FC2ブログ

【寿司】韓国起源を粉砕する!!

『寿司は韓国起源だったのか、、、』韓国風寿司に賛否両論

http://kizitora.info/archives/22029150.html

 

https://www.youtube.com/watch?v=KHC6epzzSco

 

 

 

ここ数日、各所で話題になっているYouTubeの動画です。

 

韓国のねぇちゃんが、韓国式海苔巻きを作っています。

 

まあ、そりゃいいんですが、コメント欄を見ると例のごとく「寿司は韓国起源」と主張するバ韓国人がワラワラと、湧いて出て・・・

しかも、ワケわからん方向に起源の主張が進化(?)していますね。

 

韓国人は、日本人よりも700年早く海苔を食べていたとか。

 

生魚を食べるのは、日本文化じゃないとか。

 

 

バカも休み休み言え。

 

 

というわけで、海苔について。

 

 

海苔巻きの海苔は、ご存知、板海苔と申しまして、そのサイズは全形21cm×19cmと決まっています。

 

この規格は、昭和41年にそれまで様々あったサイズを業界が統一して決められました。

 

 

このサイズは、浅草紙の大きさ。お若い方はご存知ないかもしれませんが、日本伝統のティッシュペーパー、ちり紙というヤツですね。

 

紙漉きの技術を応用して作られる板海苔は、東京の大森が発祥と言われています。

 

当初は、いろいろな紙漉きの型を利用して作っていたため、様々な大きさのものがあったそうですが、現在の規格に採用されたのが浅草紙の大きさの紙漉き型。まあ、いろいろ試して、一番使いやすい大きさだったんでしょう。

 

 

で、バ韓国で売られている板海苔の大きさも、なぜかこの規格。

 

日本より700年も早くから海苔食ってたんじゃないのか?

 

バカなので、日本が韓国の規格をマネしたとか言い出しかねないですが、そもそも朝鮮半島には便所もなければ「ちり紙」なんてありませんでしたから。

 

したらしっぱなし。洟が垂れたら、手洟をかんでそのまんま。

 

 

いや、汚いですねぇ。それで、魚の生食文化とか寿司文化とか主張されても、吐き気を催すだけなんですが。

 

 

韓国海苔巻きの動画を見て、なんで沢庵なんだよ、しかもカニカマだし、いやそれ以前に日本式炊飯器と杓文字ってなんだよ?ってか、朝鮮に巻き簀なんかねーだろ、とまあツッコミどころを色々とご紹介申し上げようと思っていたんですが、便所の話でバ韓国人の主張を効果的に叩き潰し、かつ、それに惑わされ勝ちなアホ外人を納得させる論法を思いついてしまったので、手っ取り早くそっちを紹介しますわ。

 

 

 

 

皆さんにお聞きします。

 

韓国人は、寿司や刺身は韓国起源だと主張しますが、

 

I would like to ask you. 

Koreans insist that Sushi and Sashimi are Korean original, however...

 

 

 

 

あなたは、こんな人々が作った寿司や刺身を食べられますか?

Would you like to eat Sushi and Sashimi prepared by people like this?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな環境で作られた寿司や刺身を食べられますか?

Can you eat Sushi and Sashimi prepared in an environment like this?

(Korea early 20th century)

 

 

この写真を見て、生魚に食欲が湧きますか?

Would you wish to eat raw fish after looking this picture?

(Korea early 20th century)

 

 

こんな所で採れた魚を、生で食べられますか?

Can you imagine yourself eating raw fish caught in the place like this?

(Korea early 20th century)

 

 

 

 

 

絶対に無理!!

IMPOSSIBLE!!!

 

 

 

 

こういう人が作ってくれた寿司や刺身なら食べたい。

I wish to eat Sushi and Sashimi prepared by woman like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

こういうところで。

in a beautiful place like this.

(Japan 19th century)

 

 

 

 

 

<バ韓国人の起源主張にお困りの方へ>

この記事は、コピペ・拡散大推奨です。

そのまんま使っていただいても、応用して動画などを作成いただくのもご自由にどうぞ。

 

 

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます
 日本で言えば、鮒寿司や飯寿司のような「なれ寿司」の類は、恐らく江南起源でしょう。魚醤の分布から見ても推定されます。今でもタイのナンプラー、ベトナムのニョクマム、秋田のしょっつるなど共通する文化は、江南以南の発酵文化の継承食文化です。半島にはホンオフェと称するアンモニア臭のきつい「エイの半腐れ」を賞味する習慣がありますから、対馬暖流に乗って江南からの来着者が南方文化を持ち込んだ結果でしょう。発酵食品としての起源は、江南地方に求めるのが正解なのではないでしょうか。今の寿司は、江戸っ子の気分に合わせて作られた「早寿司」が起源であることは明白です。これらは発酵させる手間が掛からないので、その手っ取り早さが江戸っ子に受けたのでしょう。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国には寿司に関する限り何一つ起源の可能性がありません。

No title

面白い動画をありがとうございます。

そういえば学生時代にhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国に行った時、現地の学生に案内されて食べましたよ、海苔巻。私が食べたものには椎茸が入っておりました(笑)
 酢飯じゃありませんからね、味が単純だったのを覚えてます。
 このお姉ちゃんが作っている代物。キュウリ、ハムなど現代的な具材が入っています。日本でいうならママが作る幼稚園児のお弁当のようなモノでしょうか。この段階ですでにアレンジ料理でしょう。
 起源云々というより元の料理はなんなんだ、です。
 ちなみにいま世界で「スシ」と言われているhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノは、元々日本では江戸前と呼ばれ関東の一部分で食べられていたhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノでしかありません。それを遡っていけばなれずしなどの発酵食品に行きつきます。
 それを思えばhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国のこれは寿司ではありません。発酵食品ではありませんから。
 外見しか見ないからこんなことになるんですよね。らしいと言えばその通りですし。

No title

20年くらい前に、「生魚を食べるなんて野蛮だ」みたいなこと言って批判していなかったっけ?
まったく、自分たちがどういうことを言っていたのかとか覚えちゃいないんだろうなぁ。
まぁ、新聞の同じ日付のものでも、内容が矛盾してる記事が簡単に見つかる国だからなぁ。鳥頭よりひどいな。

No title

To yasutarohさん
>おはようございます
> 日本で言えば、鮒寿司や飯寿司のような「なれ寿司」の類は、恐らく江南起源でしょう。魚醤の分布から見ても推定されます。今でもタイのナンプラー、ベトナムのニョクマム、秋田のしょっつるなど共通する文化は、江南以南の発酵文化の継承食文化です。半島にはホンオフェと称するアンモニア臭のきつい「エイの半腐れ」を賞味する習慣がありますから、対馬暖流に乗って江南からの来着者が南方文化を持ち込んだ結果でしょう。発酵食品としての起源は、江南地方に求めるのが正解なのではないでしょうか。今の寿司は、江戸っ子の気分に合わせて作られた「早寿司」が起源であることは明白です。これらは発酵させる手間が掛からないので、その手っ取り早さが江戸っ子に受けたのでしょう。http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国には寿司に関する限り何一つ起源の可能性がありません。


メコン川流域発祥とよく言われていますが、そもそもは魚を保存する技術だったんですよね。それを、ご飯を主体にしたのが瑞穂の国、日本です。
寿司とは「酸し」すっぱいご飯のことですね。

No title

To pochi-oneさん
>面白い動画をありがとうございます。
>
>そういえば学生時代にhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国に行った時、現地の学生に案内されて食べましたよ、海苔巻。私が食べたものには椎茸が入っておりました(笑)
> 酢飯じゃありませんからね、味が単純だったのを覚えてます。
> このお姉ちゃんが作っている代物。キュウリ、ハムなど現代的な具材が入っています。日本でいうならママが作る幼稚園児のお弁当のようなモノでしょうか。この段階ですでにアレンジ料理でしょう。
> 起源云々というより元の料理はなんなんだ、です。
> ちなみにいま世界で「スシ」と言われているhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノは、元々日本では江戸前と呼ばれ関東の一部分で食べられていたhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%25A2%25E3%2583%258E/" class="keyword">モノでしかありません。それを遡っていけばなれずしなどの発酵食品に行きつきます。
> それを思えばhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国のこれは寿司ではありません。発酵食品ではありませんから。
> 外見しか見ないからこんなことになるんですよね。らしいと言えばその通りですし。


そもそもhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E9%259F%2593%25E5%259B%25BD/" class="keyword">韓国海苔は日本向けに作られていたものを、戦後輸出先が無くなって自分たちで消費するようになったんですよね。それで、日本の海苔巻きをマネしてみたと・・・

No title

To kentantoさん
>20年くらい前に、「生魚を食べるなんて野蛮だ」みたいなこと言って批判していなかったっけ?
>まったく、自分たちがどういうことを言っていたのかとか覚えちゃいないんだろうなぁ。
>まぁ、新聞の同じ日付のものでも、内容が矛盾してる記事が簡単に見つかる国だからなぁ。鳥頭よりひどいな。
>


いえいえ。鳥さんだって結構記憶力がいいですので、一緒にしたら可哀相です。
生魚を食べる文化なんて、不潔極まりない朝鮮半島で発達するはずもないんです。

No title

私の実家は三河なので、昔は「握り」など食べていませんでした。

「握り」は「江戸前」です。
ましてや、本物の「江戸前」に生ものなどありません。

今の「握り寿司」は昭和時代、生鮮食品の物流が劇的に改善されたからこそ出来たものです。

昔の「江戸前」は「ズケ」「酢締めのコハダ」「煮http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A9%25B4%25E5%25AD%2590/" class="keyword">穴子」に「煮貝」など、けして「生もの」を乗せてはいなかったのです。


さて、三河では、寿司と言えば「お稲荷さん」と「干瓢巻き」。

やはり「生もの」は使いません。

もっと西に行くと「押し寿司文化圏」になります。

具材は、火を通すか、酢締めにするか?

けして「寿司」は「生魚」を食べる料理では無かったのです。

生魚は、我々は「刺身」として食べていたので、わざわざ「保存食」である「寿司」に、生魚を使う必要など、かつては無かったのです。

No title

こんばんは
 古く中国の江南地域では「松江の鱸を鱠にした食べる」と言って、生魚を薄切りにして食していたようですが、北方騎馬民が全土を蹂躙するようになって、魚食より肉食が主流になったようです。倭の故地も江南の稲作民が、騎馬民族に追われて船で海上に浮かび、南へ北へと散って行ったものと思われます。南越の故民はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2599%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E3%2583%25A0/" class="keyword">ベトナム人となり、北へ逃れた者は対馬暖流に乗って、半島南部、北九州、越の国(越前・越中・越後)から果ては秋田まで流れ着いたものと思われます。稲作は、半島経由よりもこの亡命江南人が伝えたものでしょう。

No title

To kuronekosannさん
>私の実家は三河なので、昔は「握り」など食べていませんでした。
>
>「握り」は「江戸前」です。
>ましてや、本物の「江戸前」に生ものなどありません。
>
>今の「握り寿司」は昭和時代、生鮮食品の物流が劇的に改善されたからこそ出来たものです。
>
>昔の「江戸前」は「ズケ」「酢締めのコハダ」「煮http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25A9%25B4%25E5%25AD%2590/" class="keyword">穴子」に「煮貝」など、けして「生もの」を乗せてはいなかったのです。
>
>
>さて、三河では、寿司と言えば「お稲荷さん」と「干瓢巻き」。
>
>やはり「生もの」は使いません。
>
>もっと西に行くと「押し寿司文化圏」になります。
>
>具材は、火を通すか、酢締めにするか?
>
>けして「寿司」は「生魚」を食べる料理では無かったのです。
>
>生魚は、我々は「刺身」として食べていたので、わざわざ「保存食」である「寿司」に、生魚を使う必要など、かつては無かったのです。
>

冷蔵庫のない時代に、生はいかんですね、生は。
そういえば、西の方では江戸前寿司を早寿司と呼んで、下品な食べ物としていたようですね。もっとも、労働者向けのファーストフードですから、上品なたべものでないことは確かです。

No title

To yasutarohさん
>こんばんは
> 古く中国の江南地域では「松江の鱸を鱠にした食べる」と言って、生魚を薄切りにして食していたようですが、北方騎馬民が全土を蹂躙するようになって、魚食より肉食が主流になったようです。倭の故地も江南の稲作民が、騎馬民族に追われて船で海上に浮かび、南へ北へと散って行ったものと思われます。南越の故民はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2599%25E3%2583%2588%25E3%2583%258A%25E3%2583%25A0/" class="keyword">ベトナム人となり、北へ逃れた者は対馬暖流に乗って、半島南部、北九州、越の国(越前・越中・越後)から果ては秋田まで流れ着いたものと思われます。稲作は、半島経由よりもこの亡命江南人が伝えたものでしょう。


現在でも、香港あたりで魚生(イーサン)といって、正月に白身の魚を生で食べる習慣がありますね。松江の鱸の名残でしょうか。
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR