FC2ブログ

歴史を語るのに資格が必要なのかよww

先日のエントリで、竹島に関して「日本に対抗できる十分な資料」を米国で発見した鄭秉峻教授を取り上げたが、その資料の有効性はともかく、日本に対抗できる資料を探してこようという姿勢は評価できる。

 

少なくとも、NHK日韓討論で自分の気に入らない意見を述べた男性に対し「歴史を語る資格がない」などと有無を言わさぬ暴言を吐いて、相手を抑え込もうとした崔洋一に比べりゃずっとマトモだ。

 

映画監督かなんか知らんが、いい年した大人が気に入らない意見を言う人間には聞く耳持たない、まるでガキのような精神構造だ。

相手の意見が気に入らないなら、理路整然と証拠を示して間違いを指摘すりゃいいだろう。

なぜ、できないのか。

 

そりゃ、崔自身も自分達の主張が捏造だってことが分り切ってるからだ。

 

国籍すら北朝鮮から韓国にコロコロ変えるようなご都合主義の人間に、それこそ「歴史を語る資格」などあるのか?

 

 

こんな人間のクズに比べれば、竹島を韓国領だと信じ込んで資料を探して必死に正当性を証明しようとするだけ、鄭教授ってのは人間として一応筋が通っている。

 

 

 

崔は、歴史を語る資格を云々しているヒマがあったら、教員の資格のないド素人が教師をやってる朝鮮学校を何とかしろ。

 

 

AUTHOR: tm05311 DATE: 08/15/2010 23:55:26 この番組は、数分見て見るのを止めました。 崔に反論する日本人が気持ちが悪い。仕込みだと思いました。 まあ、この番組を見たらミスリードが分かりますよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

To tm05311さん
>この番組は、数分見て見るのを止めました。
>崔に反論する日本人が気持ちが悪い。仕込みだと思いました。
>まあ、この番組を見たらミスリードが分かりますよ。
わざわざ印象の悪い人を選んで言わせたりしているんでしょうね。
姑息過ぎですが、韓国人の印象もだいぶ悪くなったでしょう。

To 犬さん
>自分達がやられたことは忘れない やった方忘れる…韓国側は併合以前王朝内で権力争いをしその混乱時日本の公使館などを焼き討ちし日本の居留民たちを虐殺してたことは完全にわすれてますね!立派な宣戦布告なんですが…日本は大目に見ました!NHKの番組ではお決まりの韓国側の主張が 毎年再現されてますね!真の反省謝罪が無い 〉どういうことが真の反省謝罪なの?〉無言周りの様子を見る…小さい子まで日本人は悪人と言わせる教育は間違ってる〉呆然と聞き入る…全体的に韓国好きの人の発言の方が韓国側に手厳しかったですね!歴史の解釈は個々人で違う 方向でまとまったようですし教育で善悪を決めつけるのは良くないと日本人たちが言うと韓国側は全員頷いてましたよ!
本国の韓国人と比べても、在日や日本のマスゴミはゴミですわ。

To hanehanさん
>ディベートの1種なんでしょうが、『暴力的口調で遮る』のは上等とは言えませんw
>
>もっとも、中身が空っぽなのに『口先』だけは達者な連中を、かんこくは量産する姿勢にあります。低学年からの教育で、かんこく版ディベートを重視しているようです。
ディベートで鍛えている割には、簡単に論破されてすぐ火病を起こしますし、あまり成果は上がっていないような。

>「歴史を語る資格がない」などと有無を言わさぬ暴言を吐いて、相手を抑え込もうとした崔洋一
この番組見ていませんが、暴言によってでも相手を押さえ込むのが噂に聞く『声倒』or[『声闘』なんですかね。

携帯からだと、コメントに返信出来ないようですね。
その人は、話す度に白目を剥くのです。そんな人を使いますかねぇ。
仙石が例の発言を問われて、恫喝していました。ゲスのやる事は同じですね。

To 相模さん
>>「歴史を語る資格がない」などと有無を言わさぬ暴言を吐いて、相手を抑え込もうとした崔洋一
>
>この番組見ていませんが、暴言によってでも相手を押さえ込むのが噂に聞く『声倒』or[『声闘』なんですかね。
バカ左翼と朝鮮人のディベートです。
負けそうになると火病を起こすという・・・

To tm05311さん
>携帯からだと、コメントに返信出来ないようですね。
>その人は、話す度に白目を剥くのです。そんな人を使いますかねぇ。
>仙石が例の発言を問われて、恫喝していました。ゲスのやる事は同じですね。
理論的思考ができないので理詰めで相手を追い込むことができず、脅す、喚く、怒鳴る、泣く。要するに原始的な頭脳なのですね。

EXTENDED BODY:

EXCERPT:

KEYWORDS:
プロフィール

maaz

Author:maaz
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR