FC2ブログ

日経ビジネスのでわの守君www

★「乙武炎上」にみる、日本人の不寛容さの理由 余裕と「マイノリティ経験」が人を寛容にする 慎 泰俊

 

 突発的な出来事には、その偶然性だけによらない何らかの貴重な情報が含まれている場合が多い。

 数日前にあった、『五体不満足』で知られる車いすの元スポーツライター、 乙武洋匡さんのTwitterでの「騒動」についても同じことがいえるかもしれない。
ここでは、「思いやり」や「他者に対する寛容」というテーマで本件について考えてみたい。

 

 事実の概要は次の通り。5月18日の夕方、乙武さんは次のようにツイートした(店名は伏せています)。

 “今日は、銀座で夕食のはずだった。XYZというイタリアンが評判よさそうだったので、楽しみに予約しておいた。が、到着してみると、車いすだからと入店拒否された。「車いすなら、事前に言っておくのが常識だ」「ほかのお客様の迷惑になる」――こんな経験は初めてだ。

 

 お店はビルの2階。エレベーターはあるが、2階には止まらない仕組みだという。
「それはホームページにも書いてあるんだけどね」――ぶっきらぼうに言う店主。
「ちょっと下まで降りてきて、抱えていただくことは…」「忙しいから無理」
「……」「これがうちのスタイルなんでね」以上、銀座での屈辱。”

 そして、これに対してのTwitterは大荒れになる。
 

 店の対応の悪さに怒り乙武さんを励ます人がいる一方で、乙武さんに対して「事前に確認しておくのが当然」、「店の名前を晒すのはやりすぎではないか」という人々も相当数にのぼった。ざっとTwitterを見る限り、世論は半々といったところか。

 

 私が乙武さんの立場だったらやはりとても悲しい気持ちになるだろうし、勢い余って店の名前を載せることはあるかもしれない。
 

 また、私が店長の立場で、今日の仕事が本当に忙しかったら、ついつい配慮のないことを言ってしまうかもしれない。人間は聖人君子ではないのだから過ちは犯すものだし、それを受け入れる度量を私たちが持てたら素晴らしいと思う。山本周五郎は『赤ひげ診療譚』で、「罪を知らぬものだけが人を裁く。罪を知ったものは決して人を裁かない」と喝破しているが、これには心から共感する。

 

 しかし、今回の一連の騒動では、そこかしこで当事者でない私たちの不寛容さが散見された。 入店を拒否した店長を罵倒する人にも、乙武さんを責める人にも、そして、自身のTwitterで脊髄反射的に外野の人々の不寛容を批判した私自身にも。

 

 この不寛容は、一体どこからやってくるのだろうか。

 

●一般人の思いやりで成り立つノーマライゼーション

 

 最近ロンドンによく行くのだが、同じような出来事がロンドンであっても、こんな騒ぎはそもそも起こらなかっただろう。 

 

 車椅子の人が周囲の人に助けを求めて、周りの人が当然のように「いいよ」と言って階段の上まで車椅子の人をお店にまで連れていく。帰りは帰りで、お店の人が「どなたか、彼を下に降ろしてくれませんかー」とお客さんたちに声がけして、2、3人がすぐに「喜んで」とボランティアを買って出て、車椅子の人を下に運び出す。

 ロンドンの地下鉄には、ベビーカーを載せた人たちが乗ってくるが、通勤時の混雑している電車であっても、迷惑そうな顔をする人はいない。むしろ、赤ちゃんに何かないように周りが配慮する。エスカレーターやエレベーターのない駅も多いが、周りの人々が当然のようにベビーカーを運ぶのを手伝う。

 

日経ビジネス http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130521/248370/?bv_ru&rt=nocnt

 

 

 

 

日経ビジネスの慎 泰俊さんねぇ・・・

 

 

最近ロンドンによく行くんですか?そうですか?どのくらいの頻度で?

 

何年も海外に住んでいても、滅多に車椅子の人が周囲の人々に助けられている場面に遭遇する事はないんですが、慎君は良く遭遇するようですねぇ。珍しい。

 

 

まあ、そりゃいいんですが、日本の鉄道とロンドンの地下鉄の混み具合の違いを完全に無視して、同列に語るのはいかがでしょう。

 

ついでに、ロンドン市内にはエレベータもエスカレータもない駅なんてありませんよ。

 

郊外の地上駅の話をしてる?まあねぇ。日本の駅と違ってプラットフォームがフラットですから、もともとエスカレータもエレベータも要りませんわwww

 

 

それに、日本と違ってロンドンあたりじゃ、外食と言えば行きつけのパブなわけで、当然顔見知りが沢山いるわけで、車椅子で行こうが松葉杖で行こうが「喜んで」手伝ってくれるのも当たり前なんだわ。

 

それに、リフトのないビルの二階や三階にあるお店ってのも相当珍しいですよ。一階と二階があるお店ならありますけどねぇ、その場合、一階に入ってもらえばいいわけで。

 

ものすごい確率の場面によく遭遇されるんですねぇ。

 

 

プロのライターなら、前提となる背景の違いをきちんと説明しないとねぇ。

テキトーな作り話より、もっと為になるお話をしてくださいよ。せっかく日経ビジネスでライターやってるんだし。

 

知らないみたいだから教えてやるよ、慎君。

 

 

 

本当にバリアフリーな社会では、車椅子の人が事前にお知らせもしないで、介助のできる付き添いもつけないで、出かけるなんてことはないんですよ。

 

 

なにせ、本当にバリアフリーな社会では、障害者や高齢者が店で働いていても当たり前というのが前提なんで・・・

 

 

必ずしも、店に障害者を介助できる五体満足な人がいるとは限らないんですよ。

 

 

 

わかった?でわの守君wwww

 

 

 

 

スポンサーサイト



欧米ではwwwww

乙武さん入店拒否“騒動”で厚労相が答弁

田村憲久厚生労働相は22日、2階の飲食店を予約した作家の乙武洋匡さんが、車いすを理由に入店拒否されたとネットで明らかにしていることに対し「店員が協力して連れて行く努力をすべきだと思うが、店の状況や対応が分からず、これ以上のコメントは差し控えたい」と述べた。

 政府が国会に提出している障害者差別解消法案に関しては「民間事業者は、障害者への合理的な配慮が努力義務になっている。過度に無理がなければ、障害者に協力し、普通に生活できるようお手伝いしなければならない」と強調した。

 衆院厚生労働委員会で、日本維新の会、伊東信久氏に答弁した。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20130522-1131220.html

 

 

 

あまり興味のないネタなんですが、

 

なにやら、「欧米では考えられない」だの「欧米なら訴訟もの」とかいう「でわの守」が、息巻いているらしいので欧米かぶれのバカ共に教えてやる!

 

 

欧米では、健常な労働者の安全管理も義務付けられてるんで、1人の労働者に持ち運びさせられる荷物の重量の制限が労働基準法で定められている。

 

国によって違いがあるが、25キロ以下とか30キロ以下とか本人の体重の何%までとか。確か、日本の労基法でも定めがあるはず。

 

 

航空会社がスーツケース一個当たりの重量を制限するのはそのためだ。

 

でわの守共は、海外旅行もしたことないのか?!?

 

 

 

労働管理が厳しく義務づけられている欧米では(笑)、体重40キロのオッサンを1人で担いで階段登ってくれと言われて、お断りしても何の問題もない!!

 

 

 

店主と店員の二人で運べばいいだろなんて、寝言を言うなよ。

 

店のセキュリティ上、また、万一の場合の他の客の保安上、店を空けることはお断りしても構わない。

 

 

あたかも、日本がバリアフリーの後進国みたいに騒ぎたてているらしいが、件のオッサンはあの歳まで過去にそういうことで困った経験がないと言っているじゃないか。欧米でも、そんな話は聞いた事がないぞ。

 

どう考えても、日本のバリアフリーはメチャクチャ進んでいるとしか思えない。

 

 

 

日本で遅れているのはむしろ障害者の自立心と、障害者を一人前扱いしない自己陶酔者じゃねぇのか。

 

 

 

健常者イコール恵まれた人間じゃないんだよ。

 

健常者でも、運動音痴のオバちゃんもいれば、筋力ゼロのヒョロヒョロ男だっているんだよ。

 

エレベータのないビルしか借りられない、「資金に恵まれない」料理屋のオヤジだっているんだよ。

 

 

 

 

欧米ではな!(笑)

 

 

 

障害者にも、健常者に気遣う権利があるんだよ。

 

 

 

 

 

日韓交流?いいと思います!!

駐日韓国大使 関係改善へ交流を

韓国のシン・ガクス駐日大使が、今月末で離任するのを前に、NHKのインタビューに応じ、「両国の人が行き来しながら肌で相手を感じ理解すれば、心が通い合うと思う」と述べ、歴史認識などを巡って悪化した日韓関係を改善させるためにも、地方都市どうし、若者どうしの交流を一層深めることが重要だと強調しました。

韓国のシン・ガクス駐日大使は、およそ2年にわたる日本での駐在を終えて、今月末に帰国するのを前に、20日、都内でNHKの単独インタビューに応じました。
この中でシン大使は、日本との関係について、「両国の関係を健全な方向に持っていこうと努力してきたが、現状は厳しい状況にある」と述べました。
その一方で、在任中に東日本大震災の被災地に何度も足を運ぶなど、すべての都道府県を訪問した経験を踏まえ、長期的な視点で見れば両国の関係は前に進んでいるという認識を示しました。
そして、関係改善に必要なこととして、シン大使は「地理的な近さを生かして、両国の人が行き来しながら肌で相手を感じ理解すれば、心が通い合うと思う。両国が手を組めば、グローバルな面でも貢献できることが多いと思う」と述べ、具体的には、地方都市どうしや若者どうしの交流を一層深めることが重要だと強調しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130521/k10014720111000.html

 

 

 

ああ、そりゃいいですねぇ。ぜひ、やりましょう。

 

 

海外に住んでいる経験から申しますと、各国大使ってのはイベントに呼ばれるのが大好きなんですよ。

 

割とマジで。

 

大使を招待するなんて難しいと思ってるでしょ。そんなことないです。

ちょっとした団体やら、自治体やらのイベントなら、時間の都合さえつけば、ホイホイやってきます。

 

今は、日韓関係が冷え込んでるから、なお簡単でしょう。

 

 

あなたのご近所の町内会や保守系議員を取り込んで、「日韓交流イベント」を開催しましょう。

 

韓国大使は見栄っ張りなので、イベントの主催が大都市レベルに見えるよう「○○市」とか「××県」とか冠を付けるのを忘れずに。

 

韓国大使館以外に、招待状を送る必要はありません。

 

 

イベントのサブタイトルは、「日韓の未来のために、相互理解を深めよう」なんてどうでしょう。

 

 

そこで、プログラムに「韓国大使と住民の対話」なんてのを組み込んで、韓国大使を取り囲み和やかにQ&Aなんかやって「相互理解」を深めるといいですよwww

 

 

住民「大使、教えてください!日本統治中の朝鮮人の苦しみを!」

 

住民「この写真を見ても、どこが苦しかったのか分かりません。どこがどう苦しかったんですか?」

 

 

 

 

大使「インフラ整備したからといって、朝鮮人の苦しみがなくなるわけでは・・・」

付き人「ごにょごにょ・・・」

 

大使「官憲だ!日帝の官憲の横暴が朝鮮人を苦しめたニダ!」

 

 

住民「でも、朝鮮の議員の80%が朝鮮人だったようなんですが、朝鮮人が朝鮮人を痛めつけてたってことですか?」

 

 

 

大使「いや、日帝は我々から創氏改名で名前を奪ったニダ」

 

 

住民「朝鮮の官憲も、ほとんど朝鮮名で仕事してたみたいなんですが」

 

 

 

 

大使「いや、日帝は我々からハングルを奪ったニダ」

 

 

住民「コレ、当時の教科書なんですが・・・」

 

 

住民「コレ、慰安婦の給与明細・・・」

 

住民「コレ、慰安婦募集のビラ・・・」

 

住民「コレ、朝鮮戦争当時の米軍用朝鮮人慰安婦・・・」

 

 

住民「やっぱり、朝鮮人にはこういう生活が快適だったということでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

大使「ファッビョーーン!!!!」

 

 

 

 

 

まあ、このように和やかに大使を追い詰め、その様子を動画にとってアップロードして公開するといいでしょう。

 

 

なにも遠慮する事はありません。

 

海外で、日本大使がよくやられてることですから。

 

 

 

特会のような団体から、交流会への「招待状」を内容証明付きで、しつこく送るのもオススメです。

 

どうせ、断ってくるでしょうから、何度招待状を送っても対応しないチキン野郎と公表して赤っ恥をかかせるのも楽しみ方の一つです。

 

 

 

 

 

 

バカ発見器ツイッターにより、朝鮮人慰安婦斡旋の実態が明らかに

橋下ツイッターに群がる連中の正体がバレバレにwwww

 

橋下徹 @t_ishin
人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実。現代社会では、それは夫婦間で、また恋人間で解消することが原則になっているが、時代時代に応じて、様々な解消策が存在した。 日本以外においても軍人の性的欲求不満解消策にいわゆる慰安婦が活用されていたのは事実。
https://twitter.com/t_ishin
-----------------------------------
 

@***kudaribune
ヤクザの息子ぶり全開したね。性産業はヤクザのしのぎ、それは正当と思っていたね。
お前が娘を米軍慰安所に行かせたら。

@***gulisaem
橋下やその支持者は娘や妻だろうと差し出すと思う。家族の女は人間ではなく「家長」の所有物と
思っているだろうから。モノとして大事にしているなら、家長の意思で差し出せるということになる。

@***amiy2
「日本をはじめ完全なる職業選択の自由がある国で、法律上認められた風俗業を否定するのか」とした。
お前の娘にも「売春」斡旋してやれ。さすが飛田の守護神。

@***57577
橋下の意見ってこーゆーことか?「戦争やったから売春婦にさせられてもしゃーなかってんで。
男は頑張って戦ってんねん。だからHくらいさせたってもええやろ、レイプよりはええやろ。でもごめんな」
ぜひ自分の娘にも言ってくれヽ(`Д´)ノ

@***06Apho
おい、コスプレ変態市長の橋下トオル君。娘が希望すれば慰安婦にでも飛田の売春婦にでも
ならせてやるんだな?

@***n07
先ずは自分の娘らに米軍にでもなんでも慰安婦として出せ!必要なんだろうからね!
それから話せ(*`へ´*) てめえーの娘も出せないなら、今の馬鹿な発言やめて欲しい…

@***komasa
橋下は、自分の娘が「風俗嬢になる」って言ったら、どうぞご自由に、法律は守ってね、って言うんだろうか。
息子が「法律の範囲内で風俗に行ってきた」といったら、OKなんだろうな。

@***a7k
橋下はまず自分の娘でもやらせればいいね。
 

 

 

 

 

べつに、橋下の慰安婦容認発言に噛みつくのはいいんだけどさ、

 

 

この連中の頭の中では、娘は親のいいなりであることが大前提のようなんだけど。

 

 

娘にやらせろとか、妻や娘を差し出せとか、まるで女をモノ扱い。

 

 

コイツら、妻や娘の意思は、完全無視。

 

 

コイツらにとって、妻や娘に人権はないようです。

 

 

まさに強制。強制された慰安婦って、こういう思考回路からうまれたんですね。

 

 

 

 

ああ、これって娘の意思を完全無視して、慰安所の女衒に売り飛ばした朝鮮人の親と全く同じ思考じゃないですか。

 

 

 

なんだ、コイツら朝鮮人だったんか。納得。

 

 

 

 

【一億総火の玉】朝日新聞を謝罪に追い込め!

従軍慰安婦問題河野談話で曲解広まる

 従軍慰安婦問題1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。

 記事中には「主として朝鮮人女性を挺身ていしん隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。

 

宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。


 ところが、河野談話によりかえって「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。
 (2013年5月14日09時08分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130514-OYT1T00220.htm

 

 

 

さあ、面白い事になってまいりました。

 

ナベツネによる、橋下の援護射撃でしょうか。

 

 

読売の意図がどこにあるにせよ、チョンイル新聞こと朝日新聞に自ら広めたデマのオトシマエをつけさせるためには、利用できるものは何でも利用しましょう。

 

「この記事は素晴らしい!」「特集を組んでください!」「もっと詳しく知りたいです!」

 

などなど、読売に励ましのメールやら電話やらFAXやらを届けましょう。

 

読売新聞お問い合わせ http://info.yomiuri.co.jp/contact/

 

 

 

朝日新聞を謝罪に追い込んだら、スワップ延長や外交回復などエサをちらつかせ、このネタにパク・クネを飛びつかせ、慰安婦問題韓国側の主張は間違いでしたと国際社会に訂正させ、そのあとは・・・ケッケッケ

 

 

まあ、外交や経済がどうなっても韓国国民は気にしないんじゃないでしょうか。

 

「日本の悪辣な朝日新聞に騙されたニダ」と言って、恨をぶつける対象がある限りwwww

 

 

 

 

第二次大戦中の「強制された慰安婦」なんて、寝言を書いちゃうニューヨークタイムズのタブチ・ヒロコちゃんも目が覚めるんじゃないの?

 

 

Women Forced Into WWII Brothels Served Necessary Role, Osaka Mayor Says
By HIROKO TABUCHI Published: May 13, 2013


TOKYO — The mayor of one of Japan’s largest cities, who is seen by some as a possible future prime minister, drew an outcry on Monday after he said women forced into wartime brothels for the Japanese Army during World War II had served a necessary role in providing relief for war-crazed soldiers.
http://www.nytimes.com/2013/05/14/world/asia/mayor-in-japan-says-comfort-women-played-a-necessary-role.html?ref=hirokotabuchi

 

タブチ・ヒロコちゃんの御尊顔

慰安婦問題で、不名誉な名を残すような事にならなきゃいいけどねぇ(笑)

 

 

 

プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR