FC2ブログ

【バカ丸出し】19世紀のウィーンで寒流熱風

韓国のバレエ作品、19世紀に欧州で公演

 

『コリアの花嫁』史料発見、日本の侵略が題材

『蝶々(ちょうちょう)夫人』や『トゥーランドット』よりも先に欧州の観衆を魅了した作品があった。


 19世紀に芸術の都オーストリアウィーン韓国人の愛国心を素材にしたバレエ作品『コリアの花嫁(Die Braut von Korea)』が5年間にわたり公式レパートリーとして公演され、人気を集めていたことを示す史料がこのほど発見された。東洋に対する関心が高まっていた欧州で日本を舞台にした『蝶々夫人』(1904年)、中国を題材にした『トゥーランドット』(1926年)よりも前に、韓国的な素材が欧州の観衆に愛されていた事実が確認されたことになる。

 

■115年前の「韓流

 ベルリン自由大韓国学科研究員のパク・ヒソク博士は、韓国学中央研究院の韓国学振興事業団から支援を受け、ドイツ・フランクフルトにあるクラシック専門出版社の倉庫で『コリアの花嫁』の楽譜を発見した。楽譜は1897年の制作で4幕9章、543ページから成っており、全ての楽器の楽譜と指揮法が記録されていた。

 楽譜と共に発見されたあらすじ(15ページ)によると、日本の侵略を受けた朝鮮の王子が国を救うために戦場に向かい、王子を愛する朝鮮人女性が命懸けで戦場に身を投じるストーリー。時代的背景は日清戦争(1894-95)と推定される。登場人物はコリアの王子、王子を愛する女性、愛の女神、日本軍の将軍、コリアの将校、義兵、歩哨、妓生(キーセン)などだ。当時は指揮者用の総楽譜が1部しか作成されなかったため、今回発見されたものが唯一の原本とみられる。

 作曲家はオーストリア宮廷バレエ団長だったヨーゼフ・バイヤー(1852-1913)で、脚本はヨーゼフ・ハスライター、ハインリヒ・レゲルの2人。彼らがなぜ韓国に関心を持ったかは不明だ。表紙には着物姿の女性、太極旗(韓国の国旗)を掲げた帆船が描かれている。


■5年間続いた公演

 初演は1897年5月22日に当時のウィーン帝立・王立宮廷歌劇場(現在のウィーン国立歌劇場)で行われ、当日は満席だったという。パク研究員によると、バレエ作品は平均で2カ月、長くても2年の公演が一般的だったが、『コリアの花嫁』は5年間にわたり公演され、相当の人気を集めていたことが分かるという

 舞台には大型のアーチ8個と岩の壁のセット4個が設置され、衣装は312着が使われた。これは現在ブロードウェーで公演されているミュージカル『ウィケッド』の350着に匹敵する。残されている衣装画は「韓国人のおじいさん」と命名された1点。白いパジチョゴリ(男性用の民族衣装)にきせるという姿だ。

 宮廷歌劇場は当時も最高レベルの公演施設に数えられていた。1869年5月にモーツァルトのオペラ『ドン・ジョバンニ』でこけら落としを迎えた。『コリアの花嫁』が公演されていた時期は、オーストリアの近代作曲家・指揮者のグスタフ・マーラーが総監督を務めていた。マーラーは1897年4月に常任指揮者となり、10月から総監督を務めた。

 パク研究員は「初演が終わった後、一部の舞曲の楽譜が市販されるほど大衆的な人気を集めた。当時の批評や販売用楽譜の存在からみて、大韓帝国期にウィーン韓流があったことが分かる」と述べた。

 今回の発見は韓国学中央研究院の韓国学振興事業団が支援し、ベルリン自由大韓国学科とボーフム大学韓国学科が共同で進めた海外韓国学中核大学育成事業の一環によるものだ。

 申晶善(シン・ジョンソン)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/11/29/2012112901013_2.html
 

 

 

韓国人の愛国心を素材にしたバレエ作品『コリアの花嫁(Die Braut von Korea)』が5年間にわたり公式レパートリーとして公演され、人気を集めていたことを示す史料がこのほど発見された。

 

ドイツ・フランクフルトにあるクラシック専門出版社の倉庫で『コリアの花嫁』の楽譜を発見した。

 

何が「史料」だよ。楽譜屋の倉庫に楽譜があるのは、あたりめーだろ、バカ。

 

だいたい、今世紀最大の発見みたいなこと言ってるが、ソウルの韓国学西洋文献博物館ってところに、以前からピアノバージョンが保管されてるだろーが。

 

http://www.book1950.co.kr/main.html?menu=view&uid=283

 

<ピアノ版>

 

 

 

>『コリアの花嫁』は5年間にわたり公演され、相当の人気を集めていたことが分かるという

 

人気を集めていたとすりゃ、そりゃ振り付けと音楽が良かったってだけだろーが、しかし、その人気ってのもかなり微妙なんだが。

 

 

Korea Outreach Educationってサイトによると、Die Braut von Koreaは1987年から1901年の間に38回公演されたそうな。

 

5年間で38回てぇと、一年に7回程度で、2ヶ月に一回程度なんだが。

 

これって、毎日なんらかの演目がかかるヨーロッパの劇場だと大した回数じゃないんだわ。どっちかってーと、定期的な穴埋め演目の扱いだな。

 

 

そんなに人気なら5年も続けて、その後廃れるとかありえんわ。多分、5年もダラダラ続けにゃならなかった理由はコレだと思うのよ。

 

>衣装は312着が使われた。

 

バカは、現代ミュージカルなんかと比べて衣装の多さにホルホルしてるようだが、

 

312着も作った衣装が↓↓↓こんなんじゃ他の演目に使い回しが効かないわけだよ。

 

 

 

白鳥の湖の王子の衣装なら、眠れる森の美女にも使えるが、「朝鮮人のオジイ」の衣装じゃ他に使いようがないだろう。

 

やれやれ、変なもん作っちまったぜってぇ衣装係の嘆きが聞こえてくるわ。

 

 

脚本はヨーゼフ・ハスライター、ハインリヒ・レゲルの2人。

 

そもそも、パク研究員ってのは韓国学科の研究員らしいが、音楽の知識はゼロなんじゃ?

 

台詞のあるオペラじゃねーんだから、バレーに脚本なんてないんだよwwwww

 

あるのは台本な。

 

で、この作品の台本書いたのがレゲルさんて人で、ハスライターさんはChoreographischer Theilってあるから振付師だろ。

 

 

>舞台には大型のアーチ8個と岩の壁のセット4個が設置され

 

うーん。これって、舞台セットの絵でも書いてあったのかね。あったら、このニュースの記事でドンジョバンニのこけら落としの絵なんか使わんだろうし。

 

もしかして、4 Akten und 8 Bildern ってのを勘違いしてないか?

 

これは、「4幕8場」って意味ね。

 

 

>「初演が終わった後、一部の舞曲の楽譜が市販されるほど大衆的な人気を集めた。

 

一部の舞曲の楽譜が市販されるってのは、上のピアノバージョンのことだな。

 

まあ、ウソは言ってないが、ピアノバージョンってのは、ピアノの練習にうってつけだから出版されるんだが。

楽譜見て貰えりゃわかると思うが、スタッカートだらけで特定の運指の練習にはもってこいだが、コード進行がものすごく単純だから聞いて楽しいもんでもないだろ。

 

 

>当時の批評や販売用楽譜の存在からみて、大韓帝国期にウィーン韓流があったことが分かる」

 

なにが、ウィーン韓流だよwww

 

今回発見された楽譜の表紙を見れば、別に朝鮮人に興味があって作られた作品じゃねーのは明らかだろ。

 

 

コレラ・・じゃねぇ、「コリアの花嫁」って題名の割には、表紙の女は日本髪にキモノに蛇の目傘だしwww

 

コリアを連想させるアイテムとしては、かろうじて、ペプシマークの旗が書いてある程度で、あとは中国風味だろ。

 

 

で、またKorea Outreach Educationてぇサイトからの引用なんだがな、

 

このサイトでは、朝鮮や朝鮮人が登場する外国の文学作品を紹介しているわけだが、まあ、朝鮮戦争を題材にした小説だとか、イザベラバードの朝鮮紀行だとか、MASH(朝鮮戦争のテレビドラマ)だとかぐらいしかないですよと言っている。

 

それで、

 

-- given how important Chinoiserie and Japonism were for upper class arts and art collectors in Europe and North America, but that there was never anything like Koreanism

 

-- シノワズリーやジャポニズムが、ヨーロッパや北米の上流向け美術や美術コレクターにとっていかに重要だったかに比べ、コリアニズムと呼べるものは全く存在しなかった

 

と前置きした上で、

 

文学作品ではないが、それに最も近いものとしてバレエ作品「コリアの花嫁」が紹介されているわけで、19世紀のウィーン韓流をバッサリ否定www

 

 

私としては、この作品の曲目が気になるんだが。

 

Pagoden Polka = パゴダのポルカ ← 中国でよく見る仏塔ね。朝鮮ではあまり見ないが。

 

Japanischer Marsch = 日本人の行進曲 ← 日本軍登場の曲ね。カッコよさげ。

 

Korean Quadrille = 朝鮮人のカドリーユ ← あんまり見たい気はしないが。 

 

Daisha Waltzer = Daishaって、もしかしてGeishaが訛ったもの?ドイツ語辞典調べても出てこないんですわ。

 

 

まあ、いずれにしてもコリアが日本や中国の一部みたいに思われていた、当時のヨーロッパ人の考えるオリエンタリズムのごった煮って感じの、ほのぼのした作品のようで・・・・

 

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

>このサイトでは、朝鮮や朝鮮人が登場する外国の文学作品を紹介しているわけだが、まあ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">朝鮮戦争を題材にした小説だとか、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザベラバードの朝鮮紀行だとか、MASH(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">朝鮮戦争のテレビドラマ)だとかぐらいしかないですよと言っている。

「朝鮮紀行」も「MASH」も、彼らがその内容を知れば結局ファビョる作品でして…(^^;

No title

No title

To kuronekosannさん
>おはようございます。
>
>>このサイトでは、朝鮮や朝鮮人が登場する外国の文学作品を紹介しているわけだが、まあ、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">朝鮮戦争を題材にした小説だとか、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザベラバードの朝鮮紀行だとか、MASH(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%259C%259D%25E9%25AE%25AE%25E6%2588%25A6%25E4%25BA%2589/" class="keyword">朝鮮戦争のテレビドラマ)だとかぐらいしかないですよと言っている。
>
>「朝鮮紀行」も「MASH」も、彼らがその内容を知れば結局ファビョる作品でして…(^^;


あるいは、内容を捏造して、結論=日本が悪いニダ・・・

No title

To よもぎねこ♪さん
>>Daisha Waltzer ??
>
> http://www.youtube.com/watch?v=4c5V0wynbS0


可愛い若尾文子さんではないですか。

No title

なるほど表紙見れば日本髪の女性が・・

日本髪はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国起源だったか!orz

No title

To gannrikiさん
>なるほど表紙見れば日本髪の女性が・・
>
>日本髪はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国起源だったか!orz


もちろん。バレエだってhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国起源ですしwww
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR