FC2ブログ

また大前か!

大前氏 年間40万人の移民受け入れねば国力維持困難と指摘

 

「少子高齢化」で国力に深刻な影響を及ぼすことが予想される日本。
国力の衰退を防ぐにはどうすべきか、大前研一氏が提言する。

* * *
少子化による国力の低下に歯止めをかけるには、抜本的な少子化対策が不可欠だ。そのための一つの方法は移民の受け入れである。
今の日本は定年退職する人が毎年80万人いる一方で、新たに労働市場に入ってくる人は同40万人しかいない。
ということは、年間40万人の移民を入れなければ現在のGDPを維持することすら不可能だ。

日本は移民に対する拒否反応が強いが、世界には移民を経済成長の起爆剤に使っている国がたくさんある。

たとえば、オーストラリアは1901年に制定された移民制限法に基づく「白豪主義」(白人最優先主義とそれに伴う非白人への排除政策)により、人口は約1600万人にとどまっていた。しかし1972年に白豪主義を撤廃後、台湾、香港、シンガポール、中国から華僑を中心に約600万人の若い移民が流入して2200万人を突破した。
だから、今のオーストラリア経済は非常に元気で勢いがある

 

移民国家のチャンピオンは、最近まで年間200万人を受け入れてきたアメリカだ。
いまシリコンバレーでインド、ロシア、台湾、イスラエルからやってきた人たちが主力として活躍しているように、創造力や構想力が必要なIT産業やエンターテインメント産業は移民が支えている。それがアメリカの“繁栄の方程式”であり、アメリカの国力は移民が生み出してきたといっても過言ではない。

※週刊ポスト2011年1月28日号

http://www.news-postseven.com/archives/20110117_10338.html
 

 

大前の嘘を信じないでください。
 

まあ、今どき、信じるヤツもいないかもしれないが。

 

>台湾、香港、シンガポール、中国から華僑を中心に 約600万人の若い移民が流入して2200万人を突破した

 

華僑を中心にというのは大ウソです。

 

現在、豪州にはおよそ500万人の移民が暮らしてますが、もっとも多いのはUK出身の約150万人とNZ出身の約50万人です。

次が、中国で約30万人。これを含めてアジア生まれの移民は100万人を超える程度。残りの400万人近くは、欧州・中東・アフリカ・オセアニア出身者。

 

アジア系が多く見えるのは、都市部に集中して住んでいるからってのと、白人は移民かどうか区別が付かない。

あと、2世3世は豪州人ですので移民としてカウントしません。

大前もここでは流入者、つまり1世について語っているので、2世3世は無視していいでしょう。

 

アジア系でも、中国の次に多いのがベトナム、インド、フィリピンです。

別に中国系中心ってわけじゃありません。

 

そもそも、華僑ってのは中国では永住だの市民権だの在留資格に関係なく「中国のために海外で働く中国人」を意味するので、大前は華僑の定義もロクに分ってなさそうです。

 

確かに、オーストラリアは人口を2500万人に増やす政策を行っていますが、「移民を増やす」とは言っていません。

 

出産費用をタダにしたり、育児休暇中の収入保証をしたりあの手この手でがんばってる事は確かです。

 

そして、大前の言うように72年に白豪主義を撤廃して約40年もかけて人口が600万人増えていますが、全部が移民じゃありません。こういうミスリードを平気でやらかすあたり大前もアタマがボケているとしか・・・。

 

因みに、昨年改定された就労ビザ発給の職能リストは、408職種から一気に181職種に削減されていますんで、ちっとも移民受入れ推進なんかしてませんwwww

 

大前くん、飛ばし記事書く前にもうちょっと調べようね。

 

 

で、まあ豪州経済なんだけどね。景気は冷え込みまくってます。

 

なんつーか、実はリーマンショック以来なかなか消費マインドが回復しないのが現実なんですわ。

昨年末から新年にかけて、本来なら書き入れ時なんだけど、売れ行きがサッパリのところへ持ってきて、大洪水だとか、干ばつだとか、まあ夏なのに寒いと遊ぶ気もしないし。んなもんで、経済新聞には景気の悪い記事が多いんだけんど、まあ、鉱物資源だの畜産品だのって海外に輸出するものが多いから持ってるわけで。

 

 

>今のオーストラリア経済は非常に元気で勢いがある

 

こんなの見たことないんだけど、どこのオーストラリアだよ?

 

 

 

AUTHOR: 相模 DATE: 01/18/2011 20:14:13 >大前もアタマがボケているとしか・・・。 この人、マッキンゼーを辞めて評論家になったころから既にピント外れだったと思います。 理工科出身者が経済学を語ると、とかく内容に幅がないのですが、この人も薄く、一部を取り出し全体を語りたがる。 彼を知的増長させたのは日経など、ビジネス書業界ではないかと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

To kentantoさん
>まぁアメリカの金で留学した世代は、日本のことをよく言わないっていう傾向がありますよね。なんでなんかな?
 そういえば、こんな話もありましたね。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/458275/
 アメリカにとっては、例え政治的に反米であっても、頭がアメリカかぶれしている人間が多いのはありがたい、ってことですかね?

To 相模さん
>>大前もアタマがボケているとしか・・・。
>
>この人、マッキンゼーを辞めて評論家になったころから既にピント外れだったと思います。
>理工科出身者が経済学を語ると、とかく内容に幅がないのですが、この人も薄く、一部を取り出し全体を語りたがる。
>
>彼を知的増長させたのは日経など、ビジネス書業界ではないかと思います。
経済系マスゴミにとって、ものすごく都合のいい素材なんでしょうね。

To prijonさん
> どうも、この人は理想郷は海外のどこかにあると信じて疑わないようですね。でも、ロシア、アイスランド、EU、アイルランド・・・、彼に「絶賛された」国々はことごとくコケているような。ある意味、歩く「デスノート」ともいうべき存在かも。
>
> 彼の著作で「誉められた」国々は抗議した方がいいかも?「こっちをみんな~」って。
> でも、あれだけ、ピントはずれなこと言いまくっている「実績」があるのに、集英社、小学館、日経が起用を止めないのはなぜ?
>
> まあ、この人に対しては、もはやツッコむ気力も湧いてきません。
大前も、東原さん並みのデスノートだったとはwww
そういえば、豪州も大洪水とか干ばつとか山火事とか・・洪水がクイーンズランド州からヴィクトリア州に飛び火しました。

To kentantoさん
>まぁアメリカの金で留学した世代は、日本のことをよく言わないっていう傾向がありますよね。なんでなんかな?
>
>やっぱりアメリカが日本を恐れているのかしら?
>日本人は世界的に見て分けわからないからなぁ。
フルブライト留学は、一種の洗脳装置ですね。
最近、日本人の米国への留学生が減ったとか騒いでますが、焦っているのでしょう。

国の有り様など、その時の状況に合わせればよいだけであり、少子高齢化社会なのに高度成長期の社会を当て嵌めようとすれば破綻を来たすのは小学生でも判る話ですww
新規大卒でも70%の就職内定しかないと騒いでいるのに・・・
まずは、金持ちに金を使わせる『景気回復』を演出するのが、喫緊の課題でしょうww

To hanehanさん
>国の有り様など、その時の状況に合わせればよいだけであり、少子高齢化社会なのに高度成長期の社会を当て嵌めようとすれば破綻を来たすのは小学生でも判る話ですww
>新規大卒でも70%の就職内定しかないと騒いでいるのに・・・
>まずは、金持ちに金を使わせる『景気回復』を演出するのが、喫緊の課題でしょうww
実は、豪州でも2056年には人口の4分の1が高齢者になるって言われていますが、こういう話はどうして出ないのかと思います。移民を入れても先進国が行きつく先は同じなんです。
公共事業でも再開してカネを回すことを考えないと、どうにもなりませんね。

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR