FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州は今でも中世のままなんですよ

婚外子差別、違憲判断へ 最高裁、秋にも決定

結婚していない男女間の子ども(婚外子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子ども(嫡出子)の半分とする民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に反するかどうかが争われている家事審判で、特別抗告審の弁論が10日、最高裁大法廷で開かれ、婚外子側は「不合理な差別で違憲だ」と速やかな司法救済を求めた。大法廷憲法判断や判例変更をする場合に開かれる。最高裁は「合憲」とした過去の判例を見直し、秋にも示す決定で「違憲」と判断するとみられる。

 午前中の弁論では婚外子側の弁護士が「欧州では差別が撤廃され、国連の委員会も日本に再三、是正勧告している」と指摘した。
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071001001074.html

 

 

 

このケースは簡単に言いますと、妻子ある男が家庭の外に女を作り子供をもうけ、その子供たちが正妻の子供たちと同じ権利を持てないのは「違憲」だと騒いで起こした裁判ですね。

 

男が外に女を作るのは男の甲斐性ですから、相続問題も男の甲斐性で丸く収めるのが男と言うもので、子供たちがその諍いを司法の問題にするってぇのは、男の甲斐性が中途半端だったと言うことに他ならない訳で、一般国民としてはハタ迷惑な話です。

 

 

 

そりゃそうと、この手の裁判で大活躍する所謂「人権弁護士」どもが、何かと引き合いに出す欧米のケース。

 

この記事でも、「欧州では差別が撤廃され、国連の委員会も日本に再三、是正勧告している」と引き合いに出されていますね。

 

甲斐性の中途半端な男の子供が起こした裁判は、とりあえず置いといて、なぜ欧州では「事実婚」や「婚外子」に関する社会的権利がこれほどまでに主張されるのかと言う話をしましょう。

 

 

 

まず、「事実婚」ですが、これは「離婚」を認められていないカトリックの国で要望が持ち上がったことから、カトリック教徒の多い国々で民法を改正する動きが起きたという背景があります。

 

つまり、キリスト教国に限らずですが、世界の大半の国では宗教的戒律が、一般の法律より優先されるということを理解してください。

 

日本人の感覚では、カトリックの教義を世の中の動きに合わせて離婚できるように変えろよと思いますが、世の中がどんなに進歩しようと宗教のあり方は中世のままというのが欧米社会の現実です。

 

日本の進歩的(笑)文化人だの、フェミニストだの、福島瑞穂だのが、何かと引き合いに出す「欧米先進国」を支えるバックボーンは、未だに中世のままなのです。制度が中世のままだから、一足飛びに「結婚」などという遅れた制度に縛られない「事実婚」を推進しようという、どう考えてもアホな動きが活発化するわけです。

 

古代から離婚の自由が認められている日本国において、「事実婚」などという意味不明な制度は必要ないのです。

 

多くの異性とご縁のある男女は、自由に結婚と離婚を繰り返せばいいだけの話です。

 

 

 

次は、このようなカトリック国における「婚外子」の立場について説明しましょう。

 

一番分り易い例として、元F1ドライバーのジャン・アレジ氏と結婚した後藤久美子さんについてお話します。

 

後藤さんの夫であるジャン・アレジ氏は、以前別の女性と結婚して実際には別れていますがカトリック教徒であるため離婚が成立していません。そのため、新しいパートナーとして見つけた後藤さんと新しい家庭を築くため「事実婚」という選択をしました。

 

アレジ氏と後藤さんの間には、子供もおり、アレジ氏にとっての現在の家庭は明らかに後藤さんとのものですが、後藤さんとの子供は「婚外子」ということになります。

 

カトリックの多い欧州には、こういう形の「婚外子」が沢山いるわけです。

 

前の配偶者との離婚が成立しないため、今の配偶者との子どもと前の配偶者の子供の間に「格差」が生まれてしまうのです。欧州では、こういうケースを解消するために「嫡出子」と「婚外子」の差別を撤廃する形で民法改正が行われたのです。

 

明らかに、妻子ある男が外に女を作って子供をもうけた場合と違うことが分ります。

 

 

 

さて、離婚も再婚も自由な日本で、そんな民法改正が必要でしょうか。

 

 

まー、得をするのは、日本の夜の街に出稼ぎに来ている、日本語の不自由な「アケミさん」とか「ユウコさん」とか、日本の男をたぶらかして子供まで作って日本の永住ビザを獲得した挙句、子供の相続権まで獲得できるという「一粒で二度美味しい」思いをできる人たちでしょう。

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは知らないことを詳しく解説して頂いてありがとうございます。なるほど日本じゃそこまで宗教が生活に干渉して来ませんから感覚的にわかりませんね。こういう背景があるって言うのは勉強になります。

No title

死が二人を分かつまで・・・と神に誓いますからね(笑)逆らって天国に行けなくなると困るし・・・あっちの神様は厳しいですから。
この話、法律なんか昔からあったんだし、それでもパパは遺言も残してくれなかったワケですから、これがパパの気持ちなんじゃないの?とハタから見てると思うんですけどね。

No title

To kentantoさん
>これは知らないことを詳しく解説して頂いてありがとうございます。なるほど日本じゃそこまで宗教が生活に干渉して来ませんから感覚的にわかりませんね。こういう背景があるって言うのは勉強になります。


こういう背景を隠して、日本にも欧米と同じ制度を導入しようとするのが人権屋とマスゴミです。

No title

To pochi-oneさん
>死が二人を分かつまで・・・と神に誓いますからね(笑)逆らって天国に行けなくなると困るし・・・あっちの神様は厳しいですから。
>この話、法律なんか昔からあったんだし、それでもパパは遺言も残してくれなかったワケですから、これがパパの気持ちなんじゃないの?とハタから見てると思うんですけどね。
>

確かに、こういうケースは父親が遺言書をきちんと作っておけばいいだけですね。

No title

そもそも、2号さん・3号さんを持つ甲斐性のない貧乏人には縁のない話ですww

財産という事は、親の残した『借金・負債』も等しく分割ですね。婚外子が借金背負ったという話は、あまり聞いたことがないんですがww

No title

To hanehanさん
>そもそも、2号さん・3号さんを持つ甲斐性のない貧乏人には縁のない話ですww
>
>財産という事は、親の残した『借金・負債』も等しく分割ですね。婚外子が借金背負ったという話は、あまり聞いたことがないんですがww


たぶん、この裁判の原告も親が残したものが借金だったら、他人のふりでしょう。

No title

こんばんは
とてもわかりやすい解説をありがとうございます
すごく納得できました

この話を聞いた時は「愛人の子供が金よこせ」と法律に訴えるのって筋が通らない
無節操なことしたオヤジが責任を負うべきで
オヤジの家族や子供にはそんな義務は無いし
遺言書に書いてあるなら一考の余地はあるけど…

とか考えてました

確か3ヶ月間財産権放棄しないと財産でも負債でも相続権のある人に行くけど
婚外子とかって一緒に住んでないのに財産があるか?とかわかるんだろうか?

例えば婚外子のいる会社の社長が莫大な借金背負って自殺した場合(たとえが物騒ですが)
社長の身内が婚外子に知らせなければ(普通は知らせないと思いますが)
3ヶ月後にいきなり「3億円払えや!」言われても文句言えないんですよね?

また例えでその婚外子の母親が亡くなってたとして真実を子に伝えていなければ
これは不幸としか言いようがないと思います


人を不幸にするための改憲なら何のために法律があるのか

なんかやたら長くなってすみません

No title

To アフターさん
>こんばんは
>とてもわかりやすい解説をありがとうございます
>すごく納得できました
>
>この話を聞いた時は「愛人の子供が金よこせ」と法律に訴えるのって筋が通らない
>無節操なことしたオヤジが責任を負うべきで
>オヤジの家族や子供にはそんな義務は無いし
>遺言書に書いてあるなら一考の余地はあるけど…
>
>とか考えてました
>
>確か3ヶ月間財産権放棄しないと財産でも負債でも相続権のある人に行くけど
>婚外子とかって一緒に住んでないのに財産があるか?とかわかるんだろうか?
>
>例えば婚外子のいる会社の社長が莫大な借金背負って自殺した場合(たとえが物騒ですが)
>社長の身内が婚外子に知らせなければ(普通は知らせないと思いますが)
>3ヶ月後にいきなり「3億円払えや!」言われても文句言えないんですよね?
>
>また例えでその婚外子の母親が亡くなってたとして真実を子に伝えていなければ
>これは不幸としか言いようがないと思います
>
>
>人を不幸にするための改憲なら何のために法律があるのか
>
>なんかやたら長くなってすみません


いずれにしても、こういう制度改正には様々なケースをじっくり考える必要があるのですが、欧米で行われている制度を無条件に進歩的と考えるバカが多いので中身のある議論がなされないまま、おかしな制度改正が進んでしまう現実がありますね。

No title

 そういえば、ヴァチカンのあるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアでは1973年まで、離婚が民法上、非合法でしたね。教会法がそのまんま法律になっていたわけで。
 もちろん、完全な離婚禁止・・なんてことが可能であるはずもなく、また、カトリック世界って日本など比べものにならないくらい、「それはそれ、アレはアレ」で「建前と本音」を使い分ける社会なので、その辺は融通と気をいろいろ利かせて、実質的には離婚していたようですが。
 
 ワケあってキリスト教世界に関わりが少々あるのですが、カトリック教徒といえども離婚はしてます。ただ、表向きはダメなので、「婚姻自体を無効」にしちゃうんですね。あと問題になるのは、あくまで「カトリック教徒同士の結婚」の場合で、片方がカトリックでない場合は問題になりません・・というか、問題にしようがない。
 まあ、その辺の「処理」とか「解釈」は神父、信徒、教会、国により様々です。
 でも、やっぱり、離婚した人っていうのは教会内では腫物に触るような扱い・・ではありますね。
 別に離婚を全面的に肯定する気はないのですが、やはり、そんな面倒なタブーを犯さずに離婚できる社会の方が遥かに自由で息苦しくないように思いますが、欧米人のやることなら何でも進歩的に見える連中には、何を言ってもムダだろうなぁ・・。

No title

To prijonさん
> そういえば、ヴァチカンのあるhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアでは1973年まで、離婚が民法上、非合法でしたね。教会法がそのまんま法律になっていたわけで。
> もちろん、完全な離婚禁止・・なんてことが可能であるはずもなく、また、カトリック世界って日本など比べものにならないくらい、「それはそれ、アレはアレ」で「建前と本音」を使い分ける社会なので、その辺は融通と気をいろいろ利かせて、実質的には離婚していたようですが。
> 
> ワケあってキリスト教世界に関わりが少々あるのですが、カトリック教徒といえども離婚はしてます。ただ、表向きはダメなので、「婚姻自体を無効」にしちゃうんですね。あと問題になるのは、あくまで「カトリック教徒同士の結婚」の場合で、片方がカトリックでない場合は問題になりません・・というか、問題にしようがない。
> まあ、その辺の「処理」とか「解釈」は神父、信徒、教会、国により様々です。
> でも、やっぱり、離婚した人っていうのは教会内では腫物に触るような扱い・・ではありますね。
> 別に離婚を全面的に肯定する気はないのですが、やはり、そんな面倒なタブーを犯さずに離婚できる社会の方が遥かに自由で息苦しくないように思いますが、欧米人のやることなら何でも進歩的に見える連中には、何を言ってもムダだろうなぁ・・。


http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25BD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2/" class="keyword">ソフィア・ローレンなどもそうですが、http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2/" class="keyword">イタリアでは「事実離婚」が横行して・・・
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。