FC2ブログ

韓国人による捏造発覚!!!

韓国メディアが天皇陛下を侮辱する記事を掲載 「アメリカは面談に訪れた天皇を門前払いにした」

 

1:蚯蚓φ ★:2012/05/12(土) 00:16:17.29 ID:???

 

2004年6月、ノルマンディ上陸作戦60周年をむかえて戦勝国指導者が一カ所に集まった。この時、 ドイツ総理が初めて招待された。当時、ゲルハルト・シュレーダー総理の挨拶の言葉は感動的だ った。「聨合国には勝利記念日かもしれないがドイツは(ナチの)ファシズムから解放された日で す。」続けてシュレーダーはフランス大統領ジャック・シラクと和解の抱擁をした。翌日、フランス新 聞はこの写真をのせては「第二次世界大戦は今日はじめて終わった」というタイトルをつけた。

ドイツと違い、日本はなぜまだ周辺国と不便で時には敵対的な関係を持続しているのか。ほぼ同 時期、米国で日本通とされるパトリック・レノックス・ティアーニー(Patrick Lennox Tierney)、ユタ大 名誉教授がある新聞に寄稿文を載せた。内容は実に衝撃的だった。「古希を迎えた“ガイジン将 軍(Gaijin Shogun)“の顔には怒りが込められていた。両脚を机の上にあげ、とうもろこし幹のパイプ に火をつけた。すぐそばの部屋には日王ヒロヒトが面談を要請して待っていたが、彼はひじ鉄砲を 食わせた。無礼なことこの上なかった。」

 

ガイジン将軍」すなわち「外国人統治者」は日本人たちが聨合軍最高司令官ダグラス・マッカー サーに付けたニックネームだった。米国の日本支配が終わらんとする頃の1949年末、ヒロヒトは マッカーサーに会って日本が周辺国に行った残酷な歴史を告悔し、真珠湾爆撃について公式に 謝罪すると知らせてきた。米国人「将軍」はしかし、自ら訪ねてきた日王を門前払いした。

現場を目撃した人はティアーニーを含むごく少数だった。日本人たちを刺激することを憂慮してみ な沈黙を守った。そのようなティアーニーが胸に刻まれた真実を明らかにしたのだ。マッカーサー はなぜ過去を悔やむヒロヒトの口をふさいだのだろうか。知られた通り、マッカーサーヒロヒトを はじめ戦犯容疑を受けた王族を丸ごと生死を分けるリストから除いた。

 

日王を前に出して日本を改革して統治するためだった。ヒロヒトは命を救った代価にマッカーサー に「忠誠誓約」を捧げた。日王の協力とマッカーサーのカリスマがシナジー効果を発揮して日本は 短期間の内に民主化と経済復興をなしとげることができた。そのような状況でヒロヒトが周辺国に 謝れば世論の逆風が吹く可能性が大きかった。

日王自ら日本軍の極悪行為に責任を負うと出れば、なぜ彼を処罰しなかったのかという非難がマ ッカーサーに殺到することは明らかだった。西洋人は'ソーリー(Sorry)'が口をついて出るが、体面 を重んじる日本文化で謝罪は恥辱と異ならない。ヒロヒトが決断を下したのにマッカーサーは「その口を閉じなさい」と面と向かって非難したということだ。

 

ティアーニーによればその後、米国と蜜月関係を維持することになった日本は謝る必要性を感じ なかった。周辺国が抗議をしようとすれば'不幸な過去'とごまかしては遺憾を表明しただけだ。謝る機会を失った日本は結局、周辺国と沈殿物が積もるほかないというのがティアーニーの見解だ。

先日、米国ニュージャージー州ペリセイズパークで起きた日本の慰安婦キリム碑撤去要求も遡ればマッカーサーの誤りから始まった。その時ヒロヒトが公式に謝っていれば、こうしたことは起きな かったかもしれない。一言でお金を渡すから追悼碑をなくしてくれという日本の要求はずうずうしさ の極限状態だ。日本が追悼碑のそばに並んで謝罪碑をたてるならば国際社会で相応しい待遇を 受けるはずなのに。
 

第二次世界大戦は東北アジアで相変らず現在進行形だ。

 

ソース:朝鮮日報(韓国語) 日本の慰安婦キリムビ撤去要求、分かってみると理由あるよ
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/05/11/2012051101572.html
 

 

 

朝鮮日報の書く記事なんざ・・・と、見過ごしてはなりません。

 

前のエントリに引き続き、バ韓国人は、ペリセイズパーク市を訪問した議員らが「金を渡すから追悼碑を撤去しろ」と要求したという捏造を広める気満々だ。

小さな嘘の積み重ねが、やがて大きな問題を引き起こす。

この件は、ペリセイズパーク市の悪人ヅラ・ロタンド市長が発言を撤回するまで、徹底追及すべき。

 

ということで、訪問した議員や自民党に励ましのFAXやメールを送って後押ししましょう。

 

古屋圭司
東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館423号室
FAX : 03-3592-9040

 info@furuya-keiji.jp
 
塚田一郎
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1117号室
fax.03-6551-1117
 

山谷えり子
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1107号室
FAX:03-6551-1107
 

竹本直一
東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館1221号室
TEL:03-3508-7449
 
自民党
 https://ssl.jimin.jp/m/contact

 

 

 

 

さらに、朝鮮日報がバカなのか、韓国人がバカなのか分りませんが、間違いを指摘しておきます。

 

他にもツッコミどころ満載ですが、もっともバカ過ぎる記述:

 

>西洋人は'ソーリー(Sorry)'が口をついて出るが、体面 を重んじる日本文化で謝罪は恥辱と異ならない。

 

そもそも、西洋人は滅多なことでは謝らないというのが国際社会の常識だが、大陸の盲腸の中の蛙の韓国人はバカなので西洋人はSorryが口を突いて出るなどと、恥ずかしげもなく無知を曝け出している。

西洋人の口を突いて出るSorryは、「前を横切ってすみません」程度の何の責任も発生しない場合に限られる。

そして、日本人は「ありがとう」と言う場面でも「すみません」というと外国人から不思議がられるぐらい、「すみません」が口を突いて出る。

 

Wiki(下記英文参照)によると、Tierneyは「我々西洋人は、盗みの現場を押さえられでもしない限り謝らないが、日本人にとって謝罪は非常に重要な意味を持っている」と言って、マッカーサーを取りなそうと努力したらしい。

 

この記述を読むと、Tierneyは、昭和天皇が礼節を重んじる日本人としての謝罪を申し出た事を完全に理解していたようだ。だからこそ占領の撤収間際に申し出たわけで、要は帰国するマッカーサーへの丁寧なご挨拶であった。

 

しかし、マッカーサーにしてみれば、今さら謝られては自分の責任が・・・ということだろう。

 

 

ヒロヒトが決断を下したのにマッカーサーは「その口を閉じなさい」と面と向かって非難したということだ。

 

Wiki(下記英文参照)によると、Tierneyは、そんなことは言っていない。

 

Tierneyが昭和天皇を取次ごうとしたところ、マッカーサーは"refused to admit him or acknowledge him"

 

直訳すると「入室も、認識する事も拒否した」

 

映画のセリフ風に言えば「今、俺を訪問してきている者などいない。そうだな、パトリック」てなところでしょう。

 

 

面会してもいないのに、どうやって面と向かって非難したんだ、この馬鹿朝鮮人が!!

 

 

このように、バ韓国人=朝鮮人は、嘘でも何でも捏造するのである。

 

 

 

Showa apology rebuffed
 Toward the end of the occupation of his nation, Japanese Emperor Hirohito let it be known to SCAP that he was prepared to apologize formally to U.S. Gen. Douglas MacArthur for Japan's actions during World War II—including an apology for the December 7, 1941 attack on Pearl Harbor.[6]
 As a staff officer working for the Supreme Commander of the Allied Powers (SCAP), Gen. Douglas MacArthur, his was a somewhat unique perspective on the occupation of Japan and on the events which unfolded in SCAP headquarters. His office was on the fifth floor of the Dai-Ichi Insurance Building in Tokyo, the same floor where MacArthur's suite of offices was located. He was there on the day the Emperor came to offer this apology; but when the emperor arrived, MacArthur refused to admit him or acknowledge him.[7] Many years later, Tierney made an effort to explain his understanding of the significance of what he had personally witnessed: "Apology is a very important thing in Japan. With us, we don't apologize unless we get caught with our hand in the cookie jar, but for the Japanese, there is a very strong sense of what an apology means."[6] According to popular historian Herbert Bix in Hirohito and the Making of Modern Japan, "MacArthur's truly extraordinary measures to save Hirohito from trial as a war criminal had a lasting and profoundly distorting impact on Japanese understanding of the lost war."[8]
http://en.wikipedia.org/wiki/Patrick_Lennox_Tierney

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

やれやれ、真に国民を思ってくれる統治者をもった事がない国の人は薄っぺらいですねぇ。
清朝に冷たい扱いを受け続けた屈辱はこんなところで投影されるんですねぇ

No title

朝鮮人の品性下劣さには、限度がありませんね・・・
ま~、人として大切なものを捨て去らねば生き残れない社会ですからw

No title

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012051905298

日本大使館が頑張りましたよ。
恥知らずの国に分かりやすい形を示した例と言えるかも。

No title

To pochi-oneさん
>やれやれ、真に国民を思ってくれる統治者をもった事がない国の人は薄っぺらいですねぇ。
>清朝に冷たい扱いを受け続けた屈辱はこんなところで投影されるんですねぇ


まともに独立国家として存在できた歴史がありませんし。

No title

To hanehanさん
>朝鮮人の品性下劣さには、限度がありませんね・・・
>ま~、人として大切なものを捨て去らねば生き残れない社会ですからw
>

まさに呪われた土地・・・

No title

To kentantoさん
>http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012051905298
>
>日本大使館が頑張りましたよ。
>恥知らずの国に分かりやすい形を示した例と言えるかも。
>

珍しく、頑張りましたね。これからも、何かあるたびに背中をプッシュしてやらないと。
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR