FC2ブログ

第二のWai Wai事件

週末と言うのに、仕事に追われブログ更新をサボッておりましたが、それで気づいたことが一つ。

 

毎日変態新聞が、英文サイトWai Waiでロクでもない記事を発信していた事件は記憶に新しいと思いますが、実は「第二のWai Wai事件」呼ばれる事件があったのをご存知ですか。

 

「地球人ネットワークを創るアルク」というサイトの「英辞郎 on the WEB」というウェブ辞書で検索される例文が、「反日すぎる」「変態すぎる」と利用者の間で問題になっておりました。

 

その例文のひどさを、↓こちらのサイトから引用いたしますと、

http://mendokusai.tumblr.com/post/85144627/japanese-troops

 

「日本軍」で検索した結果:

 

# 日本軍
Japanese troops

# 日本軍がこの貴重な化石を持ち去ったと非難する人もいます。
Some have accused the Japanese military of removing the prized fossil. 全文表示

# 日本軍が中国各地で一般人を虐殺する
Japanese soldiers slaughtered ordinary Chinese people at various Locations in China.〔【出典】『日本経済の秘密』(岸本建夫著)/株式会社ヤック企画◆URLhttp://www.hiraganatimes.com/index-j.html〕 全文表示

# 日本軍によるアジアの人々に対する卑劣な行為、そして被爆者の悲惨な体験を出演者はたどたどしい日本語ながらせつせつと朗読した。
In their faltering Japanese and with great emotion, the performers recited their lines about the tragic experiences of the bomb victims and the contemptible actions of the Japanese soldiers toward the people of Asia.〔【出典】『国際交流の秘訣』(長谷川勝行著)/株式会社ヤック企画◆URLhttp://www.hiraganatimes.com/index-j.html〕 全文表示

 

とまあ、このような調子なわけです。

 

「変態」系の例文については、アルク「英辞朗 on the web」の例文が反日すぎるをお読み頂くと分ります。

 

「回数」で検索した結果:


「それに男って、付き合う回数を重ねると、セックスで手を抜くようになるじゃない。」
「最後に彼女にこう言われたんだ。 『あなたは、イクのが早すぎるから友達に紹介できないわ』って。 そう言われてショックだったし、悩んだよ。 でも、男友達に『回数を重ねれば大丈夫だよ、心配するな』と言われた。 その時は半信半疑だったけれど、今は本当だったんだなと思うよ」

 

その他、このサイトには「永住資格を取得するための偽装結婚」を推奨するような例文や、「不法滞在は犯罪じゃない」という内容の例文なども多数あり、どんな辞書だよという状況でした。

 

実は、この反日・変態・外国人犯罪奨励の例文を提供していたのは、外国人向け雑誌「ひらがなタイムズ」を発行するヤック企画。ヤック企画は、かなり昔から↓こんな本を出版するようはエゲツない会社です。

 

ナンパ天国ニッポン―日本の女は簡単だ (ひらタイブックス)
「外国人にしつこくナンパされた」という日本人女性の訴えに対し、外国人男性からは「日本の女は簡単」という意見が多く聞かれる。日本に滞在する9人の外国人男性を取材し、その女性遍歴を明かす。英文併記。〈ソフトカバー〉

 

 

しかし、アルク「英辞朗 on the web」の例文が反日すぎるのスレッドに参加した人達や、ブログ「アルクのオンライン辞典「英辞郎」が変だ」の方などが、アルクに猛抗議をした結果、昨年11月にヤック企画の例文は全部排除されました。

 

ところが、ヤック企画の例文がまたぞろ復活しているのを発見しました。

ただし、ソースは2010年3月以降のもので、変態・反日傾向は無くなったようです。

しかしながら、「在日外国人」で検索すると、参政権関係の例文が出てくるなど、油断するとロクでもない例文を提供する素地はまだ残っています。

アルクによると、例文は提供元がライセンスしたものしか使えないため、例文選定はすべてヤック企画だったとのことで、ヤック企画が意図的にやっていたのか、あるいは、この手の企業によく紛れこむ「反日外人」の仕業かどちらかでしょう。

 

イエローキャブが話題になった当時から、「ひらがなタイムズ」にはロクでもない記事が載っていることは知っていましたが、こんなクソ雑誌に金を払うのはバカバカしいので、アルクの辞書は「ひらがなタイムズ」とその読者外人、というより害人の傾向を把握するのに便利だったことは確かです。

 

アルクの辞書は、「『ひらタイ』読んでる外人は変態ナンパ野郎」という宣伝戦を戦うには、もってこいだったものでwwww

 

昨年、日本で知り合った中米人に「ひらタイとか読んでる?」と聞いたところ「その雑誌読んでるとナンパ目的の外人と思われる」と言われた時、私は勝利を確信しました(笑)

 

まあ、それが原因ではないと思いますが、というより、アルクの契約を切られて慌てたのでしょうが、今年の初めぐらいまで「日本女性の体形がどーたら」だの「ブランド志向がなんたら」だの、くだらない記事を掲載していた「ひらがなタイムズ」のサイト自体も、だいぶ毒の抜けたものになっています。

 

この手の外国人向け雑誌や情報サービスは、反日・変態の最前線であることが多いので、今後も監視を怠ってはいけませんww

 

 

AUTHOR: 2003-iza DATE: 08/03/2010 15:43:02 監視お疲れ様です! 個人的にはこの辺りの事は 良く分らんもんで、 maazさんにお願いするしかありません。 今後も宜しくお願いします。m(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

そもそも侮辱罪が成立 するんじゃ?

To 犬さん
>そもそも侮辱罪が成立 するんじゃ?
こんにちは。
こういう外人向け雑誌の日本女性侮辱記事に、女性人権団体が抗議をしないのが不思議です。Wai Waiの時も、どこの団体も何も言っていませんでしたよね。

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR