FC2ブログ

茶の話(3) 韓国茶道はなぜトイレットペーパーを使うのか?

韓国人が「茶道の起源は韓国」を主張して以来、既にに数年経ちますが、当初、韓国茶道を紹介する写真で最も衝撃的だったのがトイレットペーパーの存在でございました。

 

この話題がネットを駆け巡り「韓国茶道」がお笑いの対象になりましたのはご存じの方も多いことと思いますが、近年では韓国人もこの可笑しさに気づき、トイレットペーパーを使わない茶道に変化させた模様でございます。

 

トイレットペーパーを使う韓国茶道(笑)

 

さて、なぜ韓国人は当初、「韓国茶道(笑)」にトイレットペーパーを用いたのでしょうか?

21世紀に創設された捏造だからと言ってしまえばそれまでですが、本当の理由は「懐紙」の代替品となる伝統紙がなかったからでございます

 

「懐紙」は、平安時代に貴族が手紙や和歌をしたためたり、菓子を包んだりして使用したものが始まりです。

 

当時、原料となる植物がよく育つ自然環境と製紙技術が両立しないと大量生産できない紙は貴重品として扱われ、文書や絵画に用いるのは一般的でしたが、菓子を包むなど日用品として用いるのは世界的にも珍しい文化と言えましょう。

 

紙漉きの技術は中国伝来ですが、中国よりも自然環境に恵まれた日本では、中国よりも多くの紙が生産され、それに伴い日本独自の紙漉き技術も開発され、更に生産量が増えました。

それにより紙の種類も増え、障子や襖、番傘、紙縒りなどの日常生活のあらゆるところに用いられるようになったのでございます。

 

江戸時代に、浅草紙などの再生紙も多く作られるようになりますと、日常生活における紙の用途も広がり、現代のティッシュペーパーのような消耗品としても扱われるようにもなりました。

店などを「ひやかす」という言葉は、浅草の再生紙作り職人が、煮溶かした古紙を冷ます間の暇つぶしに、買いもしないのに吉原をぶらついたことに由来すると言われております。

 

また、江戸の町には塵一つ落ちていなかったとよく言われますが、くず紙を拾い集めて再生紙の製造所に売る商売が成り立っていたためでございます。

 

江戸時代、町人や農民までもが識字率が高かった理由も、紙の大量生産と切り離して考えることはできません。

文字を覚えるには、読書と習字が不可欠ですが、どちらも紙という媒体がなければ普及は困難なのでございます。

ヨーロッパや中国などで、一般大衆の識字率が向上しなかったのは、紙の生産能力の違いにあったと言っても過言ではないでしょう。

 

況してや朝鮮半島においては、14世紀に発明された庶民文字ハングルが、20世紀に日帝の手によりようやく日の目を見るようになりましたのも、朝鮮半島の紙事情を如実に示すものでございます。懐紙を知らない韓国人が、21世紀の韓国茶道(笑)でトイレットペーパーを用いてしまうのも無理からぬことでございましょう。

 

とはいえ、読み書きを学ぶための紙すら手に入らなかった「哀号ー!」な歴史を華麗にスルーし、折り紙は韓国起源ニダと主張して憚らないのが韓国式ポジティブシンキングなのでございます。

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

韓国茶道(高麗茶道)シリーズ

 

茶の話(1) 茶葉の話

茶の話(2) 「相棒」杉下右京の珍推理

茶の話(3) 韓国茶道では、なぜトイレットペーパーを使うのか?

茶の話(4) 韓国茶道では、なぜ保温ポットを使うのか?

茶の話(5) 続・韓国茶道では、なぜ保温ポットを使うのか?

茶の話(6) 韓国茶道では、なぜ急須を使うのか? 

茶の話(7) 韓国茶道では、なぜトレイを使うのか?  

茶の話(8) 韓国茶道では、なぜ茶杓を使わないのか?

茶の話(11) 韓国茶道には、なぜ流派がないのか?

茶の話(12) 高麗茶道は、なぜ廃れたのか? 

 

高麗茶道 

AUTHOR: matacyann DATE: 06/28/2010 14:18:47 もうお笑いでございますわね~~^^
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

To 塾長さん
>いやぁ~勉強になりました。写真には大笑いであります。素晴らしい記事、ありがとうございました。塾長拝
こんにちは。コメントありがとうございます。
韓国茶道は、改良を重ねつつ(?)現在もお笑いの道をまっしぐらです。

 幕末に来日した西洋人も日本人が紙を気軽に使うのに驚いていましたね。
 江戸時代の出版業の隆盛は世界有数の規模だったでしょうが、安い紙がそれを支えていたんですね。

To ご隠居さん
こんばんわ。
こちらまで遊びに来て下さって、ありがとうございます。
> 幕末に来日した西洋人も日本人が紙を気軽に使うのに驚いていましたね。
> 江戸時代の出版業の隆盛は世界有数の規模だったでしょうが、安い紙がそれを支えていたんですね。
幕末の西洋人も、いろいろな本を書き遺していて面白いですね。
最近読んだ本には「日本では農民の子供が肥えている」と書かれていましたが、ヨーロッパの農民はどんだけ搾取されていたんでしょうか。

maazさん、今晩は。初めまして。
紙の生産量が多かったのも驚異的ですが、紙を再生して使うという発想を発達させたのが、江戸庶民の生活を一層豊かにした。というのを、何かで読んだ気がします。いずれにしても、江戸時代は、世界的に見ても平和で調和のとれた素晴らしい時代で、教科書では嘘ばっか教えられてたのを、ここ10年位で実感しています。
>ヨーロッパの農民はどんだけ搾取されていたんでしょうか。
相当酷かったみたいですね。農奴なんて制度があった位ですから。昔フランスで見た200年程前の農民の姿を描いた絵の中で、冬に小屋の中で食事をする男達が下着も付ていないのを見て「ひ、酷い・・・」と軽い衝撃を受けたのを思い出します。

To gteaさん
>maazさん、今晩は。初めまして。
はじめまして。こんばんわ。
>紙の生産量が多かったのも驚異的ですが、紙を再生して使うという発想を発達させたのが、江戸庶民の生活を一層豊かにした。というのを、何かで読んだ気がします。いずれにしても、江戸時代は、世界的に見ても平和で調和のとれた素晴らしい時代で、教科書では嘘ばっか教えられてたのを、ここ10年位で実感しています。
江戸時代については、もっと世界的に評価されてもいいですね。
>>ヨーロッパの農民はどんだけ搾取されていたんでしょうか。
>相当酷かったみたいですね。農奴なんて制度があった位ですから。昔フランスで見た200年程前の農民の姿を描いた絵の中で、冬に小屋の中で食事をする男達が下着も付ていないのを見て「ひ、酷い・・・」と軽い衝撃を受けたのを思い出します。
やはり、革命が起きるくらい搾取されていたのですね。
日本人の気質がダメだから革命が起きなかったと信じている欧米人も、未だに結構いますが、起こす必要がないくらい豊かだったということですね。

これは正直、本当の話です。朝鮮人は使用済みトイレットペーパーは水と一緒には流しません。 しっかりと、トイレ備え付けのバスケットに、○ソであろうが、ニョウに使用したものであろうが、蒐集するんですね。 後で、手に取って眺めて、嗅いで、舐めて堪能するようです。  これこそ韓国起源の朝鮮香道のようです。^^ 
なので、茶の生産もおぼつかない賤心国での茶道にも、トイレットペーパーへの思い入れは一段と強いものがあるのでしょう。

To parkmountさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
>これは正直、本当の話です。朝鮮人は使用済みトイレットペーパーは水と一緒には流しません。 しっかりと、トイレ備え付けのバスケットに、○ソであろうが、ニョウに使用したものであろうが、蒐集するんですね。 後で、手に取って眺めて、嗅いで、舐めて堪能するようです。  これこそ韓国起源の朝鮮香道のようです。^^ 
>
>なので、茶の生産もおぼつかない賤心国での茶道にも、トイレットペーパーへの思い入れは一段と強いものがあるのでしょう。
>
下水設備が悪いのとすぐに溶ける紙を作れないのが原因だそうですが。
欧米諸国でも使用済みペーパーを流さずに、個室を散らかすと非常に評判が悪くて困ります。

To maazさん
>To parkmountさん
>こんにちは。コメントありがとうございます。
>
>>これは正直、本当の話です。朝鮮人は使用済みトイレットペーパーは水と一緒には流しません。 しっかりと、トイレ備え付けのバスケットに、○ソであろうが、ニョウに使用したものであろうが、蒐集するんですね。 後で、手に取って眺めて、嗅いで、舐めて堪能するようです。  これこそ韓国起源の朝鮮香道のようです。^^ 
>>
>>なので、茶の生産もおぼつかない賤心国での茶道にも、トイレットペーパーへの思い入れは一段と強いものがあるのでしょう。
>>
>
>下水設備が悪いのとすぐに溶ける紙を作れないのが原因だそうですが。
>欧米諸国でも使用済みペーパーを流さずに、個室を散らかすと非常に評判が悪くて困ります。
>
私の話も実は北米でのお話です。^^  確かにあの厚顔無恥なら、厚いのは面の皮だけじゃなく下の皮も厚くて、ボール紙でも使っているんで溶けないのでしょう。

こんばんは、はじめまして。
関連付け記事「韓国、ハーフの男子も「兵役の義務」」から参りました。
これキャンプで鍋の油汚れを拭うときにトイレットペーパーを使うのと同じ感覚、その延長線上なんですかねぇ・・・。
シリコーン絡みの商社に勤めていた伯父が1980年代のソ連に出張に行っていた時のお土産は、ティッシュとトイレットペーパーでした。もうね、それだけで商談先の家族から大歓迎の上に商談も進む進むとwどこまで本当だったか分かりませんが、向こうの紙はひどいもんだったらしいです。
あちらのNETで盛り上がる起源話はお笑いの宝庫ですが、それを世界に発信するところが剣呑です。ひとつひとつ論破するのが親切と言うものですね。

To lenyさん
>こんばんは、はじめまして。
>関連付け記事「韓国、ハーフの男子も「兵役の義務」」から参りました。
はじめまして。コメントありがとうございます。
>これキャンプで鍋の油汚れを拭うときにトイレットペーパーを使うのと同じ感覚、その延長線上なんですかねぇ・・・。
キャンプでやるならワイルドなのもいいですが・・・
>シリコーン絡みの商社に勤めていた伯父が1980年代のソ連に出張に行っていた時のお土産は、ティッシュとトイレットペーパーでした。もうね、それだけで商談先の家族から大歓迎の上に商談も進む進むとwどこまで本当だったか分かりませんが、向こうの紙はひどいもんだったらしいです。
昔、横浜港にソ連船が入港すると、船員が近所のスーパーで女性用のストッキングを大量に買っていました。持ってると、ものすごくモテたんだそうです。共産圏が品質が悪かったのは分りますが、なぜか韓国も粗悪品が多かったですね。ココム規制の対象になってましたから、国際的には西側と見られていなかったのかも。
>あちらのNETで盛り上がる起源話はお笑いの宝庫ですが、それを世界に発信するところが剣呑です。ひとつひとつ論破するのが親切と言うものですね。
悪い芽は早いうちに摘むに限りますね。

はじめまして。
そういえば、落語でもリサイクル業者を扱った有名どころに『らくだ』や『井戸の茶碗』がありますね。
半島土人の捏造癖で、次は元手のかからない文化面を劣化コピーするんでしょうね。
いきなり、素人のドツキあいの『MANZAIブーム』とやらが出てくるんでしょうか┐(´ー`)┌

To hanehanさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
落語も江戸時代の庶民生活が垣間見られて面白いですね。
日本の文化の成立には生活に根差した背景が必ずあって、そういう研究もとても面白いですね。
ウリナラ半島の捏造文化には背景が全くなく、いきなりポッと出現するところが面白いというか可笑しいです。

はじめまして
gannrikiと申します。
私もiza!でブログをしておりますw
今日のエントリーで貴兄のこの「茶葉の話シリーズ」から、引用させていただきました。
挨拶があとで申し訳ありません。
もし、ご都合が悪ければコメント欄でも結構ですから、ご通知いただければ削除いたします。
敬具
トラックバックさせていただきました。
あわせてお願い申し上げます。

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR