝撃的だったのがトイレットペーパーの存在でございました。
 
 この話題がネットを駆け巡り「韓国茶道」がお笑いの対象になりましたのはご存じの方も多いことと思いますが、近年では韓国人もこの可笑しさに気づき、トイレットペーパーを使わない茶道に変化させた模様でございます。

 

 

さて、なぜ韓国人は当初、「韓国茶道(笑)」にトイレットペーパーを用いたのでしょうか?
 21世紀に創設された捏造だからと言ってしまえばそれまでですが、本当の理由は「懐紙」の代替品となる伝統紙がなかったからでございます。
  
 「懐紙」は、平安時代に貴族が手紙や和歌をしたためたり、菓子を包んだりして使用したものが始まりです。
 
 当時、原料となる植物がよく育つ自然環境と製紙技術が両立しないと大量生産できない紙は貴重品として扱われ、文書や絵画に用いるのは一般的でしたが、菓子を包むなど日用品として用いるのは世界的にも珍しい文化と言えましょう。
 
 紙漉きの技術は中国伝来ですが、中国よりも自然環境に恵まれた日本では、中国よりも多くの紙が生産され、それに伴い日本独自の紙漉き技術も開発され、更に生産量が増えました。
 それにより紙の種類も増え、障子や襖、番傘、紙縒りなどの日常生活のあらゆるところに用いられるようになったのでございます。
 
 江戸時代に、浅草紙などの再生紙も多く作られるようになりますと、日常生活における紙の用途も広がり、現代のティッシュペーパーのような消耗品としても扱われるようにもなりました。
 店などを「ひやかす」という言葉は、浅草の再生紙作り職人が、煮溶かした古紙を冷ます間の暇つぶしに、買いもしないのに吉原をぶらついたことに由来すると言われております。
 
 また、江戸の町には塵一つ落ちていなかったとよく言われますが、くず紙を拾い集めて再生紙の製造所に売る商売が成り立っていたためでございます。
 
 江戸時代、町人や農民までもが識字率が高かった理由も、紙の大量生産と切り離して考えることはできません。
 文字を覚えるには、読書と習字が不可欠ですが、どちらも紙という媒体がなければ普及は困難なのでございます。
 ヨーロッパ中国などで、一般大衆の識字率が向上しなかったのは、紙の生産能力の違いにあったと言っても過言ではないでしょう。
 
 況してや朝鮮半島においては、14世紀に発明された庶民文字ハングルが、20世紀に日帝の手によりようやく日の目を見るようになりましたのも、朝鮮半島の紙事情を如実に示すものでございます。懐紙を知らない韓国人が、21世紀の韓国茶道(笑)でトイレットペーパーを用いてしまうのも無理からぬことでございましょう。
 
 とはいえ、読み書きを学ぶための紙すら手に入らなかった「哀号ー!」な歴史を華麗にスルーし、折り紙は韓国起源ニダと主張して憚らないのが韓国式ポジティブシンキングなのでございます。
 

 

 

 

民主党による売国ODAの実態が明らかに

ミャンマー円借款500億…麻生副総理が表明
【ネピドー=河野越男】麻生副総理・財務相は3日、訪問先のミャンマーの首都ネピドーでテイン・セイン大統領と会談し、同国に対し、今年度中に500億円規模の円借款(円建ての低利融資)を実施すると表明した。
安倍首相の親書を手渡し、官民挙げて経済協力を強める考えも伝えた。
円借款は、最大都市ヤンゴンの電力不足解消に必要な火力発電所の改修(190億円程度)、地方の道路・橋などの改修・新設(170億円程度)、ヤンゴン近郊のティラワ工業団地の開発(最大200億円)などに充てられる。
円借款には、ミャンマーのインフラ(社会基盤)整備を支援することで、日本企業の進出を後押しする狙いがある。一方、ミャンマーにとっては、資金面でのメリットにとどまらず、日本との関係強化によって中国への依存を減らすことが期待できる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130103-00000463-yom-pol


 

 

ミャンマーは以前から進出が進んでいますから、今回のは第三陣ぐらいの企業支援のためのインフラ整備を兼ねて中国包囲網を強化するという、麻生氏の政策としては取り立ててスゴイものではないと思いますが、現地で日本人墓地にお参りするあたりのソツのなさはピカイチですね。

 

今後、これまで手付かずだった、南米あたりの危険地帯との経済外交に手を伸ばしていくと予測しています。

 

 

 

それと好対照をなすのが、民主党の売国ODAです。

 

これを、見てくださいよ↓↓↓

 

Egypt to take US$392 mn from Japan for new metro line

Egypt will receive a US$392 million loan from the Japan International Cooperation Agency to fund the construction of Cairo’s fourth metro line, Egypt’s planning minister said on Monday after signing the agreement.
The amount is the first installment of a $1.28 billion loan that carries an interest rate of 0.2 percent, Planning and International Cooperation Minister Fayza Abouelnaga said.
The new line, costing an estimated LE15 billion ($2.49 billion), is to run from the northwestern suburb of 6th of October City via the site of a new Egyptian museum near the Pyramids of Giza to a district south of downtown.
Construction is set to begin in September and expected to take seven years to finish. Egypt last month inaugurated the first phase of the third line, running from the city center to the airport in the northeast.
http://www.egyptindependent.com/news/egypt-take-us392-mn-japan-new-metro-line

 

 

上記は、日本のJICAとエジプトが、地下鉄車両整備目的で3億9200万ドル円借款契約をしたという、昨年3月19日のエジプト・インディペンデント紙の記事なんですが、まあ、インフラ整備のための円借款てのはよくある話ですね。

 

 

ところがですよ!12月19日の同紙の記事によると↓↓


Egypt and Korea sign agreement for new metro trains

The government signed a contract Wednesday with South Korea for 20 air-conditioned trains to be used on the Helwan-Marg line of the Cairo metro.
The state treasury is funding the purchase of the Korean-manufactured trains, worth about LE2.16 billion (US$354 million), according to the Transportation Ministry.
The first line of the metro has the highest ride density among subway lines in the world, transporting about 2 million passengers a day, according to the government.
According to the agreement, Korean company Hyundai Rotem will work on the design, manufacture and supply of the trains for the next 45 months. The agreement also stipulates a 24-month warranty period, and Hyundai will conduct rehabilitation and maintenance of the trains for eight years after the end of the warranty period.
http://www.egyptindependent.com/news/egypt-and-korea-sign-agreement-new-metro-trains
 

 

この地下鉄車両の納入を受注したのは、バ韓国の現代ロテム。

 

 

受注額は、3億5400万ドル

 

 

日本からの年利0.2%の格安円借款3億9200万ドルから諸経費、外為差損等々差し引いたそのまんまの金額。

 

まさに、売国ミンスからバ韓国へのクリスマスプレゼント。

 

イタチの最後っ屁かよ!!!!

 

 

JICAのホームページによると、この事業は日本の技術の活用を謳っているSTEP円借款

 

本事業はエジプト政府の要請に基づき、本邦技術活用条件(STEP)(注1) をエジプトで初めて適用し、日本の鉄道技術の活用が期待されています。

(注1) Special Terms for Economic Partnershipの略。わが国の優れた技術やノウハウを活用して途上国への技術移転を通じてわが国の「顔の見える援助」を促進するために創設された円借款の供与条件。

http://www.jica.go.jp/press/2011/20120319_01.html

 

 

つまり、エジプト政府は日本の技術を望んでいたということです。

 

当たり前です。金利が格安と謂えども、エジプト政府は国民の税金で返済しなければならないのです。

 

しかも納入後24ヶ月の保証期間を過ぎてから、8年間もメンテナンス事業が続くのです。

 

駄物を納入された挙句、かの国の法則にトータル10年間も付き合わされるのです。

 

 

ミンスのこの政策は、日本国民にとっては売国、エジプト政府に対しては詐欺という、二重の極悪犯罪政策です。

 

 

イヤ、ものすごくイヤーな予感がするのは、「本邦技術活用条件(STEP)」の技術移転先がエジプトではなく、バ韓国の現代ということに既になっているのではないかという、売国ミンスならやりかねない、というか喜んでやりそうな極悪売国犯罪の三重奏・・・

 

 

 

さらに気になるのが、3月19日の記事に書いてある、コレ。

 

the first installment of a $1.28 billion loan

 

つまり、エジプトへの円借款の総額は12億8000万ドルで、今回の3億9200万ドルはその一回目。

 

 

売国民主政権は、その後のメンテナンス事業まで日本からの円借款で、韓国に金を流す気マンマンだったのです。

 

 

 

まあ、とにかくですよ。

 

これから我々日本国民がなすべきことは、官邸や外務省に、バカ民主のおかげで円借款によるエジプトの地下鉄事業が横取りされた事実を伝え、かくなる上は、これ以上の被害を食い止めるため「本邦技術活用条件」がどうなっているのか、まさか、エジプトに技術移転するフリして韓国企業に技術移転なんてことはしないよね、と念押しすることであります。さらに、総額12億8000万ドルの残りの事業まで、韓国に横取りされるような事態があってはなりません。

 

 

鉄道会社にお知らせしてあげるのもいいかもしれません。あの業界はJR東日本の新幹線パクられで骨身にしみているとは思うんですが、念のため。

 

 

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR