FC2ブログ

朝鮮半島が日本の茶道に何の影響も与えていない、明らか過ぎる証拠

前のエントリのコメント欄で、相模様への返信として書いたのですが、

 

茶道具のコレクターを「数寄者」と言います。

 

「すきしゃ」と読みます。「スキモノ」ではありませんwww

 

 

ですが、数寄という言葉は、「好き」という言葉に別の漢字を当てたものですので、「スキモノ」でも当たらずとも遠からずです。

 

「好き」を「数寄」と書くとか、なんだか「四六死苦」みたいなノリですが、「スキ」という音に「数を寄せる」という字を当ててコレクターを表すって、結構、良くできた言葉なんですよ。

 

 

そんな数寄者は、オタクなスキモノとでも言いましょうか、とりわけレア物集めが大好きです。

 

もちろん有名作家の高価な作品にも食指を動かされますが、世界中にコレ一つしかない系には目がありません。

 

オレだけが持っている世界で唯一の茶道具を、ライバルの数寄者達に見せびらか・・・口が滑った。お客様にご覧いただく茶席は、オタクの集う超小規模なコミケ会場のようなもので・・・って全然フォローになってないです、数寄者の皆様すいません。

 

 

そんな茶道具オタク、もとい、数寄者がどのくらい変態・・・じゃなくてエキセントリックな趣味をお持ちかと言うと、

 

 

間違っても二つと同じものを作れない、欠けた茶碗を金接ぎで修復したものとか、

 

 

 

 

やつれ鉢と称して、端の欠けた鉢をそのまんま使うとか、

 

 

 

 

原型をとどめない、壊れ放題の風炉に茶釜をかけるとか・・・・・・

 

(写真:いずれも阿部宗正著「茶席の会話」より拝借)

 

 

茶席でこういったものを用いては、ライバルの数寄者に

 

「大変お珍しいお茶碗で・・・」

「やつれ具合に風情のある菓子鉢で・・・」

「何ともいえぬ趣のある風炉で・・・」

 

などといった賛辞を強要・・・いや、なんでもありません。

 

そのような賛辞を浴びながら、オタク数寄者は、今日の茶席の趣向にこんな道具取り合わせちゃうオレカッコイイ的な、奇妙な満足感に満たされるのであります。

 

 

 

ここまでくれば皆様も、朝鮮の陶工や高麗茶碗が安土桃山時代の数寄者に、なぜ持て囃されたかおわかりの事と存じます。

 

まあ、あまり多くは語りますまい・・・

 

 

因みにこちらが、当時開発された代表的高麗茶碗の井戸茶碗。

 

 

どうみても、庶民がメシをガッツくための茶碗です。

 

 

 

ところで、前のエントリで唐物、国物、高麗物、島物といった分類をご紹介しました。

 

なぜこのような分類になっているかという経緯を話せば、

 

中国から茶が伝わった当初、唐物と呼ばれる中国からの輸入品の道具を用いて、それに合わせて考案された点前をしていました。

やがて、高価な舶来品を使い華美を競う傾向が強まると、それに反発して「侘び茶」が起こります。

 

侘び茶では、素朴な国産の道具を使うようになり、点前も簡略化されていきます。

 

つまり、唐物と和物(国物)では、お点前が違うのです。

そのため、唐物と和物を明確に区別するようになったのです。

 

 

 

 

現在でも、唐物を用いた場合は、中国伝来当時に考案された複雑なお点前をします。

これは、間違いなく茶の湯が中国から伝わったことを示しています。

 

茶の湯には様々なお点前がありますが、そのいずれもが、世の中の変化などの「影響」により考案されたものです。

 

もっとも大きな変化が起きたのは、和物を使う「侘び茶」が発達した室町時代後期と、西洋人が流入してきた幕末です。

 

幕末に考案されたものの代表として、机と椅子を用いた立礼式があります。

これは、正座に慣れない西洋人にも茶の湯が可能なようにと考案されたものです。

 

また、西洋人のピクニックの習慣に合わせて、茶箱点前が季節に合わせた形にまとめられました。

 

このように、様々な「影響」により、新しい点前が考案され、古い点前の改編が行われてきたのが茶道の歴史でもあります。

 

 

 

ところで、皆様もご存じの通り、朝鮮半島人はよく「茶道の起源は韓国」だの「韓国の茶禮が日本の茶道に影響を与えた」だの「朝鮮の陶工が茶道文化を形成した」だのと寝言を垂れていますが、「影響」を与えたというわりには、

 

 

高麗物専用のお点前は、一つもありませんwww

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>壊れ放題の風炉に茶釜をかけるとか・・・・・・

病気の世界の話に聞こえました。
ただ、状況に対応するお点前があるのはソフトウエア開発があったのですね。

No title

おはようございます
 高麗の井戸茶碗などは、日用雑器だったために、半島には殆ど残っておらず、ごく最近になって、復元しようという動きがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国でありますね。磁器がもっぱら重視されて来たために、日用雑器など目もくれなかったのです。最近、日本に来て展示会などで目に触れる機会が増え、急に惜しくなったのですが、半島には残って居ない。何時ものことです。審美眼が違うのです。半島は小中華ですから、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国好みに力点を置いていたのです。宋胡録だって、輸入された当時は日用雑器として入って来たのですよね。不整の美、非対称の美などは日本で生まれた審美眼でしょう。

No title

To 相模さん
>>壊れ放題の風炉に茶釜をかけるとか・・・・・・
>
>病気の世界の話に聞こえました。
>ただ、状況に対応するお点前があるのはソフトウエア開発があったのですね。


何事も趣味を極めすぎると、ビョーキというか変態というかhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AF/" class="keyword">オタクになってしまうんですね。

どんなhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%259C%25E3%2583%25AD/" class="keyword">ボロ道具でも真心こめてお点前しなさいって利休の教えがベースにあるんですが、どう見ても間違った方向に行っていると思いますwww

No title

To yasutarohさん
>おはようございます
> 高麗の井戸茶碗などは、日用雑器だったために、半島には殆ど残っておらず、ごく最近になって、復元しようという動きがhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国でありますね。磁器がもっぱら重視されて来たために、日用雑器など目もくれなかったのです。最近、日本に来て展示会などで目に触れる機会が増え、急に惜しくなったのですが、半島には残って居ない。何時ものことです。審美眼が違うのです。半島は小中華ですから、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E4%25B8%25AD%25E5%259B%25BD/" class="keyword">中国好みに力点を置いていたのです。宋胡録だって、輸入された当時は日用雑器として入って来たのですよね。不整の美、非対称の美などは日本で生まれた審美眼でしょう。


おはようございます。
不完全な形に美を見出すのは、日本人特有なのかもしれません。
着物の柄にも、破れや乱れといった故意に均衡を破った意匠が多くみられます。
一方で、どこまでも水平に、どこまでも垂直に、完璧な均衡のとれた美を追求するのも日本人です。不整の美は、完璧な均衡を極めた先にあるのかもしれません。

No title

ふーむ、こういう趣味嗜好があると。
そうなると所謂焼き物の評価とかはどうなるんでしょうねぇ。
かの鑑定団とかで有名な中島誠之助なる焼き物鑑定士はこういったものをどう評価するのか?
まぁ、当時の評価基準や好みと現代の評価基準や価値判断は異なるんでしょうけどねぇ。

そういえばかの呉善花女史は「日本人は完全なるものよりも、少しアンバランスなものを好む」とか書いていたような。
そういう部分もあるんでしょうかネぇ。

No title

To kentantoさん
>ふーむ、こういう趣味嗜好があると。
>そうなると所謂焼き物の評価とかはどうなるんでしょうねぇ。
>かの鑑定団とかで有名な中島誠之助なる焼き物鑑定士はこういったものをどう評価するのか?
>まぁ、当時の評価基準や好みと現代の評価基準や価値判断は異なるんでしょうけどねぇ。

まあ、普通にタダのガラクタだと思いますが、有名な茶人が使ったものと証明されれば高値で取引される可能性もあります。



>そういえばかの呉善花女史は「日本人は完全なるものよりも、少しアンバランスなものを好む」とか書いていたような。
>そういう部分もあるんでしょうかネぇ。

真ん中わけの喪黒福造式キッhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2581%25E3%2583%25AA/" class="keyword">チリヘアが流行らないは、そのせいですかねww

No title

朝鮮が重用していたのはシナの磁器であり、紙の如く薄いといわれた白磁だったんですよね。 
ましてや自国産の陶器を用いた接待など問題外というか、相手に対する侮辱ぐらいの認識しか連中は出来なかったそうですし・・・

No title

To hanehanさん
>朝鮮が重用していたのはシナの磁器であり、紙の如く薄いといわれた白磁だったんですよね。 
>ましてや自国産の陶器を用いた接待など問題外というか、相手に対する侮辱ぐらいの認識しか連中は出来なかったそうですし・・・


王様が地面に頭をこすりつけて、シナからの使者を出迎えてた国ですし。
シナスタンダードを取り入れないと半殺しの目に・・
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR