FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレットペーパー茶道家元「折り紙の起源は韓国ニダ」

折り紙の起源唱える韓国に折り紙作家「史実あるなら提示を」 
  韓流と言えば、映画や音楽などを思い浮かべる人が多いだろう。それらは韓国政府がバックアップし、国家プロジェクトとして海外への普及を行なっていることもよく知られている。
 だが、韓流普及活動は現代の芸能にとどまらない。なんとその一つに「折り紙」がある。
 2012年10月10日の中央日報に「モンゴルに広まる“折り紙韓流”…『宗主国は日本でなく韓国』」と題する記事が掲載された。記事では韓国の折り紙関連団体の一つ「紙文化財団」が、モンゴル・ウランバートル大学で「折り紙講師」資格取得のための講座を開いた様子がリポートされている。
 同財団のイ・ジュンソ事務所長は本誌取材に対し「折り紙の世界化運動」について「折り紙と紙文化を軸に国家間の文化交流と友好を拡大するもの」と説明する。
 
 問題は、同記事に書かれた次の一節にある。
韓国でも864年に道銑国師が折り鶴を投げて落ちた地点に玉竜寺を創建したという話が伝えられるなど、伝統では決して劣っていない。むしろ610年に高句麗の僧侶・曇懲が紙を日本に伝える時、折り紙も渡ったと推定される」
 
 しかし、「そのような史実を示す資料があるなら提示してほしいですね」と戸惑いがちに語るのは、世界7か国語で折り紙の普及サイトを運営し、第一人者として知られる折り紙作家の新宮文明氏だ。
 
 新宮氏によれば、日本の折り紙の伝統を辿ると『秘傳千羽鶴折形』に行きあたる。江戸時代後期の1797年に刊行された書物で、折り鶴、特に連鶴を折る方法が図解されている。現存する遊戯折り紙の書物としては世界最古とされるものだ。件の中央日報記事が正しいとすれば、折り鶴の歴史を覆す発見となるが、それを証明する史料は今のところ出てきていない。
 もちろん日本の折り紙の起源は江戸時代よりもさらに遡る。新宮氏が解説する。
 「折り紙のルーツには日本の歴史が密接に関わっています。遊戯折り紙よりもさらに古い『儀礼折り紙』の伝統を見逃してはなりません」
 大陸から高句麗を経て「紙」が伝わって以来、紙漉きの技術は日本独自の進歩を遂げた。今日に伝わる薄いが破れにくく、張りのある和紙の発明だ。たたむと折り筋が生きて様々な形に折ることができる。
 「和紙の用途が多様化するにつれ、平安時代頃から公家の間で贈答品などを紙で包む風習が始まったとされています。鎌倉期には京の朝廷と幕府の間で頻繁なやり取りがあったことから礼法が形づくられ、包みの風習が儀式化されます。室町時代になり、武家の間で包みの礼法(儀礼折り紙)がさらに広がったと考えられます」(新宮氏)
 例えば太刀を贈るとき、目録に銘や作者名を記入したことから生まれた言葉に「折り紙付き」がある。現在でも、由緒が確かなことを形容する言葉だ。
 鎌倉期に遡る「儀礼折り紙」のしきたりと、江戸期以降に見られる折り鶴に代表される「遊戯折り紙」の2つが、日本文化である折り紙の起源と言える。そして、折り紙文化が育まれた背景には優れた和紙が欠かせなかった。
http://www.news-postseven.com/archives/20130105_162220.html

 

 

 

最近、しきりに「韓国起源ネタ」が取り上げられておりますが、先般の歌舞伎の起源といい、日本の専門家が反論をするようになったのは本当に喜ばしいことでございます。

 

わたくしも、長きにわたって「韓国茶道はなぜ」シリーズを執筆してきた甲斐がございました。

 

 

さて、韓国における紙事情につきましては、シリーズ読者の方々にはすでにお馴染みでございますが、韓国伝統のトイレットペーパー茶道のエントリを再度ご紹介したいと思います。休日の午後のお茶請けに、お楽しみいただければと存じます。

 

 

 

茶の話(3) 韓国茶道はなぜトイレットペーパーを使うのか?

http://maaz2.iza.ne.jp/blog/entry/2518470/

 

韓国人が「茶道の起源は韓国」を主張して以来、既にに数年経ちますが、当初、韓国茶道を紹介する写真で最も衝撃的だったのがトイレットペーパーの存在でございました。
 
 この話題がネットを駆け巡り「韓国茶道」がお笑いの対象になりましたのはご存じの方も多いことと思いますが、近年では韓国人もこの可笑しさに気づき、トイレットペーパーを使わない茶道に変化させた模様でございます。

 

 

さて、なぜ韓国人は当初、「韓国茶道(笑)」にトイレットペーパーを用いたのでしょうか?
 21世紀に創設された捏造だからと言ってしまえばそれまでですが、本当の理由は「懐紙」の代替品となる伝統紙がなかったからでございます。
  
 「懐紙」は、平安時代に貴族が手紙や和歌をしたためたり、菓子を包んだりして使用したものが始まりです。
 
 当時、原料となる植物がよく育つ自然環境と製紙技術が両立しないと大量生産できない紙は貴重品として扱われ、文書や絵画に用いるのは一般的でしたが、菓子を包むなど日用品として用いるのは世界的にも珍しい文化と言えましょう。
 
 紙漉きの技術は中国伝来ですが、中国よりも自然環境に恵まれた日本では、中国よりも多くの紙が生産され、それに伴い日本独自の紙漉き技術も開発され、更に生産量が増えました。
 それにより紙の種類も増え、障子や襖、番傘、紙縒りなどの日常生活のあらゆるところに用いられるようになったのでございます。
 
 江戸時代に、浅草紙などの再生紙も多く作られるようになりますと、日常生活における紙の用途も広がり、現代のティッシュペーパーのような消耗品としても扱われるようにもなりました。
 店などを「ひやかす」という言葉は、浅草の再生紙作り職人が、煮溶かした古紙を冷ます間の暇つぶしに、買いもしないのに吉原をぶらついたことに由来すると言われております。
 
 また、江戸の町には塵一つ落ちていなかったとよく言われますが、くず紙を拾い集めて再生紙の製造所に売る商売が成り立っていたためでございます。
 
 江戸時代、町人や農民までもが識字率が高かった理由も、紙の大量生産と切り離して考えることはできません。
 文字を覚えるには、読書と習字が不可欠ですが、どちらも紙という媒体がなければ普及は困難なのでございます。
 ヨーロッパ中国などで、一般大衆の識字率が向上しなかったのは、紙の生産能力の違いにあったと言っても過言ではないでしょう。
 
 況してや朝鮮半島においては、14世紀に発明された庶民文字ハングルが、20世紀に日帝の手によりようやく日の目を見るようになりましたのも、朝鮮半島の紙事情を如実に示すものでございます。懐紙を知らない韓国人が、21世紀の韓国茶道(笑)でトイレットペーパーを用いてしまうのも無理からぬことでございましょう。
 
 とはいえ、読み書きを学ぶための紙すら手に入らなかった「哀号ー!」な歴史を華麗にスルーし、折り紙は韓国起源ニダと主張して憚らないのが韓国式ポジティブシンキングなのでございます。
 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本の文化には、和紙の大量生産の存在があったのですね。

豊富な紙の生産が襖や障子や手紙や書物や懐紙などとして紙の文化が出来た訳です。
文化・伝統を語るには、朝鮮のような「一点パクリ」では証明のしようもありません。
他人の財産を自分のものだと触れ回る朝鮮人の思考が私には理解できません。史実においても不都合に目をつぶる精神は、歴史ではなく精神病の範疇です。

No title

早速ご許可、ありがとうございます。ww

懐紙ってなんだよ?
紙の文化なんてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国にはないでしょうから
紙漉き? なんのこっちゃの世界でしょう(わらい

こうした事実と現実を突きつけられてもめげない無恥根性
その根性、他に使えばね~
妄想だけではね~(わらい

No title

和紙って今ではかなり高級品になってしまいましたね。それでも江戸時代にはそれなりに庶民でも使えたわけで、それはすごいことです。
そして習字の手習いなどでは何度も繰り返し上から書いて、紙が真っ黒になるまで使い倒したわけですから、今の時代の工業生産の高さとはまるで別世界ですね。

そう言えばここ5年程(?)で色つきの墨が開発されて、評判になっているようです。昔のものだけじゃなく、新しいものを作り出す職人さんの努力に恐れ入ります。

No title

To 相模さん
>日本の文化には、和紙の大量生産の存在があったのですね。
>
>豊富な紙の生産が襖や障子や手紙や書物や懐紙などとして紙の文化が出来た訳です。
>文化・伝統を語るには、朝鮮のような「一点パクリ」では証明のしようもありません。
>他人の財産を自分のものだと触れ回る朝鮮人の思考が私には理解できません。史実においても不都合に目をつぶる精神は、歴史ではなく精神病の範疇です。


剣道の起源を主張する割には剣豪がいない、茶道の起源の割にはロクな茶畑がない、ホントに恥ずかしくないんですかねって、恥なんて感覚を持っていたらhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国人ではないですね。

No title

To gannrikiさん
>早速ご許可、ありがとうございます。ww

はい、よろしくお願いいたします。


>懐紙ってなんだよ?
>紙の文化なんてhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国にはないでしょうから
>紙漉き? なんのこっちゃの世界でしょう(わらい
>
>こうした事実と現実を突きつけられてもめげない無恥根性
>その根性、他に使えばね~
>妄想だけではね~(わらい


ホントに無駄にくだらないエネルギーだけはあるんですよね、あの国は。

No title

To kentantoさん
>和紙って今ではかなり高級品になってしまいましたね。それでも江戸時代にはそれなりに庶民でも使えたわけで、それはすごいことです。
>そして習字の手習いなどでは何度も繰り返し上から書いて、紙が真っ黒になるまで使い倒したわけですから、今の時代の工業生産の高さとはまるで別世界ですね。
>
>そう言えばここ5年程(?)で色つきの墨が開発されて、評判になっているようです。昔のものだけじゃなく、新しいものを作り出す職人さんの努力に恐れ入ります。


江戸時代には再生紙の技術が発達して、襖に使うから紙から半紙、浅草紙(ちり紙)まで様々な等級のものがあったようです。

No title

こんばんは。

現在の大手製紙メーカーは明治時代になって誕生しましたから、創業100年ちょっと。

しかし、紙の代理店は「和紙問屋」や「浅草紙屋」がルーツですから、創業200年、300年という所が多いのです。

歴史の深さでは、我が国の製紙業は世界に冠たるものなのです。

No title

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

このhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国茶道の写真をみる度に思うのは、実はトイレットペーパーよりも周りに人が立っていること。床に置いた茶碗の周りで歩いたら、埃が入るだろうが!しかも外なのに!です。
 トイレットペーパーはいくらなんでもそこで用を足すわけではなく、一応何かをふき取る為に置いてあるのでしょう。しかし、これは違います。
 私がこの作法は掘立小屋みたいなもんだな、と思うのはそこです。茶を楽しむ茶道はもてなす側と客側にそれぞれの気遣いが必要です。そうでなくては雑念が多すぎて心置きなく茶を楽しむことは出来ません。作法とはそれをスムーズにさせるためのもののはずです。
 ホント、茶碗の見かけは綺麗に輝いているのですけどね…肝心な部分がないからこうなるんですよね…

No title

To kuronekosannさん
>こんばんは。
>
>現在の大手製紙メーカーは明治時代になって誕生しましたから、創業100年ちょっと。
>
>しかし、紙の代理店は「和紙問屋」や「浅草紙屋」がルーツですから、創業200年、300年という所が多いのです。
>
>歴史の深さでは、我が国の製紙業は世界に冠たるものなのです。


創業100年でも、世界的にはかなり長いですよね。
日本の製紙業のスゴさは、お札を見れば一目瞭然ですね。

No title

To pochi-oneさん
>遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。
>
>この韓国茶道の写真をみる度に思うのは、実はトイレットペーパーよりも周りに人が立っていること。床に置いた茶碗の周りで歩いたら、埃が入るだろうが!しかも外なのに!です。
> トイレットペーパーはいくらなんでもそこで用を足すわけではなく、一応何かをふき取る為に置いてあるのでしょう。しかし、これは違います。
> 私がこの作法は掘立小屋みたいなもんだな、と思うのはそこです。茶を楽しむ茶道はもてなす側と客側にそれぞれの気遣いが必要です。そうでなくては雑念が多すぎて心置きなく茶を楽しむことは出来ません。作法とはそれをスムーズにさせるためのもののはずです。
> ホント、茶碗の見かけは綺麗に輝いているのですけどね…肝心な部分がないからこうなるんですよね…


形ばかりで中身のない国ですから。産業でも、文化でも。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。