FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優良図書のご推薦

>> 推薦優良図書 <<

 

米国で刊行後、数々の賞を受賞。公立学校の教材として採択された感動の物語。

 

☆ The Courage of Conscience Award from the Peace Abbey in Sherborn

☆ ALA Notable Book

☆ Parents' Choice Gold Award

 

 

 

      竹林はるか遠く ヨーコ・カワシマ・ワトキンス著

 

 

邦訳が熱望されていた名著、待望の日本語版

大戦末期のある夜、小学生の擁子(ようこ・11歳)は「ソ連軍がやってくる」とたたき起こされ、母と姉・好(こう・16 歳)との決死の朝鮮半島逃避行が始まる。欠乏する食糧、同胞が倒れゆく中、抗日パルチザンの執拗な追跡や容赦ない襲撃、民間人の心ない暴行もかいくぐり、祖国日本をめざす。
終戦前後の朝鮮半島と日本で、日本人引き揚げ者が味わった壮絶な体験を赤裸々に綴る、息もつけぬ、愛と涙のサバイバルストーリー。

 

 

 

推薦図書運動:

 

複数購入し、地域の図書館へ寄付しましょう。

 

自治体の推薦図書運動に情報提供しましょう。

 

PTA推薦図書として学校の図書館に寄付しましょう。

 

米国の中学校で教材とされた名著を、日本の義務教育の教材として採択するよう教育委員会に働きかけましょう。

 

英語版を義務教育の英語教材として採択するよう、教育委員会に働きかけましょう。

 

 

                 So Far From The Bamboo Grove

 

 

 

 

 

啓蒙活動

 

この本を、身近な人に贈りましょう。

 

贈る際には、ギフトカードに以下の文章を添えましょう。

 

 

この本の記述に、終戦直後朝鮮人が日本人の女性や子供を迫害し、性的暴行を行っていたという部分が含まれることから韓国人・韓国アメリカ人が反発、2007年現在ではこの本の教材使用禁止運動も行われており、活発なロビー活動が行われた。韓国領事館も米教育当局へ嘆願書を提出。これらの圧力を受けて、一部の地域では教材から取り除くなどの対応が行われている。またこの抗議活動の過程で、作中にて父親の職業が「満洲で働く高級官僚」であり、後の本で「6年間という長期のシベリア抑留を受けていた」とされていることを根拠に、731部隊の幹部であったという疑惑がもちかけられている(作者自身は、父親は満鉄社員であったと証言している)。また、作品の内容にも矛盾がある、などとしている。
 

竹の森遠く(Wikipedia)より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E3%81%AE%E6%A3%AE%E9%81%A0%E3%81%8F

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

情報有難うございました。この本の原本は所持していますが、邦訳が待たれる所でした。
物語はアメリカの小学校の教科書にも紹介されていたそうですが、コリア系http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国人によって排斥されたそうですね。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国在住の妹にそのことを述べたところ、妹の答えは「お兄ちゃん、差別的な発言はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカでは駄目だよ」でした。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2585%25B0%25E5%25AE%2589%25E5%25A9%25A6%25E5%2595%258F%25E9%25A1%258C/" class="keyword">慰安婦問題も「差別的偏見」を自己の味方にして、コリア系が一方的な言いまくりをして「勝利」を勝ち得ているのか、と歯噛みする思いです。

No title

どこかの徳資家が大量に買って小中学校に寄付してくれないかなぁ。
とりあえず1冊買って、もう一冊は図書館にリクエストしておきますか。
あ、隣の区の図書館にもリクエストしておこう。

No title

早速、市の図書館にリクエストしておきました。

No title

私も先日、2chのカキコミで知ってその日に予約しました。
息子に読ませようと思ってw

No title

To 相模さん
>情報有難うございました。この本の原本は所持していますが、邦訳が待たれる所でした。
>物語はアメリカの小学校の教科書にも紹介されていたそうですが、コリア系http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国人によって排斥されたそうですね。
>
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E7%25B1%25B3%25E5%259B%25BD/" class="keyword">米国在住の妹にそのことを述べたところ、妹の答えは「お兄ちゃん、差別的な発言はhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカでは駄目だよ」でした。
>http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E6%2585%25B0%25E5%25AE%2589%25E5%25A9%25A6%25E5%2595%258F%25E9%25A1%258C/" class="keyword">慰安婦問題も「差別的偏見」を自己の味方にして、コリア系が一方的な言いまくりをして「勝利」を勝ち得ているのか、と歯噛みする思いです。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AB/" class="keyword">アメリカから来る人間って、もう差別に対する感覚が異常ですよ。
例えば、数人で集まって会話している時に、「××人の私が分らない話題はやめろ」なんてことを平気で言うんです。ここまで来るともうキチhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AC%25E3%2582%25A4/" class="keyword">ガイとしか・・

No title

To kentantoさん
>どこかの徳資家が大量に買って小中学校に寄付してくれないかなぁ。
>とりあえず1冊買って、もう一冊は図書館にリクエストしておきますか。
>あ、隣の区の図書館にもリクエストしておこう。


みんなで少しずつという方が、大きな力になりますし。
寄付せずともリクエストという方法も良いですね。

No title

To kentantoさん
>早速、市の図書館にリクエストしておきました。


Good job!!

No title

To 黒猫さん
>私も先日、2chのカキコミで知ってその日に予約しました。
>息子に読ませようと思ってw


これからの日本人の必読書ですね。お子様には真実を知ってもらわなくては。

No title

管理人さんはご存知と思いますが、私は『流れる星は生きている』藤原てい著(中公文庫BIBLIO20世紀)を挙げます。
満州から朝鮮半島ルートでの引き揚げで、大半の方が亡くなられたという凄まじい実体験に基づいて書かれた小説です。今は亡き私の父も満州からの引揚者であり、作品に出てくる長男と全く同じ立場でした。途中で妹達の命を繋ぎ止められなかったことが悔しくてならなかったと言う言葉が、改めて甦ります。

No title

To hanehanさん
>管理人さんはご存知と思いますが、私は『流れる星は生きている』藤原てい著(中公文庫BIBLIO20世紀)を挙げます。
>満州から朝鮮半島ルートでの引き揚げで、大半の方が亡くなられたという凄まじい実体験に基づいて書かれた小説です。今は亡き私の父も満州からの引揚者であり、作品に出てくる長男と全く同じ立場でした。途中で妹達の命を繋ぎ止められなかったことが悔しくてならなかったと言う言葉が、改めて甦ります。


以前、ドラマでやっていたような記憶が・・・。曖昧で済みません。
数学者の藤原正彦先生の御母堂様の著書ですね。
お父上様のような多くの引揚者の赤裸々な実話を、もっと後世に残さなければと思います。
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。