FC2ブログ

狭い国土のメリット

と言うわけで、豪クイーンズランド州では、ドイツとフランスを合わせた面積が大洪水ですが、一方で、西部では猛暑、南東部では寒波、南で山火事と凄い状況になっております。

 

なんと分り易くまとめた地図を発見しました!

 

 

国土が広いので、このような状況が起きても不思議はないのですが、国土が広い分、復旧に時間がかかる事も確かです。

 

国土が広くて人口が少ないと言う事は、一人当たりの守備範囲が広くなると言うことです。

 

例えて言えば、東京と神奈川の人口で日本の20倍の面積の土地をメンテしなければならないと言うことで、川の氾濫防止にダムを作るったって一人当たりの負担を考えると大変なことなんであります。

 

4000億円の被害も、人口一億人なら一人当たり四千円で済みますが、二千万人だと二万円も負担する事になるわけです。

 

そんなわけで、治水も遅々として進まないわけでして、況してや猛暑や干ばつの対策なんてやりようもありません。

 

人口密度の違いは、普段の生活にも大きく影響します。

 

たとえばインターネット回線など、日本のように狭い土地であれば敷設距離も短く安上がりで早くでき、その上ユーザーも多いので投資の回収も早いわけです。そんなわけで、日本では世界一の高速回線を安く使えるという恩恵があるのです。豪州は、未だにDL容量に制限のあるADSLが主流というネット後進国なんであります。

 

鉄道網にしても同じ理屈で、日本では非常に安い運賃で利用できます。

 

国土が狭いとか、家がせまいとか、文句を垂れてる場合ではありません。狭いからこそのメリットもあります、というかメリットの方が大きいでしょう。

 

小さくてメンテしやすいからこそ、水や電気の供給も安定しているわけです。

災害も多いですが、起きても復旧も早いです。なんと有難いことでございましょう。

 

日本の住宅が小さいとか、そりゃメリケンの郊外のバカデカ住宅に比べりゃの話で、ヨーロッパ諸国と比べると大して違いはありませんし、家賃の安さを考えれば広いと言うべきです。

豪州あたりじゃ、少ない人口でも結局狭い所に集中して住むせいで住宅なんか大して広くありませんし、道路の幅なんか日本と比べても狭くて運転しずれぇーよと言うワケわからなさであります。

 

 

やっぱ、日本っていいでしょ。どーよ?

 

 

 

 

AUTHOR: 黒猫 DATE: 01/13/2011 16:15:22 激しく同意! それにしても、豪州、なんか余程の、罰が当たることでもしたんでしょか。 (例えば、SSとかw) 韓国の口蹄疫もエライコトになっているようですが、 これも何かの「天罰」か・・・・・? (宮崎牛の精子を盗んだり、口蹄疫を持ってきたりした罰かなw) 「天網恢恢疎にして漏らさず」??
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

To hanehanさん
>オーストラリア繋がりで、日本ではほとんど報道されなかったトンデモな話が年末にありました。
>
>「旧日本軍の捕虜だった」と嘘をつき、総額3,800万円相当の恩給を騙し取っていたオーストラリアの戦争捕虜の会元会長アーサー・クレーン被告に、禁固4年と不正受給分の返納命令という有罪判決が言い渡されています。
>この爺さん、世の中から注目されたいが為に1960年代に「旧日本軍の捕虜だった」と嘘をつき始めています。本物の戦争捕虜から当時の話をかき集め、『口先だけ』は上手かったのを悪用し嘘の『旧日本軍による泰緬鉄道建設の強制労働』等の旧日本軍の虐待行為の講演活動を積み重ね、会長にまで上り詰めています。
>
>日本のせいにして金を騙し取ろうという獣の如き連中は、日本を取り囲むかのように存在しています。
>
やることがまるで朝鮮人なので、オーストコリアの名前も伊達ではないと思いました。
しかし、年齢的に出征した年代と合わないのに何十年も気づかずに恩給を支払ってきたオーストコリアもアホです。まあ、日本のような戸籍制度があれば、まず起きない事件です。

>日本の住宅が小さいとか、そりゃメリケンの郊外のバカデカ住宅に比べりゃの話で、ヨーロッパ諸国と比べると大して違いはありませんし、家賃の安さを考えれば広いと言うべきです
 そうなんですよね。ヨーロッパに行かれた方の体験談を読んでも、日本に比べて格別、広い、安いってわけではないみたいですね。オーストラリアについても同様で、旅行でみた限りでは、金持ちの住宅はさすがに「おお!」と思いましたけど、一般レベルではひたすら、平べったい平屋がほとんどで、むしろ、設備の充実度などを考えると別に羨むほどでもなかったような。。
 ただ、日本の場合、未だに電柱、電線が街中でむき出しで林立しているのが問題かな?と。美観の面でもそうですが、日本の街が必要以上に狭くしてしまう原因でもあるし、地震などの災害時のことを考えても問題かな、と。

こういうのを見ると日本は都市化に積極的に注力したほうがいいのかと思いますね。おそらく日本ほど都市化した先進国はないのかも知れません。アメリカは田舎ばっかりだし、ヨーロッパだって結構地域間格差があり、それは言語圏の違いや文化的な差異があって、生じている問題だから、簡単には解消できないでしょう。
その意味では日本は方言はあっても同じ言葉で意思疎通が出来る大きな一つの文化圏を形成しているし、その中で移動や居住が出来る都市をいくつも持つことの意義を見出すことができるのかも。
ただ一つの都市に機能を集中しすぎると問題があったときに対応できないから、お互いにバックアップできる体制なり法制なりを考えないといけないんでしょうが、それもこれからの課題として取り組めばいいのかも知れませんね。

To prijonさん
>>日本の住宅が小さいとか、そりゃメリケンの郊外のバカデカ住宅に比べりゃの話で、ヨーロッパ諸国と比べると大して違いはありませんし、家賃の安さを考えれば広いと言うべきです
>
> そうなんですよね。ヨーロッパに行かれた方の体験談を読んでも、日本に比べて格別、広い、安いってわけではないみたいですね。オーストラリアについても同様で、旅行でみた限りでは、金持ちの住宅はさすがに「おお!」と思いましたけど、一般レベルではひたすら、平べったい平屋がほとんどで、むしろ、設備の充実度などを考えると別に羨むほどでもなかったような。。
>
> ただ、日本の場合、未だに電柱、電線が街中でむき出しで林立しているのが問題かな?と。美観の面でもそうですが、日本の街が必要以上に狭くしてしまう原因でもあるし、地震などの災害時のことを考えても問題かな、と。
なんつーか、外国の田舎家と日本の都心のアパートを比較するようなミスリードが、何十年も行われてきたわけです。同じ比べるなら、日本の田舎の農家と比べるべきですね。
あと海外の住宅は、押し並べて建てつけが悪く、あちこち修理しながら済むのがデフォルトですwww

To kentantoさん
>こういうのを見ると日本は都市化に積極的に注力したほうがいいのかと思いますね。おそらく日本ほど都市化した先進国はないのかも知れません。アメリカは田舎ばっかりだし、ヨーロッパだって結構地域間格差があり、それは言語圏の違いや文化的な差異があって、生じている問題だから、簡単には解消できないでしょう。
>
>その意味では日本は方言はあっても同じ言葉で意思疎通が出来る大きな一つの文化圏を形成しているし、その中で移動や居住が出来る都市をいくつも持つことの意義を見出すことができるのかも。
>
>ただ一つの都市に機能を集中しすぎると問題があったときに対応できないから、お互いにバックアップできる体制なり法制なりを考えないといけないんでしょうが、それもこれからの課題として取り組めばいいのかも知れませんね。
>
日本は江戸時代から多くの地域が都市化していたので、その方向性でこれからも進んでいくんでしょう。あとはバランスの問題でしょうか。

お説に納得。
山本七平さんも、大きな家は住みづらい、自分ごときは小さな家がいい、といった感想を述べていました。掃除だって大変です。
日本は可住面積が3~4割程度ですから、過密感は否めない。しかし山と海に恵まれ閉塞感をもたらさない。
日本は合理的で便利です。
西洋人が畳の部屋に住んでみて、畳は一部屋で多様な生活が可能、と感想を述べたことを思い出します。
これからの日本は昔に帰って、世間に人の目が意識されるソフトウェアを再構築してほしい。おせっかいな目にもなるでしょうが。

To 相模さん
>お説に納得。
>山本七平さんも、大きな家は住みづらい、自分ごときは小さな家がいい、といった感想を述べていました。掃除だって大変です。
>
>日本は可住面積が3~4割程度ですから、過密感は否めない。しかし山と海に恵まれ閉塞感をもたらさない。
>
>日本は合理的で便利です。
>西洋人が畳の部屋に住んでみて、畳は一部屋で多様な生活が可能、と感想を述べたことを思い出します。
>
>これからの日本は昔に帰って、世間に人の目が意識されるソフトウェアを再構築してほしい。おせっかいな目にもなるでしょうが。
現代の日本では、行動するときは日本的価値観に基づいて行動し、それを評価する際に何故か欧米の価値観を持ち出すからおかしなことになっているような気がします。欧米の価値観を振りかざすマスゴミや評論家を無視すれば、よいソフトウェアも構築されるように思います。

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR